伊勢電鉄

        やがて鉄道の時代を向かえ、参宮鉄道が1893年(明治25年)宮川まで開通、順次延長。
        その後、国有化され東京等から直通列車が走るようになりました。
        一方、伊勢電鉄が1930年(昭和5年)大神宮前(外宮前で現NTTの場所)まで開通。
        同年、参宮急行(現・近鉄)が大阪・上本町〜山田(現・伊勢市)の直通運転を開始。
        大阪からは日帰りで参拝出来るようになりました。


  伊勢電鉄が設立されて80年
  参宮急行に吸収され
  消滅して70年経ちます。
  近鉄伊勢線(江戸橋〜新松阪)が
  廃止されて36年。引継がれた
  車両達も今はいない。
  その道を辿る。

  その後の車両達
  廃線跡を辿る 
  その他

  

  近鉄伊勢線・末期の頃
  N先輩 写   新松阪





  新松阪〜江戸橋間廃止1961年(昭和36年)←1944年(昭和19年)近畿日本鉄道発足
  ←1942年(昭和17年)新松阪〜大神宮前間廃止
  ←1936年(昭和11年)参宮急行に吸収される、養老線・揖斐線を養老電鉄に譲渡
  ←1930年(昭和5年)4月江戸橋〜新松阪間開通 12月新松阪〜大神宮前間開通
  ←1929年(昭和4年)10月養老電鉄合併 1月四日市〜桑名間開業
  ←1926年(大正15年)伊勢電気鉄道に改称←1915年(大正4年)一身田〜白子間開業(伊勢鉄道)