三岐鉄道 三岐線 

          高校生とセメント輸送が主の鉄道で、早くからサイクルトレインに取組み
          「ウィステリア鉄道」の開設、貨物博物館の開館等、積極策に加え
          近鉄北勢線を引き受け施設と車両の改良を推し進めている。
          駅員さん達の表情も明るく、今後の発展に期待!
          最初の訪問は1962年(昭和37年)で、旅客車も国鉄富田駅から出ていて
          車庫も富田(現・観光バス車庫)に有りました。
          いつも近鉄の車窓から眺めているだけで、7年ぶりの訪問になりました。
          近くに住んでいるのに又しても8年ぶりの訪問になりました。
          北勢線は旧三重交通・北勢線で御覧下さい。

       

    富田駅(近鉄との共同駅)                     富田付近。近鉄との並走区間。
    昭和45年(1970年)近鉄富田〜三岐朝明間の旅客営業開業。 

                      

    JR富田駅三岐ホーム跡。階段、駅名板等残る。        国鉄冨田駅。モハ100形。
    昭和60年(1985年)国鉄富田〜三岐朝明間の旅客営業廃止。 

       

    富田車庫は観光バス営業所になりました。          近鉄の橋脚の後ろに富田西口駅のホームと
                                        改札口の上屋が写っている。モハ110形。

       

    大矢知駅の今昔。貨物側線は無くなった。

             

    平津

       

    暁学園前付近。                          暁学園前〜山城 

              

    山代〜保々。ここで新名神高速と交差。         新名神高速が姿を現す。   

  

    保々。貨物退避線がある。 

       

    保々。ED455がホキ、ワムを牽く。                場所不明。ED45形がタキを牽く

       

    保々〜北勢中央公園口。クモハ105              三里〜丹生川。ED459

 

    三里〜丹生川

       

    三里〜丹生川。クモハ106                     クモハ851

   

    三里〜丹生川。黄砂?で霞んでいます。           GWで出荷は休み。今回は散々です。
    
       

    三里〜丹生川                           

    

    丹生川                            貨物博物館の脇を抜ける。

       

    丹生川〜伊勢治田。751系。                   クモハ103+クモハ104

       

    伊勢治田のヤード。                        伊勢治田駅。ヤードに車輛は無かった。

             

    東藤原

       

    東藤原。クモハ105                         ED451+ED455

 

    東藤原。GWで出荷は無くデキもお休み中。

 

    西藤原

    車輛

       

    101系。昭和39.40年西武所沢製元西武401系。平成2年より順次入線。この形のみ2連。
    
       

    801系。昭和41.42年西武所沢製元西武701系。平成元年より順次入線。当社初の冷房車。

       

    851系。昭和42年西武所沢製元西武701系。1995年入線。 クハ1881。元西武新101系。事故車の代替車。

 

    751系。昭和45年(1970年)東急製元西武新101系。2009年入線。

      ここまでが現有電車です。

             

    クモハ605。元西武451系。昭和35年西武所沢製。     クモハ607。元西武571系。昭和37年西武所沢製。          
    昭和56年入線。非冷房、吊掛車。1992.1997年廃車。   昭和63年入線。非冷房、吊掛車。2009年廃車。
    訪問時(2006.11.3)には運用に入っていて、久しぶりに吊掛車に乗った。 

       

    500系。昭和32年川崎造船、昭和33年西武所沢製。西武501系で昭和52、55年に入線。
    非冷房、吊掛車。801、851系入線により1990.1995年廃車。 

       

    モハ150形。昭和47、48年西武所沢製。         モハ155。昭和49年西武所沢製。車体は元相模鉄道で
    車体は新造、機器は西武手持ちの旧国電。       旧省電改造車。機器は西武手持ちの旧国電。
    801系入線により、20年足らずで廃車。          601系入線により、15年程で廃車。

           

    モハ125。昭和50年西武所沢製。元小田急          クハ210形2次車。元小田急の車体と
    デハ2104の車体と西武331系の機器を組む。        西武の機器を組む。
    101系入線により平成2年廃車。 N先輩写       

       

    モハ130。昭和41年東洋工機製、120形増備車。    モハ140。昭和45年西武所沢製。小田急デハ1605を
    両運、3扉両開き。120形と供に琴電に譲渡。      大改造。小型車ゆえ10年で近江鉄道へ譲渡。
                                                          右N先輩写

       

