秩父鉄道

          石灰石輸送に加え一般客と観光客輸送があり盛業中。当時は高度成長時代で
          今以上に貨物輸送が多かった。東武熊谷線を兼ねて訪れたがあまり印象がない。          

       
 
    熊谷駅。三峰口方面と羽生方面のホームの          クハニ20形。昭和26〜27年(1951〜年)日車製
    レールが途切れていた頃。                    デハ100形と組む。各種改造が行われている。

       

    デハ100形。昭和27〜28年(1951〜年)日車製17m級HL車。各種改造が行われている。

             

    クハニ29。元クハユ31。未更新車で原型を留める。    クハ60形。デハ100形クハニ20形と共に製造された。     

       

    デハ300形。昭和34年(1959年)日車製。中間にサハ350形を挟んで、急行「秩父路」号として活躍!

       

    デハ500。昭和37〜年(1962〜年)日車製。MT編成でロングシートになった。

       

    デキ101。昭和26年(1951年)日立製48t機。          デキ104。昭和31年(1956年)日立製50t機。 

       

    デキ202。昭和38年(1963年)日立製50t機。          デキ301。昭和42年(1967年)日立製50t機。 
    後に三岐鉄道に移った。

       

    デキ5。大正11年(1922年)ウェスチングハウス製37t機。

       

    東武ED5012

 

    国鉄貨物列車に追い抜かれるデキ1形牽引の貨物列車。


             昭和46年(1971年)5月  撮影