初瀬街道

      本街道に比べると距離は長いがなだらかで歩きやすい。近鉄大阪線沿いで
      車窓から眺めているので
親しみと安心感がある。

       

    慈恩寺 1
    
追分。手前が伊勢街道。中央左が右の道標「左 よしのかうや道 右 ○○奈らみち」と刻む。 

       




    慈恩寺 2
    落着いた街並みが続く。近鉄・大和朝倉駅近く。

   

    慈恩寺 3
    道の両脇に常夜燈がある。左手の燈は「太神宮」と刻む。

       

    脇本
    庚申塚と地蔵堂。                        白山神社。白山比命と菅原道真を祀る。

   

    出雲
    天神七代と地神五代を祀る十二柱神社と常夜燈。「太神宮」天保2年(1831年)と刻む。

   

    長谷寺 1
    
参道に入って行きます。           よもぎ餅(150円)と山菜饅頭・おこわ饅頭(各180円)

   

    長谷寺 2
    伊勢辻の道標「右 いせみち  左 ならおおさか 右くわん音道」  参道・最終角にある「天神道」標。
    
     

    長谷寺 3
    
真言宗豊山派総本山で西国三十三所第八番札所。「花の御寺」として知られ人気が高い。。
    ぼたん祭は始まっていましたが花は殆んど咲いていません。しだれ桜や緑色の桜等見所いっぱい。

     

    長谷寺 4
    興喜天満神社前の道標。           長谷山口坐神社。長谷山の鎮護の神で延喜式に記載。

   

    与喜浦の街並。                桜井浄水場内にある石標。  桜の下の地蔵さま。


       

    戸隠の街並。                          「右 いせ道」文化4年(1807年)の建立。

       

    角柄の地蔵さま。                        「お滝みち」

      

    榛原 1
    側面に「右 いせ道」と刻む。   

       

    榛原 2
    「札の辻」近くの見事な松の家。               本居宣長も泊まった「あぶらや」

      

    榛原 3
    「札の辻」の道標。本街道と初瀬街道の追分。  背後の洋館も趣きがある。
    「左 あをこえみち 右いせ本かい道」文政11年(1828年)建立。

       

    榛原 4
    融通念仏宗・宗祐寺。聖徳太子の開基と伝わる。    風情のある街並が続く。

       

    榛原 5
    奥田家。時々内部公開がある様です。           神武天皇、縁の椋下神社。延喜式記載。

   

    榛原 6
    街道は右に折れる。中央の道標「左 は山 右いせ道」          左手に地蔵さまと常夜燈。

   

    長峰
    杉の大木の下に     天満神社。天満、春日、羽槌の三社を祀る。  「山のべ赤人墳これ与八丁北」   
    ひっそりと建つ「観音道是より二丁」

       

    山辺
    葛神社。天照大神を祀る。                   峠の地蔵堂。


    

    元三            室生 1
    正定寺への道標。    近鉄「室生口大野」駅近く「室生山道」道標(大正4年4月建立)からスタート。

     
 
    
    駅に下りホーム下のガードを潜るとすぐ上り坂。峠近くから見た近鉄線と町。
 
       

    室生 2                                
    峠近くのお地蔵さん。                    常夜燈。南天の下の石鉢は旅人が利用した?

       

                                    この辺りで何箇所か街道筋に面した庭を見かけました。
                                      
       

    西沢医院。休日で休診。                   長命寺。この辺りが峠だったらしいが
                                      参急(現近鉄)と国道の開通で様子が一変。

       

    三本松 1
    日露戦勝記念に建てたらしい。

  

    鹿高 1
    智護神社。                  鹿高神社参道。      町並み。この先、南側の丈六ルートを歩く。

       
  
   鹿高の供養碑      水神碑 慶応3年建立    勝運生地蔵        丈六橋袂の道標(明和6年)

       

    丈六の町並み                        八幡社の常夜燈

       

    名張 1
    愛宕神社と常夜燈(文化2年建立)             新町の町並み。町に入ると道が屈折する。

       
  
   名張 2
   本町にある木屋正酒造。                   旅館「喜多藤」覗くと映画のシーンを見る様な光景が。
 
  

   名張 3
   一の鳥居と一本松.。            道標(文政10年建立)   松崎町の町並み。森本造酢店辺り。
                            本来は50m位西に位置した。

       

    名張 4
    名張藤堂家太鼓門。                     名張藤堂家邸。中奥部分が現存、一般公開中。

       

    名張 5
    
公民館に併設された愛宕神社・秋葉神社。        蔵がある旧家。

       

