「麟太郎と歩く」のコーナーから地元の祭を纏めました。
    何れ再編集し見やすくしたい。

    筒井町天王祭

  
                                 ’14.06.07
    商店街を行く「湯取車」

 

    からくり。「湯の花」(紙吹雪)が舞う。

 

    続いて「神皇車」

    

    からくり。巫女が龍神に変わる。

 

    宵は「神皇車」が先頭。

 

   「湯取車」宵は水引幕が変わる。

 

    筒井天王社前での奉納からくり。

 

    曳き分かれ。「神皇車」が町内を巡りながら蔵に向かう。

 

    町内を巡りながら蔵に向かう「湯取車」

    

    出来町天王祭    ’14.06.07

  
                              
      狭い道を行く「鹿子神車」

 

    新出来二丁目付近の「鹿子神車」

 

    出来町一丁目付近を行く「王羲之車」

 

    古出来一丁目付近を行く「王羲之車」

 

    出来町三丁目付近の狭い道を行く「河水車」

 

    各町内を巡る「河水車」

    

    徳川園山車揃え   ’14.06.08

 
                                 
    「王羲之車」を先頭に山車が集まって来る。

 

    徳川園内に5両揃う。

 

    中之切「河水車」

    

    能「石橋」に由来する獅子舞が演じられる。後ろで唐子人形が舞う。

 

    古出来町「王義之車」

    

    親に子が逆立ちして乗り移り舞う。

    

    筒井町「湯取車」
    巫女による湯取り神事。「湯の花」(紙吹雪)が舞う。

 

    「湯取車」戻る時に1回転半廻り拍手喝さいを浴びる。
 
    

    筒井町「神皇車」
    煙(波?)が出ると同時に巫女が龍神に早変わりする。

 

    「神皇車」担ぎながら半回転すて戻る。

 

    新出来町「鹿子神車」全員で牽きながら入場。

    

    唐子が台に逆さになって乗り移り太鼓を叩きながら回る。

 

    山車が各町内に戻る。

    

    那古野天王祭     ’11.07.15&16
 


 
 那古野神社の例祭で東照宮祭、
 若宮祭とともに名古屋三大祭に
 数えられましたが時代と共に
 縮小され現在の形になりました。




    
                        ’15.07.15                     ’11.07.15             
    試楽宵祭 
    「車楽」に灯が燈された。本来の「車楽」は戦災で焼失し
    旧茶屋町の車楽を組み立て行われます。往時の面影が無く残念です。
  
        
                      ’15.07.15                               ’11.07.15                      
      本殿前にも燈される。                      周辺人口が少ないので静かでした。  

       
                      ’15.07.15                               ’11.07.15
    舞台では舞が奉納される。

     

    神輿。例祭で若宮八幡社まで巡行するのですが今年は台風接近で中止になるかも。     

     

                                      山車飾り人形「室の明神」文政3年(1820年)の製作。

      

    例祭        ’11.07.16
    神事が執り行われる。                     本町通りを行く先頭。

 


 桜通り交差点内にて
 大きく回転します。
 力強い動きです!

 学祭の神輿を、大きな
 交差点(名古屋では
 ありません)で、何度も
 回した事を思い出しました。








       
 














  2基目も続きます。                        














  しんがりは女性の神輿です。楽しさ溢れて!






       

    見舞車      ’10.10.16
    以前は「楽車」への見舞いの山車が各町から奉納されましたが明治時代に中止になりました。
    2010年名古屋城築城400年記念も兼ねた「名古屋まつり」で再現されました。

    

    若宮まつり     ’15.05.16

 

    名古屋・若宮神社の祭礼で江戸時代には名古屋三大祭の一つと
    された。御神幸は一時期中断されたが後に復活。若宮神社境内。

 

    若宮神社を出る。

 

    若宮通を東進する。

    

    戦前には5両の山車があったが福禄寿車のみが残り他は焼失。若宮通から大津町通りへ。

    

    桜通りを横断。

    

    お旅所・那古野神社到着。                     山車は鳥居の高さ関係で境内に入れない。

   

    からくりの奉納

 

    祝詞。那古野神社

 

    那古野神社前。この後若宮神社に戻る。

    

    牡のみ。池田町                          牡牝。矢場町一丁目 

    

    牡牝二番                               牡のみ。住吉町?

