伊勢への道           

        「一生に一度の伊勢参り」といった。江戸中期には年間100万人前後が詣でたという。
         人口を2000万人とすると20人1人(20年に1回)となり、遠地はともかく大抵の人は
        伊勢参りをした計算になる。「おかげ参り」が流行した時は、50日間で362万人もの
        人が詣でたとか(本居宣長・記)    その道を辿り、伊勢界隈を観る。


 伊勢本街道  初瀬街道  参宮街道  諸道
 
 行事  式年遷宮  神宮125社を巡る

 神宮覚書  神宮の施設  祭T
 
 舞楽  参宮常夜燈  御師  祭U

 伊勢の街 伊勢の味 伊勢の土産

 伊勢の寺  番外編

 三重交通神都線   伊勢電鉄

    矢野憲一著「伊勢神宮 知られざる杜のうち」「伊勢神宮の衣食住」を参考にしています。
    神宮に関してはアカデミックな本か写真集が多いが、同著はその中間を埋める好書で実務者が書いただけに分りやすい