伊勢本街道

          「一生に一度の伊勢参り」その道を辿る。榛原から筋違橋まで。

        

  榛原 1                  榛原 2
  
萩原の辻。                本居宣長も泊まったという「あぶらや」左の道標の前に。 
  初瀬街道との分岐点。。        今も住んでみえて、年に1.2回内部公開されるらしい。
  今回はここからスタート。        大宇陀はこちらに移動しました。

      

    榛原 3                            榛原 4
    「あぶらや」の隣に立派なお屋敷。             宗祐寺。旧家が点在。解体され駐車場に
    松の仕立てがすごい!                    なった所も。

        

  榛原 5                   榛原 6 
  常夜灯。当日はイベント中でした。   墨坂神社。「日本書記」にも出てくる、由緒ある神社。
 
    

  船尾 1          船尾 2              檜牧 1
  弘法大師の岩清水の    舟尾垣内道標?        御井神社。墨坂神社とは好対照。
  自販機。1回100円。     寛文四年(1664年)建立。
  高野聖の活躍跡か。

      

   自明 
   不動堂近く。国道脇に旧道の面影が?            酒・煙草・米を販売。

       

   高井 1
   高井の集落。右手200m位の所にバイパスが      高井の集落。祭りの準備が始まっていました。
   有り、おかげで静かで良い雰囲気。            後ろのガードレールがバイパス。

   

  高井 2                        
  高井の集落中ほどで左に折れます。        頭矢橋のたもとに常夜灯。 宮田家と松本家間にある道標。 
  この道標も位置が変わっている。
      

   高井 3   
   宮田家。                           街道(伊勢側)から見た旅籠・大和家(松本家)

       

   赤埴 1
   千本杉。               津越家。代々山林業を営んでいて、建物は昭和41年に
                       改築され、今風の落ち着いた雰囲気。
                       旅籠・大津屋とも言われますが、旅籠は営んでいないとか
                       本陣だったとかいわれよく判らないらしい。 

       

    赤埴 2
                                   「右 いせみち」と刻む。

       

    諸木野 1
    庚申塚。                             

   

    諸木野 2
    諸木野関所跡。

    

     諸木野 3
                   桜で有名な仏隆寺と伊勢街道の道標。新しそう。
 


  諸木野 4
  石割峠を控え賑わったという
  この宿場町も明治と大正時代の
  大火でその風景は失われた。

  棚田の田植えも済んで
  典型的な日本の山村風景。
  町に住んでいると「ほっと」する 
  光景です。 

  鉄道が初瀬街道沿いルートを
  取った時に杉等の植林に
  取組み、今は林業が盛んとか。







         

    石割峠 1
    「右 はせみち 左うだみち」          植林された杉の林を抜ける。

       

     石割峠 2
     峠は切通しで狭く、この小さな「立札」無いと気がつかない。
 
    

    石割峠 3
    街道は宝暦5年(1755年)建立の道標の先で右に折れる。          ここで車道と合流する。
    「右 いせ 左原山」

      

    上田口 1
    山間の風景。                      旧家の庭に大きな松。

       

    上田口 2                         黒岩
    浄土真宗・専明寺。ここは室生寺への追分        この界隈は旧家が多く残る。
    でもあり、この界隈に旅籠・茶屋があったという。

   

    山粕峠 1
    峠は広く茶屋があったという。沢伝いに道がある。      

   

    山粕峠 1
    沢を渡ると「祠」があり国道と合流。

       

    山粕 
    集落。かっては人馬で大いに賑わい            専光寺。
    浄瑠璃も盛んだったとか。 

       

    山粕 
    春日神社。                            鞍取峠の入口。

   

    鞍取峠 1
    入口の道標。この峠は距離は短いが坂は急で越えるのに30分弱掛かる。ここにも茶屋があったかも。

       

    鞍取峠 2
    坂が緩やかになると林道と合流する。           「浄空欣了法師塔」宝永8年(1711年)建立。 

       

    桃俣 1
    白鬚稲荷。ここから町家下の集落が始まる。       街道は左手よりカーブする。手前は吉野道。   
                                       ここの旅籠街も昭和の大火で失われた。
          
     

    土屋原 1
    杉の大木に囲まれた春日神社。         境内の「ラッパ銀杏」      白藤稲荷。

      

    土屋原 2
    川俣辻の道標「左いせ 右はせ」   中央の道路標識の下に道標が建つ。        

         

    土屋原 3
    国道から離れ桜峠に向かう。                 峠と言うより「丘」越え。

       

    菅野 1
    杉木立を抜けると突然、ドーム型の             
    小学校が出現!