    名張 
    鍛冶屋さんのようです。                    近鉄伊賀線跡。中央建物が八丁駅跡。
                                        

       

    蔵持 1
    両宮八幡社。普請されています。             ここで北ルート(上方)と南ルート(右手)に別れる。

       

    蔵持 N1 これより北ルート
    圃場整理により面影は失われる。              春日神社に地蔵、庚申塔等が寄せられている。

       

    蔵持 N2
    町田橋袂に湯舟谷開路碑、二月堂御供田         街並み。左手は酒蔵のようでした。 
    記念碑、旧町田橋欄干が集められている。         ここを抜けると桔梗が丘開発で失われる。

       

    西原 1
    ここで街道が現れます。左に安永2年            道路沿の庭。ここが東限か?                   
    (1773年)建立の供養塔と延命地蔵。

       

    西原 2                           
    外観からはあまり手が加えられていない          延命地蔵。台座中央に「右 いせ道」
    様にも見えます。                        「左 うゑ乃道」と刻まれている。

       

    西原 3
    街並み。                              公民館敷地内の愛宕神社。

       

    新田 1
    美波田神社の常夜燈。嘉永元年(1848年)の       蔵がある旧家。
    建立。

       

    新田 2
    洋品店?営業中です。                     真性寺。
    この辺りは馬塚古墳を始め「美旗古墳群」があるが、先を急ぎ訪れず。

   

    新田 3
    茅葺の家がある。その前の木立の中に纏ってある。             「左 いせ道」と刻まれている。

        

    新田 4
    愛宕神社。                            地蔵尊。 

    

    新田 5 
    慶応2年(1866年)建立の常夜燈。       桜が咲くと良い。       天保3年(1832年)建立。 
    水路堤の上に建つ。街道は右手から手前に折れる。             「左 いせ道」と 刻まれている。
    江戸時代初期、津・藤堂藩はこの地に水路を開き開墾したが苦難の連続だった。
    又、村内に街道北ルートを通し発展に努めた。

       

    上庄田 1
    下る。                               首の無い地蔵尊。

       

    上庄田 2
    天保3年(1832年)建立の常夜燈。「太神宮」と刻まれている。道が細くなる。
    

       

    上庄田 3
    近鉄伊賀線跡を潜ると民有地に入り            近鉄伊賀線跡。この辺りから伊賀神戸までは
    その先はゴルフ場で道は失われる。            農道に転用され線路跡はよく判る。

       

    羽根 1
    左の丘(ゴルフ場)から街道が現れる            電柱下の石碑辺りが北南ルートの
    筈だが圃場整理により判らない。               合流点か?

       

    蔵持 S1 これより南ルート
    明治8年(1876年)建立の常夜燈。「太神宮」と刻まれている。

        

    蔵持 S2
    この前にも茅葺屋根改造の家が残る。          明治29年(1897年)建立の自然石の常夜燈。

    

    桔梗が丘 1
    この周りは新道が出来、ロードサイド店が並ぶ。  中央木立の中にある延命地蔵と山の神。
    映画のセットの様に切り取られ残るが、この先は開発で道は無くなる。

   

    桔梗が丘 2
    突然現れる。後方はホテル。         道標。               坂を下る。 

             

    桔梗が丘 3
    この辺り5〜600m位、忘れられた様に残る。       「岩ごさん」がある辺り。

   

    羽根 2  南北ルート合流後
    自然石の常夜燈が並ぶ。             水神と共に。
   

    羽根 3
    自然石の常夜燈。        地蔵尊が寄せられている。

       

    羽根 4
    自然石の常夜燈が続く。                    庚申塚。他も寄せられている。

     

    阿保宿 1
   
この宿は古代より交通の要衝として栄えた。                            
   安政7年(1860年)建立の常夜燈、右に延命地蔵。   安養寺。
     
       

    阿保宿 2   
    参宮講の看板で有名な旅館「たわらや」は解体されて有りませんでした(涙) 再訪問時には
    跡地に初瀬街道交流の館「たわらや」が建てられ参宮講看板が多数展示されていました。
    色々なデザインで見ていて楽しい。
 
   

   阿保宿 3
   旅籠時代の看板。     この「講」が大規模だったとか。   当時の屏風。    (いずれもUP許諾済)

    

     阿保宿 4
    室町時代のお地蔵さん。  電話局の駐在所があった!    街並み。

   