    

    熱田まつり(熱田神宮・例祭)献灯まきわら  ’14.06.06

  
                                    
  今年は雨天年順延で6日に行われた。    東門。白鳥学区

  

    南門。大宝学区

   

    西門。船方学区(左)と千年学区(右)

    

    花車神明社例祭 ’11.10.15



 
 
 10月第一土曜、日曜日に催行。
 名古屋駅に程近い花車地区は
 戦災で焼け残り 昔の風情が
 残る。 昭和30年代には和装
 履物の問屋さんや町工場が
 あったが、今は全く見掛けない。

 狭い町内を山車が巡る。
 屋根神さまの前を行く
 紅葉狩車。





   

    高層ビルと高層道路の谷間を巡る。                          白龍神社での奉納。

       

               紅葉狩車。                           二福神車。

       

               唐子車。                    花車神明社前で奉納への回転。

   

    「からくり」の奉納。二福神車。 紅葉狩車。                  唐子車。      

 


 奉納が終わると神社脇に
 3車向かいあって揃え、順次
 「からくり」が演じられます。
 9時に各宿に帰る。

 左後方が国際センタービル。
 (地上26階 高さ102m)


 日曜日は山車が近隣地区を
 巡ります。名古屋祭にも
 参加します。




    

    尾張西枇杷島まつり   ’11.06.05

       

    県知事さんを囲んで記念撮影。                短区間を往復するので方向転換(曲場)が
                                        頻繁に行われ、見所となっています。

       

    茶の湯も振舞われます。                   超過密ダイヤの名鉄線を渡ります。 

      

     橋詰町 王義之車    小唐子が大唐子の背に乗り逆立ちし太鼓を叩く。

       

    問屋町 頼朝車    静御前が頼朝の前で扇を広げ舞う。

       

    東六軒町 泰亨車    牛若丸が木葉天狗に勝ち長刀を回す。

     

    西六軒町 紅塵車    一方の唐子が太鼓を叩き、片方の唐子が孔雀の羽根を広げ舞う。

     

    杁西町 頼光車    坂田金時が岩を持ち上げ投げると熊が飛び出して暴れ廻る。

    伝統を守る事は大変な時代になりました。皆様お疲れさまでした。

    

    津島神社(名古屋市西区)祭礼    ’14.05.24

       
                       
     5月24.25日(毎年5月最終土日)があり石取祭車の巡行が行われました。
     山車は3台で昭和10年桑名から購入した。桑名の祭はこちら

       

    日中の巡行は午後2時30分より各町内を廻りますが3台が其々別のコースを採ります。

       

 



 夜の巡行は午後6時30分より
 3台連なって各町内を廻ります。
 以前は広い範囲を廻ったが
 今は狭くなったそうです。

 国道を渡る。



 UPにあたり画像を慎重に選びましたが
 御意見のある方は御連絡下さい。




     

    途中で止めて提灯を回す。現在の桑名の山車よりも          後方に駅前の高層ビルが見える。
    小振りですが狭い道路に合っている。

 

    

    八坂神社(名古屋市西区)祭礼    ’14.05.17
 
       
                        
    5月17.18日(毎年5月第3土、日)行われました。
    延命長寿と豊作祈願の祭礼で17日午前10時、氏子代表が集まり神事が行われた。

         

    山笠提灯献灯は元禄15年(1702年)からという。               子供の守り神でも知られる。

 

       

    6時15分頃から山笠提灯に火が燈される。          左上の提灯の絵柄は兎。

         

    高さ20m五段構え880個の提灯は米寿にあやかるという。   大提灯。

       

    傘鉾提灯。                              参道の提灯。









 後方に駅前の
 高層ビルが見える。









 

       

    子供神輿?                             お獅子のお宿。

       

    左ボードは寄付者名と内容。                   マンションの入口脇がお宿。

       

    左儀長  1    ’10.01.10 
    「八坂神社」の左儀長。木曽方面で同祭をよく見ましたが身近で毎年実施されているとは知りませんでした。    
    神主さんの祝詞で始まる。                   塩、御神酒で清めます。

       

    左儀長  2
    神主さんの点火。二人で神主さんの             四方の竹(本来の名が有ると思います)を
    袖が焦げないように引いています。             加え終了。

    

    梵天祭          ’12.07.15

       
                   
    西区枇杷島の神明社・白山社の祭礼です。          屋根神さまでは神主さまが祝詞をあげます。
    八幡社を出て清州街道(美濃路)を進みます。        飾られている大御獅子は明治42年の箱書きがあります。

     

  「五穀豊穣」「氏子中安全」   氏子さんが手にして     子供達が太鼓を牽く。
  等が書かれている。       いるのが梵天。

       

