玉野市営電鉄
           
          備南電鉄として開業し昭和31年(1956年)玉野市に移管、昭和39年(1964年)に
          気動車に変更された。下津井電鉄を経て四国へ渡る間に訪れ三岐のキハに再会。
          営業区間、年数とも短くあまり評判にはならなかった。この時のモノクロネガは
          全て劣化で駄目になったがプリント有ったので状況は良くないがUPします。
          昭和47年(1972年)3月末  廃止。   

       

    宇野
    国鉄との接続駅。                        キハ103。昭和25年(1950年)汽車製。元熊延鉄道。

       

    玉付近
    キハ101。昭和9年(1934年)日車製。元三岐鉄道。     キハ102。元熊延は入線の際、機器を更新している。


       

    キハ104。昭和10年(1935年)日車製。元熊延鉄道。    クハ201。昭和3年(1928年)加藤製。元野上電鉄。


      昭和42年(1967年)8月   撮影