       

    菅野 2
    橋の袂の常夜燈と道標。                   「太神宮」と刻まれた天保3年(1833年)の常夜燈。
    「右 はせみち 左いせみち」

       

    菅野 3
    曹洞宗安能寺。室生寺が開かれるまでは         街並み。
    女人高野と言われたとか。山門左の桜でも知られる。                         

       

    菅野 4
    道標「右いせ 左はせ」                     街道は右へ。

       

    菅野 5
    杉木立の中の四社神社。天照大神を始め         氏子さんの玄関の木槌。「四社神社 上棟祭」と
    四社を祀る古社。秋祭の獅子舞で知られる。       書かれている

       

    菅野 6
    「伊勢本街道 右旧ちか道 左新(道)」と刻む。           

       

    神末 1
    延喜式・御杖神社。本殿に久那斗神と2神を祀り、境内に神末地区の神社を合祀。

       

    神末 2
    西町の文政9年(1826年)建立の常夜燈と道標「右 いせみち」

       

    神末 3
    橋の袂の旧家。街道は左へ。                東禅寺。 

       

    神末 4
    神末地区の東町から西町・牛峠を望む。         元旅籠らしい家の玄関。伊勢風注連縄の西限?

       

    神末 5
    佐田峠の首切地蔵と自然石の道標。            敷津の道標「伊勢本街道 右旧ちか道 左新(道)」
    「是与 宮川へ十二里廿一丁」

     

    神末 6
    敷津の「太神宮」常夜燈。明治33年建立で新しい。

       

    神末 7
    岩坂峠の姫石明神。縁談や婦人病に            一気に下る。
    霊験あらたかとか。

       

    神末 8
    剥き出しの岩石から「岩坂峠」の名が付いたとか。沢と道の区別が無く沢蟹が一杯いる。

       

    神末 9
    大日如来供養碑。                        六部経塚。

       

    石名原 1
    県境を越え国道に合流。                    すぐ国道と分かれる。

     

    石名原 2
    「太一」の常夜燈。天保15年(1844年)建立。                 自然石の道標「いせみち」と刻む。

    

    石名原 3
    三角柱の道標「すぐいせみち」    「右 なばり 左 はせ」と刻む。


       

    石名原 4
    払戸の常夜燈「太一常夜燈」と刻む。文政2年(1819年)建立。梅雨に紫陽花が咲いて。

     

    石名原 5
    中垣内常夜燈「太一」と刻む。文化11年(1814年)建立。          自然石の道標「いせみち」と刻む。  

       

    石名原 6
    自然石の道標がある辺り。                  右下に庚申塚。

      

    奥津 1
    瀬之原の常夜燈。「火袋」が金属に交換してある。

       

    奥津 2
    久しぶりに営業中の店を見ました。             趣のある家々が続く。

     

    奥津 1
    各家に屋号入り暖簾が掛かっています。    JR駅前の道標。新しい。    街並み。
                                 「左 はせ新街道」と刻む。

       

    奥津 2
    超ローカル線名松線奥津駅、以前の風景。        以前の警察署。平屋の標準形駐在所に
    構内と駅舎は新しくなりました。               建替えられました。 いずれも1996.2撮影

            

    奥津 3
    旧旅籠。こちらは変わらない。            谷口の常夜燈。曲がり角に建つ。    

       

    飼坂峠 1
    首切地蔵。       渓流の沿って急坂を上る。 腰切地蔵。         沢と道の区別が無くなる。
    この峠越えは思ったよりハードです。昔、山賊や追剥が出たという。
        
       
 
    飼坂峠 2
    峠。休憩所辺りに茶屋があったとか。           東方(伊勢湾側)を見る。

     

    飼坂峠 3                          多気 1 
    石段が残る。伊勢湾側は歩き易い。           宿場入口。

       

    多気 2
    洗い場。                             旧旅籠?壁が杉皮で仕立ててあります。

     

    多気 3
    常夜燈。元治2年建立。 道標。嘉永6年建立。    大橋の旧欄干。今は木造。

       

    多気 4
    北畠神社。北畠親房、顕家、顕能らを祀る。       北畠屋敷跡庭園。12代将軍足利義晴を
    左後方から霧山城跡に登れる。               迎えるにあたって作庭された。
    但し「くま注意」の立て札がある。ここは三重県県庁所在地・津市内(笑)

        

    多気 5                        
    
営業中の旅館「結城屋」              峠の麓の馬頭観音。     道標。「右 いせ道」

     

    櫃坂峠 1
                  右に役行者。明和5年の建立。  多気不動尊。 

       

    櫃坂峠 2
    峠の旧茶屋?朽ち果てた。                 東方(伊勢湾側)を見る。集落(中央)は遥か下。

     

    櫃坂峠 3
    長い急坂が始まる。  道が無くなったかと思った。脇を猪が駆け抜けた。    勢至観音と井戸(下)
                   ここは松阪市内。
 
     

    櫃坂峠 4
    道標。「左 若宮八幡宮道」  山の神。ここまで来ると道はなだらか。     道標。「右 いせ 
    本来の位置と異なる?                                  宮川へ九り」 

     

    長瀬 
    道標「すぐいせ道」    長瀬不動と弘法大師、燈籠と常夜燈。          両泉寺前に建つ庚申塚。
 
     

    横野 1
    常夜燈「両宮兼燈」と刻む。 庚申祠と常夜燈。     街並み。中央が右の庚申祠。

   
  
    横野 2
    
道標地蔵。        柿野神社。                        境内にある常夜燈。和歌山 
                                                   街道との追分から移設。
 

    柿野 1
    和歌山街道との追分。本街道は右へ。
    猪が出れば「いのしし鍋」屋も出来る。











       

