豊橋鉄道 渥美線

           ささやかなトロリーラインで最初に訪問した頃は創業期の車両が
           現役で頑張っていて、蒸機の重連の様にタイフォンで合図しながら
           4両運転していたのにはビックリ!やがて高度成長期を向かえ
           車両の近代化、手当てに苦労する。あんな小さな工場でよく工事が出来た!
           当時もファンには理解のある鉄道で、今も変わらないのが嬉しい。 
           沿線にはトヨタ自動車の工場やドイツ車の輸入基地も出来発展。
           今、車両は元東急に統一され趣味的には?ですが、当線にはピッタリ!

       

   モ129。昭和2年藤永田造船製。名鉄揖斐線から     モ681。大正15年名古屋電車製。元名鉄貴賓車 
   来た、間接制御の単車で3重連も可能。速度が      SCVで昭和天皇が御乗車されている。戦後、  
   遅く専用ダイヤが必要で殆ど使用しなかった。       日車にて一般車に改造。市内線乗入れ設計の
                                      為か、オーバーハングが大きく横揺れ対策として
                                      後に改良された。                            

       

    モ151。大正12年日車製。渥美電鉄開業時から      モ152。各車微妙に違ってたと思う。この頃は
    活躍。路面電車に近い小型車両。              モ1200型と単車のモ120型以外は直接制御。
 
       

    モ1051。昭和元年日車製で同年製のモ681        モ1401(元モ1051)間接制御化、乗務員扉と
    とは異なり、全鋼製で誕生。腐食が進み          貫通扉新設、パンタ化等近代化改造が行われた。
    昭和27年富士産業にて大改造。渥美電鉄からの車両。                                                             

       

    モ1202。昭和6年日車製。静岡鉄道から          モ1602(元1202)改良工事がなされる。後に                       
    西武を経て昭和34年入線。間接制御            方向転換と機器変更がされモ1651に改番の上 
    パンタ付、当線としては大型車両。              1601と組む。                                  
    
       

     モ1301。昭和25年西武所沢製。多摩湖線用      ク2311。モ1302を昭和46年制御車化。
     モハ102を中央部延長扉を新設の上、昭和37年入線した14m級の小型車。仲間に日本油脂のモ101が。

         

    モ1701。昭和16年梅鉢製。元西武モハ227。       モ1701。細かく改良工事がなされる。
    昭和38年入線。17m級3扉で当線には丁度良い。                              

                   

    モ1713(元田口線モ38)昭和4年日車製。         モ1731。昭和8年川崎製。元帝都電鉄モ101 
    元豊川鉄道モハ31で買収・廃車後田口線に       東急合併後、車体更新。昭和50入線。
    入線。転線の際、降圧工事、Hライト交換等を行った。
                              
       

    モ1751。昭和40年日車製。元名鉄モ3755で       ク2751。元名鉄ク2755
    ク2751と供に入線。旧愛電系HL制御車の車体更新車で
    昭和56年入線時に制御器、台車、モーターを旧国電タイプに交換。後に冷房化も。そこまでするか!

       

    モ1771。昭和44年自社製。名鉄ク2813の車体に    高運転台のまま非貫通・3枚窓・方向幕化され
    旧国電の機器を組む。軸重の制限を受け         前面の印象が変わりました。  
    2個モーター車になりモ1721とのMM編成を組む。
                                                                        
       

    モ1801。昭和42年自社製。元名鉄モ3358の       モ1801。前面非貫通・3扉化・方向幕化されました。
    車体に旧国電の機器を組む。こちらも2個モーター車でモ1851とのMM編成で昭和42年入線。                              
    
       

    モ1852(仮台車を履いています)元名鉄ク2343の    モ1851。こちらも前面非貫通・3扉化・方向幕化
    車体に旧国電の機器を組む。                されました。
    

             

    ク2811。モ1811と供に昭和36年日車東京支店製。   元長野電鉄クハ1151。
    モ1811。元長野電鉄モハ1101。入線時に降圧工事、制御器の交換等を実施。    (N先輩 写)

             

     モ1904。名鉄モ5200型の車体に国鉄のカルダン車足回りと旧国電の機器を組む。
     側面窓は名鉄時代に2段窓化、冷房化は豊鉄で実施。     

       

