羽後交通 雄勝線

        2度とも西馬音内まで行った。創業以来そのままの佇まいだった。
        デハ1や古典客車も良く、元西武多摩湖線の車両は各地で見ていて
        親しみがあった。ポール集電&直接制御車はここと銚子電鉄位だった。
        この古典的トロリーラインは後にDC化されたがその頃は行っていない。
         昭和42年(1967年)西馬音内〜梺間廃止 昭和46年(1971年)DC化
         昭和48年(1973年)3月末 全線廃止 

       

   国鉄接続駅・湯沢 初回の時はデハ6が、2度目はデハ7が動いていた。
       
       

   ホハニ2を牽き出す。                 牽いてきたワフから小荷物を下している。

       

   湯沢構内。                      湯沢〜羽後山田

       

   西馬音内。ハフ13とデハ5              ユキ2、ユキ3とデハ7 

       

   西馬音内駅。デハ7+ワフ1              2階が旧雄勝鉄道の本社?

       

   デハ1。昭和2年(1927年)蒲田製木造単車。開業時に3両製造された。
   サボを付けていたが動いていたかは判らない。デハ3が梺で大切に保存されている。

       

   デハ5。昭和29年(1954年)日鉄自動車にて      デハ6。昭和29年(1954年)西武所沢製。
   都電(旧王子電軌)の車体と中古機器を組む。     元多摩湖線用を一部改造の上、入線。


       

   デハ7。西武所沢製。元多摩湖線用で仲間が      ホハニ2。大正4年(1915年)川崎造船製。
   山形交通豊橋鉄道日本油脂等に移った。      元国鉄ナハフ14401。 

       

  ホハフ2。明治43年(1910年)神戸工場製。       ホハフ5。昭和17年(1942年)日立製。
  元国鉄ナハフ14106。                  元日立電鉄デハ7を後に電装解除。

       

   ハフ11。明治41年(1908年)天野工場製。     ハフ13。大正元年(1912年)新宮鉄道工場製。
   旧青森鉄道。この3両は廃止後「明治村」に移り、整備の上、活躍中。        

       

   ハフ14。大正元年(1912年)新宮鉄道工場製。    ユキ2(左) ユキ3(右)
    
     昭和43年(1968年)11月 昭和46年(1971年)3月 撮影