    大石 1
    「大石宿 これより宮川・・・」と刻まれている。       大石の街並み。山手に新道が出来残る。
    後方が庚申堂。
     

    大石 2
   
不動院脇に移設された  不動滝。夫婦滝とも。    大石不動院本堂。毎年9月1日に風水害の除災
   常夜燈。                            五穀豊穣を願い「八朔まつり」が行われ賑わう。

          

    大石 3
    天然記念物「ムカデラン」群落。  不動院の前の櫛田川。

       

    小片野 1
    街道に面して旧三重交通松阪線終点大石駅が     和歌山街道(左)と本街道(生垣に沿う)との追分。
    有りました。今はバス停とバス駐車場になって      カーブミラー辺りに道標が有ったらしいが
    います。大石の町からはかなり下流にあります。     発見出来なかった。

       

    小片野 2       上茅野 1                        下茅野 1  
    地蔵尊。         道標。           神社前に移設された     公民館に移設された道標。
                                 文政13年建立の常夜燈。  「右 さんくう 左まつさか道」
                            下茅野に常夜燈が2基あったらしいが、移設されたか現地には無い。  

  

    津留の渡し
    船着き場前の    川の中央で底石が直線で無い辺りが    上流に昭和4年、鉄橋が架かりました。
    石碑。         「渡し」のルートか。はかり岩はどれ?   「昭和3年 名古屋港 築地鐡工所」製

     

    津留                              上牧
    道標「左 いせ」 その前に「右 大師道」の道標。  左から「道別れ地蔵」「行き倒れ地蔵」「廻国供養碑」         

     

    中牧                                            鍬形 1
    右手に新道が出来、街道はそのまま残る。     道別れ地蔵         不動院入口の仏足石。

     

    鍬形 2
    不動院と不動滝。                                     道標「左 丹生大師道」

       

    井内林
   
 街道は新道と別れ稜線に沿って進む。           この辺りは、ほ場整理が行われたようで、
                                       左から「廻国供養碑」「いぼ地蔵」
                                       「5代目伊勢三郎物見の松」が纏められている。 

     

    三疋田          相可 1
    歯痛地蔵。        弘化2年建立の常夜燈。   千鳥ヶ瀬。右から「塞の神」(境の神)
                   本街道では最大級とか。   灯篭(寛政四年)西行法師の記念碑。 

      

    相可 2 
    熊野街道との追分。          道標の前にある「まつさか餅」長新。
    左の道標は「伊勢本街道」と        伊勢番外編・伊勢の餅で紹介。
    刻まれている。文久三年の建立。

     

   相可 3
   「鹿水亭」今も料理旅館として営業中。         「おんばさん」と呼ばれる母乳神。 
   正面は改装されている。
   この背後は櫛田川で対岸は射和の町。江戸時代は水銀製品と松阪木綿で大いに栄える。

                                 
         

   相可 4                           多気 1
   町並み。                            小さな水分社。湧き出る清水が旅人の喉を潤した。
   
         

   西池上 1
   金粒丸の看板。西村家にある。  村林家と街道。明治の終わり頃まではこの家が
   立派なものでこれ以上風雨    金粒丸を販売していた。江戸に店を出し、米・酒・紙を
   晒すのは惜しい。          扱い大繁盛だったとか。
   
    

    西池上 2
    ここで左の道へ。道標が無いと間違える。

     

   朝久田 1
   伊勢側から見た「伏し拝み坂」と遥拝碑。         内宮摂社・棒原神社。この森の北を通る。        
   中央・切通し上に碑が立っている。

      

    田丸 1                          田丸城 1
    
田丸神社と常夜燈。城下に入りここから         富士見門(長屋門)他に建築物は無い。
    道が屈折する。                        

      

    田丸城 2
    南朝・北畠氏ゆかりの城。                 天主跡。石組みは打ち込みはぎ?
    この石垣は信長の二男・信雄が築いたもの。後に和歌山藩の領地になり家老久野氏が最後まで
    城主を務める。

      

   田丸 2
   熊野街道との交差点から熊野方を見る。     今の道標。           旧道標。田丸城内にある
   御師の過剰接待、古市の夜も良き思い出。                     玉城中学校内に移転保存。   
   この角を廻れば精進の道が始まる。                         「紀州街道」と刻まれています。 
                                                  紀州藩主の参勤交代の道でも
                                                  ありました。

       

    玉城 
    狭田国生神社付近。                      「オブラート」を発明した小林政太郎の生家。
                                       子供の頃、これで粉薬を包み飲みました(笑)

       

    玉城 
    常夜燈。明治51年6月の建立と刻まれて          宮川 1
    いますが、台座はそれ以前の建立と思う。         渡し近く。

    

    宮川 2 
    「いせ両宮一里鐙」文政13年建立。            案内板の後にある尾崎咢堂(行雄)記念館。
    川端神社境内に建つ。                   12月なのに桜が咲いていた。 

       

    宮川 3
    柳の渡しの案内板と柳の渡しがあった辺り。渡れば外宮の森が見え、参宮街道と合流する筋違橋はすぐ。