    阿保宿 5
   大村神社。延喜式に出ている由緒ある神社。   地震のお守りのなまず。   虫食い鐘。
   良い雰囲気!                      後ろは宝殿。(重文)     脇に伊勢神宮遥拝所あり。
   
       

    阿保宿 6
    町並み。                            左写真の中央の家。旅館風。

   

    阿保宿 7 
    本居宣長 菅笠日記の    「太神宮」と刻まれた常夜燈と水神さん。      「右いせ道」「左うゑの」
    記念碑。1956(昭和31年)建立。     川沿いに。                   駅近く。
                            
    いつも電車で通過しているばかり。駅近くに昔の面影が点在。

   

    伊勢地 1
    「宮川迄十四里     善福寺近くの常夜燈。      庚申塔。青山川近く。
    右いせ道」        明治28年建立。

        

    伊勢地 2
    旧「角屋」の隣に堂々たる家が。              「大和屋」の隣にある倉。旧「酒武」?

       

    伊勢地 3
    「大和屋」向への「角屋」解体直後で整地中(涙)    常夜燈。文政11年(1828)建立。
    ここで右に。

       

    伊勢地 4
    街並み。阿保越えを控えよく賑わったとか。今も立派な家が続く。
    大和屋近く。                         中頃辺り。

      

    伊勢地 5
    「徳田屋」                            看板。 

       

    垣内 1
    かっての賑わいは想像出来ない。             乗渓寺。

       

    垣内 2
    寺の参道角に建つ。木製ペンキ書き。大正3年。    静かな街並み。往時の面影は無い。
  
   

    垣内 2
    渓流に沿って宿が。中央の木の下に「山の神」  宿外れの常夜燈。     「虫歯地蔵さん」と地元で言う。

      

   中ノ村 1            中ノ村 2
   国道に面して建つ。       旧役場を街道が囲む様に行く。模型で作りたくなる光景。
   慶応4年建立。          書類の倉庫として使用されている。

       

    中ノ村 3
    白山町郷土資料館。                      館内に展示してある講札(白山町教育委員会許諾済)

        

    中ノ村 4                           中ノ村 5           
    資料館近く。右が街道。稜線に沿って。          常夜燈。慶応3年建立。   

       

    二本木 1 
    
山の神。                            「太一」が小さく刻まれている。天保4年建立。

       

    二本木 2             
 
   「丁子屋」。今は醸造業を営む。              向へは「角屋」右の別棟に住んで 
                                      みえるようです。本棟は使用されていないので
                                      内部は往時そのままか?

    

    二本木 4
    ここから先、鉄道建設で失われ、ここで戻る。    亀ヶ広の古桜並木。旅人を楽しませ日差しから守った。

            

    大仰 1
    笠着地蔵。道中の安全を   その前に「さかさ地蔵」      その岩に後から刻まれた地蔵。
    守る地蔵。            大地震で巨岩が転げ落ち
                      刻まれていた地蔵が逆さになったとか。

       

    大仰 2
    大仰橋袂の常夜燈。         橋が有った辺り。                   
    天保3年の建立。中央に「太一」と刻まれている。                 
 
      

    大仰 3 
    常夜燈前の成福寺境内にある              谷戸坂の薬師地蔵。
    「真盛上人慈父母菩提所」

   

   井関 1
   谷戸坂。明治の頃まで    常夜燈。明治32年建立。           国道沿い(新街道)に建つ
   沢蟹焼きの露店が並んでいたとか。                      常夜燈。明治中期以降の建立。

       

    井関 2                           
    久居との別れ道辺り。中央が伊勢へ。          道標。「左津久居みち」と刻まれている。近くの 
                                      一志町農村環境改善センターにて保管中。

     

    井関 3  
    上の道標は2010年に元の位置付近に戻された。

        
 
    井関 4
    八太橋。菅笠日記に出てくる橋。              道標と斑光寺跡石柱。   

      

    井関 5
    八太の七曲がり。

                                   
    宮古 1        宮古 2
    道標。          この辺りに小川橋があった。              常夜燈。昭和7年の建立。

   

    小川 1
    常念寺。                        小川神社。         境内にある常夜燈。古いらしい。
 
       

   六軒付近 1                       六軒 1 
   
近鉄・伊勢中原西方    北ルートにある。      参宮街道との合流点。「いがごえ追分」と刻まれている。
   中原神社近く。ここで   明治28年8月建立。    河川改修もあって位置が多少ずれているらしい。
   六軒まで南北2ルートに                  道を隔てて常夜灯。
   別れる。この常夜燈は
   埋められていたのを掘り起こし再建。
   平成5年と刻まれている。