北陸鉄道

        多数の小私鉄が戦時統合で出来た会社だけに、車両群は変化に富み
        創業時の車両がデキ(デワ)として残っていたり、元伊那電のように他社からの購入車や
        自社の改造車、オールアルミカー、更には転線も頻繁(能登線を除く)にあり興味は尽きない。
        路線も「白菊町」のように街中にあってラッシュ時しか電車が来ない駅があった。
        金沢市内線は、落着いた城下町行く。市内中心部は今もあまり変わらない。
        石川線と浅野川線が残りステンレス車が活躍。浅野川線金沢駅も地下化で新しくなりました。
        今回もN先輩にご協力いただきました。あらためて感謝します。 

      



 石川線        浅野川線
 小松線(廃止)   加南線(廃止)
 片山津線(廃止)  金石線(廃止)     
 金沢市内線(廃止) 能登線(廃止)
  
 切符 

 能美線、金名線、粟津線の
  各線は訪れていません。


 加南線河南駅。各方面の
  電車が前後して入線。
  中線に山代方面の電車が入り
  同一ホームにて乗換。順次発車。





      北陸地方は武生から富山まで、殆どの急行停車駅にローカル私鉄が接続していた。
      均一周遊券で廻ったのも懐かしい思い出。青春切符を手に改めて廻りました。