    堤防への坂を引上げる。                      途中で加わる親子で大勢になりました。

       

    秋田県栃木県の「梵天祭」と違い江戸時代中期に名古屋で流行った「梵天祭」のようです。

     

  梵天を奉納。            「虫封じ」                     お土産は有名店のせんべい。

    

    太閤まつり      ’15.05.17

        

    豊臣秀吉の出生地に建つ豊国神社の祭礼と区民まつりと合わせて行われる。
    UPにあたり画像を一部修正しましたが御意見のある方は御連絡下さい。

    

   子供神輿や獅子が各町内から集合する。            担ぐ型は少ない。

    

    殆どが牽く型になっている。                    各町内工夫を凝らしている。

    

    市消防隊パレード                         豊太閤頭巾行列

    

    出世稚児行列。付添者が多く稚児もお疲れ気味。      太鼓の奉納

       

    各町内から神輿が来ます。                    太閤好みのゴールド色です。

    

    瓢箪神輿。女性軍。                        男性軍。大きさが異なる。
    この後、各町内から踊連が続きましたが割愛します。

    

    「宿」中村町九丁目                         「宿」お獅子は新しそうです。

    

    弁天まつり   ’11.06.09   ’13.06.10 ’14.06.09

       

    毎年6月9,10日行われます。弁天通り北側は宗像神社の祭礼で、南の江川端は「天王まつり」で
    屋根神さまの中の津島社の祭礼です。残念ながら屋根神さまはほとんどが無くなりました。
                   宗像神社                            同社・輪くぐり

     

      宗像神社

       
                      
    夜店が弁天通りの両側と江川端通に並びます。その数は市内ではトップクラスとか。
    小中学生と近くの高校の女子が多く、又そのOBOGの家族連れも多数。
                   
       


       

    恒例ミニSL列車。ロコはアメリカ形。   

       
                     
    お獅子宿  ガレージが宿に。旧山神町。             

       

    公園の一画が宿。ゲームや模擬店がありました。旧深井町?

       

    風船つり等があり今風の法被も用意されていました。旧吹出町

       

    最近は子供獅子を見掛けることは少なくなりました。旧江中町

       
                     ’14.06.09
    お獅子の宿。私が子供の頃は各町内で行われましたが少子化で少なくなりました。
    旧紙漉町

       
                      ’13.06.10
    旧紙漉町。この町内の宿は毎年持ち回りです。           
    
       
                    ’11.06.09                             
    旧紙漉町         

       

    旧江中町           ’13.06.10
    お宿は持ち回制りと固定制があります。

       
                     ’11.06.09                              ’11.06.09
    旧江中町                              旧江川横町?
                                               
       

    旧俵町           ’13.06.10
    学校が終わっても子供達はなかなか現われない。

 

   旧俵町           ’11.06.09

       

    旧吹出町          ’13.06.10
    この界隈もマンションが増えたので賑わいを取り戻すか?

             

    旧吹出町          ’11.06.09                             

       

    旧山神町         

        

    旧山神町          ’13.06.10                               ’11.06.09  

     

    お獅子の宿 上名古屋2丁目コミセン。神輿は隣の町内から借りたそうです。

     

    お獅子の宿 上名古屋3丁目 立派な獅子です。戦後製ではないかの事。

     

    お獅子の宿 子供獅子が番で有るのは意外に少ない。

    

    冨士浅間神社



 氏神様

 茅輪・赤丸神事。子供の頃は
 「輪くぐり」と呼んでいました。
 当時は丸だったと思うのですが
 何時しか御覧のように三角に
 なりました。
 「赤丸」は小児の虫封じですが
 受ける人は少なくなりました。

  ’10.07.05






       
                     ’08.10.04’
    大祭。子供の頃は「お獅子」や「神輿」が出て賑わった。   

       
                     ’13.10.04

       
                      ’08.10.04’
    提灯が増えて明るくなったが、楽しみの夜店は無くなった。

       

    お獅子の宿。浅間神社の大祭には各町内でお獅子お宿がありました。神輿や山車がある
    町内も有りましたが今はこの2町内のみのようです。
    鷹匠町と塩町の合同宿。抽選会は特等から四等まではお米です。お獅子は左下を除いて新しく
    古い方は保管されているそうです。古いお獅子の耳が有りませんが昔は他の町内と獲り合いをしたらしい。

       

    堀詰町。袋詰めのお菓子が多数用意されていました。