    モハ120形。昭和34.35年東洋工機製、自社発注車。入線により旅客車全電車化。
    高性能車だったが601系の入線により、昭和57年高松琴平電鉄に譲渡。       右N先輩写
    
       

    モハ100形。昭和2年大阪鐵工所製の買収国電(旧豊川鉄道)で旅客車電車化にあたり
    東洋工機で改造の上、昭和31年入線。昭和53年廃車。                   右N先輩写
    昭和31年(1956年)旅客車電化。 

       
 
    モハ110。昭和4年日車製買収国電(旧豊川鉄道)      クハ200。昭和2年(1927年)川崎造船製。
    モハ100形と同じ道を歩む。                   元豊川鉄道クハ61。モハ100・110形と入線。
                                         
 

    クハ201。昭和15年日鉄自動車製。
    元武蔵野鉄道で西武に引継がれた。
    東洋工機で改造の上、昭和33年入線。

       
                                       
    東藤原                                ED451

            

    ED45型1次車。昭和29年東洋電機・東洋工機製。     ED452 
    昭和29年(1954年)貨物列車電化。               

 

    ED455。2次車。昭和32年東洋電機製。
    元富山地鉄。

       

    ED45型3次車。昭和37年東洋電機・東洋工機製。      ED457。3次車

             

    ED458。昭和25年東芝府中製。元東武ED5001        東武ED5001(ED47形から改番)

       

    ED459。昭和38年東芝府中製。元東武ED5070      ED5082。昭和45年東芝府中製。元東武同番号。

      ここまでが現有電関です。

       

    ED222。大正15年ウエスチングハウス&ボールドウィン製。      ED353。昭和17年東芝製。国鉄よりの
    静態保存中。                            借入れ車      N先輩写

             

    デキ202。昭和38年日立水戸製。元秩父鉄道。        ED502。昭和31年日立水戸製。元大阪セメント伊吹。      
                                        
       

    DB25。昭和46年日立笠戸製。                  DB151。関西線八田駅からのSSにいた。  
 
       

    DB15形。昭和20年日車で海軍向けに製造された15t機。昭和27年入線。故障で車輪等は外されていた。

       

    信越化学武生101。元三岐E101。  羽幌炭鉱も行ったが旧三岐C11のみ写っていない。残念!

       

    E102。昭和6年汽車製。開業時の車両。            大阪セメント伊吹工場の頃。
    
       

    キハ2。昭和6年日車製。開業時の車両。 N先輩写   津軽鉄道キハ2405。元三岐キハ2。

       

    上武鉄道キハ2400。元三岐キハ3。訪問時も        キハ4。昭和6年日車製。踏切障害があり
    ハフが運用。どの位活躍したのでしょうか?         出動!バケットに「救援」のサボを付けている。

       

    キハ5。昭和6年日車製。 N先輩写             別府鉄道キハ2。元三岐キハ5で静態保存中。
                                      別府鉄道キハ3、元三岐キハ6を写していない。残念!

       

    キハ81。昭和9年日車製。国鉄四日市から          玉野市営キハ101。元三岐キハ81。
    富田車庫に回送された処。行き先板は「四日市行」     昭和39年(1964年)11月電車から気動車に動力変更。
    昭和39年(1964年)国鉄四日市乗り入れ廃止。       昭和47年(1972年)3月全線廃止。

       

    キハ82。昭和9年日車製。   N先輩写            北陸鉄道キハ5162。元三岐キハ7。

       

    北恵那鉄道ハフ12。元三岐ハフ12?            別府鉄道ハフ5。元三岐ハフ10形。 

       

    別府鉄道ハフ7。元三岐ハフ16。                 保々電留線。

    「三岐鉄道車両大図鑑」南野哲志さんのHPを参考にさせていただきました。(許諾済)
    今回もN先輩に協力いただきました。毎回ながら感謝します。
    相変わらずネガの劣化が酷いのですが参考として下さい。

    
   
    余談ですが・・・ 
    選べるランチで人気の「水戸家」さんに寄り「海鮮ちらしすし」と「天ぷら」を頂きました。
    おいしくてボリュームがあります。930円。他に日替わりランチがあってこの日は「味噌カツ」で720円。
    三岐鉄道・梅戸井駅が最寄り駅ですがチョット離れている。日曜・休日はランチはありません。


    1962年(昭和37年)  昭和39年12月  昭和40年7月   昭和41年   1968年(昭和43年)3月
    1999年  2006年11月  2014年3月  2016年5月
    別府鉄道 1965年(昭和40年)10月     撮影