濃州道

       桑名市三ツ矢矢橋町から阿下喜を経ていなべ市藤原町山口で巡検道と
       合流し濃州(今の岐阜県)関ケ原で中山道と合流する。員弁街道とも呼ばれ
       員弁川に沿って北上する。阿下喜までは三岐鉄道北勢線も並走する。
       三ツ矢橋から別所辺りまでは昔の町屋が連続し懐かしい風景。その先は
       従来の家と新しい分譲地が混在する。これまで、北勢線撮影で何度も
       車で走ったが道が違うので印象も異なる。今回は穴太まで歩いたが
       引き続き阿下喜まで歩く。寄り道した南大社・北大社はこちら

     

   起点・三ツ矢橋交差点。ここから約600mは馬道と     元飲食店?
   呼ばれる。左の道は東海道矢田立場跡で合流する。

     

   桑名は米油発祥の地だそうです。私の           街道は右手直進だが左の踏切で渡る。
   住まい近くにこれを使用した惣菜店がある。

     

   いきなり旧街道らしい雰囲気               肥料屋さんの倉庫

     

   元事務所?                       元飲食店。この辺りは商店も混在する

     

   商家?民家?                      浄土真宗本願寺派善龍寺

     

   元寿司屋?細い道の先に北勢線馬道駅           街道から入った蔵を従えた重厚な家

     

   元商家?この辺りからも石取り祭りの山車が5台か出る。

     

   神官在住の玉三稲荷社。春秋の祭礼には          矢田の地蔵堂と石碑
   舞楽奉納がある。

     

   落ち着いた上野の町並み

     

   西別所の街道沿いに大きなお屋敷が三軒続く        この家が間口が狭くとも一番大きい

     

   拘りの家                        庭と祠

     

   浄土真宗本願寺派照林寺。明治末期ここに移転       子安地蔵

     

   蓮花寺。南側に道路拡張された              北勢線と並走する

     

   コンニャク製造?                    「延喜式額田神社」「従是三丁五間」

     

   子安地蔵。県道から離れ左へ               在良郵便局西。商店街だったが・・・

     

   街道は員弁川左岸堤防上                 星川。街道は高台に北勢線は川へ下る

     

   星川の集落                       延喜式星川神社

     

   森忠名神明神社                     森忠の集落

     

   天皇八幡社                       五反田の地蔵堂

 

   穴太の集落


     食べ歩きはこちら