玉野市営電鉄
           
        備南電鉄として開業し昭和31年(1956年)玉野市に移管、昭和39年(1964年)に
        気動車に変更された。下津井電鉄を経て四国へ渡る間に訪れ三岐のキハに再会。
        営業区間、年数とも短くあまり評判にはならなかった。Kさんの手でネガが復活!
        プリントからの画像を差し替え、一部追加しました。
         昭和47年(1972年)3月末 廃止。   

     
    貨車と客車群                      急行「鷲羽」153系12連
   キハ104。背後に黄金時代のに国鉄宇野駅が見える。宇野駅 

     
    岡山〜宇野間用51系                  特急「うずしお」クロ151の面影を残すクロ181?クロハ181?

     

   宇野
   国鉄との接続駅。                   キハ103。昭和25年(1950年)汽車製。
                              元熊延鉄道ヂハ101、102がキハ102、103に

         
                                       
   玉付近
   キハ101。昭和9年(1934年)日車製。国鉄払下げで元三岐鉄道キハ81。

     

   キハ102。元熊延ヂハ101形。              キハ104。昭和10年(1935年)日車製。 
   入線の際機器を更新している。              元島原鉄道キハニ104。元熊延鉄道
                               ヂハ103を経て入線。
     
                                       
   クハ201。昭和3年(1928年)加藤製。元野上電鉄。元々粗末な車両でしたが・・・
   

     昭和42年(1967年)8月 撮影