大宇陀

 宇太水分神社。後ろは緑に包まれた山。
 境内はケヤキの大木。良い雰囲気。
 社殿は同じ水分社でも、吉野とは趣きが
 異なります。

 本殿三棟(国宝)
    


 今回は「道の駅」でレンタサイクルを借り
 周辺を主に回りました。








    

    右側 春日神社本殿、宗像神社本殿(重文)

      

   大蔵寺 本堂(重文)                         大蔵寺 弁事堂  岡倉天心が寄進。
   伝・聖徳太子の開基、弘法大師が再興。人家の少ない道から、急坂を分け入ります。こんな所に
   由緒あるお寺が!と驚きました。白洲正子さんの「かくれ里」で知られる。現在は入山が難しい様です。

    

    大蔵寺 御影堂(重文)                      松室坊跡

     
                                    
   

    迎え地蔵                          大蔵寺 石造十三重層塔。     波切不動明王。
                                    鎌倉時代に建てられた。

    

    片岡家住宅(重文)寛文10年(1670年)の建築。客室部は天明2年(1782年)の改築。

    

    森野吉野葛店の工場内を通って薬草園に向かいます。葛は極寒期に造られるのでこの時期は休み。

      

    森野旧薬草園内 桃岳庵 研究所?江戸期の建物。     知止荘。作業所。
      
        

    旧薬園。前回訪れた時、地元古老から             森野旧薬園から見た大宇陀の街。
    「2.3年前に手入れしていた老女亡くなり
    荒れてしまった」と聞いた。

    

    徳源寺。松山藩織田氏の菩提寺。               初代から4代までの各五輪塔。
    京都北野・徳源院の寝殿を移築。

    

    天益寺。探し当てるのに苦労する。               松源院。江戸末期の庄屋の建物。
    民家に近い。                             天益寺近く。非公開。

    

    大願寺。聖徳太子が蘇我馬子に命じて建立した        宇陀恵比須神社。「初えびす」には福娘さんの
    と伝わる。織田家の祈願所。                   お練りがあるそうです。

    

    松山西口関門。                          道標。「左 はせ はい原 京 大坂」
    前後の道が鍵の手になっています。               「右 大峯山上 すぐ い勢道」

    

    「千代の松」芳村酒造                       「初かすみ」久保本家酒造 

    

    「長井百貨店」                            街道筋には立派な家、懐かしい家が続きます。

        

    旧町役場(現・福祉会館)明治36年の建築。          「森岡医院」                 

    

    吉野葛 宮内庁御用達・黒川本家

    

    「きみごろも」松月堂。一見、厚揚げ。甘い!          山辺邸
 
    

    薬の館

    

                                        上中簡易郵便局


                                
                                          街歩き