伊勢の街

     

    おはらい町のファミマ。いつの間にか無くなった。           神都電車を模したバスが登場!乗車には
                                            特別料金が必要だったが今は普通に乗れる。
                                            右後方が「猿田彦神社前」電停跡。 ’13.07

 
 河崎 1

 「伊勢の台所」といわれ、勢田川に
 沿った問屋と市場の街。
 参宮者は、一生に一度の旅行
 (ハレの日)だけに食事は普段と違い
 大変豪華だったようだ。鯛・鮑・海老に
 灘の生一本、二の膳三の膳とか
 1日4食、食べたり・・・・
 お蔭で大いに栄えた。やがて鉄道の
 開通がこの街にも影響してきました。
  










      

    河崎 2                            
    蔵の通り。裏手が勢田川。                 勢田川を前にして。

       

    河崎 3                            
   伊勢河崎商人館前の蔵。ショップがは入って       勢田川から見る。河川改修で風景が変わりましたが
   います。                             堤防と蔵の間が空けてあります。

      

    河崎 4
   
 伊勢河崎商人館。前景と敷地内の蔵(展示館)

     

    河崎 5
    昭和元年創業「旅館 星出館」レトロをウリに盛業中。      創業明治38年「若松屋」詳しくはこちら

       

    第15回河崎商人市 沢山の店が出ました。          演芸場。地元のプロの演歌。

       

    地元の名産も販売。                        糀屋さん

 

   伊勢河崎商人館でスタンプラリーの景品交換。

 



       

    山田奉行所跡 1
    徳川幕府は遠国奉行として長崎、佐渡に続き山田奉行所を渡会郡有滝村開設。
    寛永年間にこの地に移転し、明治になるまで続く。その後、全施設取り壊され遺構はないらしい。
    奉行所の総面積は約14,000坪で石碑辺りが       復元された記念館。
    入口だったとか。

       

    山田奉行所跡 
    海上の取締まり、鳥羽港の監視も行っていた。     書院。
    将軍家光の御座船虎丸の模型。船蔵は離ていた。

       

    山田奉行所跡 
    お白州。江戸南町奉行大岡越前守もそれ以前      お白州の障子を開けると、見事な襖が。
    ここに勤めた。                          ここで奉行が吟味します。
    伊勢市街から離れていてアクセスも悪く、訪れる人は少ないらしい。
    一見の価値有り!是非訪問して下さい。当面入場料無料で駐車場もあります。   UP許諾済。    

       

    山田奉行所跡                       渡会府庁跡 
    奉行所が町から離れているため「出張所」があった。  明治になり山田奉行所と山田三方会合に代わり
    伊勢市駅近くのスーパー敷地内に石碑があります。  渡会府庁が現・近鉄宇治山田駅の地に置かれた。 
   
       

    皇學館大学記念館(旧本館)で大正8年(1919年)建設。同大学は明治15設置、昭和15年国立大学と
    なったが、戦後GHQの指示で廃学となった数少ない大学。昭和37年私立大学として再興。   
    昭和47年移築(2006年撮影)                2007年再度移築、復元された(現況) 





 山田 1

 内宮界隈の賑わいに比べ
 外宮界隈はひっそりしている。
 山田館前の道も外宮は向かう
 メインロードなのに人は疎ら。
 でも、この界隈は見所は多い!












       .

    山田 2  小西萬金丹
    延宝4年(1676年)の創業で「伊勢の霊薬」として参宮客が持ち帰り全国に広まる。
    胃腸薬として用いられる。「まちかど博物館」として創業時からの製薬道具等が展示されている。
    古市への道沿いにあった「野間萬金丹」は廃業され建物も民家に建替えられました。

       

    山田 3   岡安歯科                    糀屋 
    小西萬金丹の隣の歯医者さん。開いている       文化13年(1816年)創業で醤油・味噌を製造。
    戸は自宅用で患者さんは左の戸から。          併せて問屋、小売業も行っているようです。

       

    山田 4  大豊和工業 
    神宮や全国の神社のお札や暦用紙に用いる和紙を製造する会社。広い敷地は御師・龍太夫邸跡。
    「まちかど博物館」として手漉きの体験も出来ます。   土・日・祭日は休みですので要注意です。

       

    山田 5  大豊和工業 
    御神札用紙の展示があります。               敷地内にある「明治天皇御在所遣趾」

       

    山田 6  大豊和工業 
    ギャラリーとして公開されています。訪問当日は森 武史氏「熊野修験」を展示中で、私が歩いた
    熊野古道伊勢路とは全く異なる風景が展開します。同氏から貴重な体験談を伺いました

       

    山田 7  丸岡太夫邸跡                   橋六かまぼこ店
    明治4年の時点で御師は山田で600軒余          伊勢もかまぼこ造りが盛んな所です。
    あったという。現地に残った遺構は少ない。
                                          
        

    山田 8  東邸                                     マルヒ急便。  
    外宮と月夜見宮とを結ぶ「神路通」に     「神路通」への道標。       飛脚さんとも言います。
    面しています。月夜見宮の神様が      外宮に面して建つ。        この店は名古屋伊勢間
    外宮に通われる路と伝わる。                             専門のようです。

       

    山田 9   旧山田郵便局電話分室           
    建物とパティオが残る。今はレストランになっている。郵便局は明治村へ。                

       

    山田三方会合所跡辺り
    山田は幕府直轄地で山田奉行所下、自治行政が行われた役所。
    正面が幼稚園、左は伊勢・戸田家。          記念碑。

       

    山田 10  銭湯 「勇湯」                   元ミシン工場?
    店主・荒木さんの健康上の理由で2年程前から      車寄せもある。NFC・伊勢探訪記参考。
    休止中です。昭和8年に建てられました。          最近(2010年)解体された様です
    2階部分は入浴客の休憩所ではなく店主の住宅。

       

    萩湯                               伊勢湯
   
 休業中。                               ありそうな屋号。営業時間前で
                                         暖簾が掛かっていません。

       

    旭湯
    伊勢は銭湯発祥の地だそうです。海水湯、蒸し風呂(初期の銭湯はこれ)が加わる。