    ク1505。元西武で単車気動車の車体を延長し      ク2301(元ク1505)細かく改良工事がなされる。
    ボギー化した。モ1202と供に入線、コンビを組む。                                    
       

    ク1503。昭和12年日車支店製。元神中鉄道の     ク2400(元1503)間接制御化、ステップ撤去、正面
    半流線型気動車。相模鉄道に合併後、昭和31年入線。 窓のアルミ化等、細かく手が入れられました。

       

    ク2283。昭和6年日車製。元三河鉄道の気動車。    ク1751。昭和16年梅鉢製。元西武クハ1222。
    名鉄への合併を経て戦後入線。昭和29年制御車化。  モ1701と供に昭和38年入線。後にク2701に改番。

        

    デワ31。大正12年日車製。渥美電鉄創業時のモハ100型を改造。入換専用で花田にも居たので
    右写真の様に、東海道線の車窓から見た方も多いと思う。

        

    デキ362。大正14年日車製。愛知電鉄デキ         デキ211(元デキ362)貨物廃止後も残ったが
    361。名岐との合併で引継がれ、昭和29年         昇圧時に廃車。
    同線が名鉄から豊橋鉄道に譲渡される際、そのまま転属。                              

               

    デキ201(元デキ151)昭和14年木南製。           デキ851。昭和19年名鉄新川製。手持ち           
    渥美電鉄からの機関車で出力が小さく            機器に木造車体付けた戦時設計車(笑)           
    入換が主。  (N先輩 写)                   名鉄からの分離直後に入線。                              
    
       

    デキ1001。昭和30年西武所沢製。             デキ451(元デキ53)。昭和4年日車製。田口鉄道
    小野田セメントの私有車として入線。            デキ53で引継ぎ車。勾配線の木材輸送対応の
    後にデキ351に改番。                     強力機。同線廃止前に渥美線に転属。
 
       

    デキ401。昭和31年東洋工機製。小野田セメントの私有車として入線。
    40t機で出力も大きく、本線の主力機として活躍!

    以上の個性溢れる車輛達は昇圧時又はそれ以前に全て廃車されました。

       

    モ7300型。昭和46年日車製。元名鉄モ7300型で通称AL車の機器を使用し車体を新造。
    1997年(平成9年)昇圧の際入線、同車で統一。同線には向かないと思ったら4年足らずで廃車。
    なぜ購入したのでしょう?

       

    モ1800型(2代目)昭和42〜47年東急車輛製。元東急7200系で説明不要。
    平成13年入線、この形式で統一されました。当線には丁度良い!

       

    新豊橋駅。変わらぬ佇まい。                新豊橋駅付近。JR(国鉄)の貨物ヤードが更地に
    以下6カット現況。                       なった。

         

    柳生橋付近。花田のヤードも姿を留める。        柳生橋駅。有人出札駅で切符自販機は有りません。

        
 
    小池駅での交換風景。無人駅になりました。        愛知大学前。雰囲気は変わらない。

       

    高師車庫が新しくなりました!

       

    高師駅のヤードが駐車場になりました。            JR豊橋駅の貨物ホーム跡が撤去され
                                        更地になりました。右端が豊鉄新豊橋駅。

       

    新・新豊橋駅 1
    新駅の建設が進んでいます。  08.05.19           やっと今風の設備と駅舎になりました。
                                        デッキで結ばれJRと名鉄からの乗換も便利に。
  
       

    新・新豊橋駅 2
    ほぼ終日15分ヘッドで、乗った感じではスピードアップも行なわれたようです。
    新駅を発車する「なぎさ」号。今年も運転。         陸橋からJRに沿う。以前は左へカーブ。
    

       在籍車両全形式の一部が欠けていますが、結構長くなってしまいました。
       休止していた時期をN先輩の御協力で補いました。改めて感謝します。
       撮影場所は殆どが高師で一部が三河田原ですので敢えて表記しません。
       豊鉄の方々の熱意と努力に驚くと供に、最後まで当ページを御覧なった方、お疲れ様でした。

  撮影年   1963年(昭和38年)  1965年(昭和40年)  1955年(昭和50年)  1997年(平成9年)
         2001年(平成13年)  現況2006年(平成16年)6月  2009年7月
  N先輩分  1958年(昭和53年)  1961年(昭和56年)  1996年(平成8年)  1999年(平成11年)