鳥羽 志摩

     

     

     

     

   志摩 1 
   村野藤吾は戦前から戦後にかけて約50年近鉄の建物を手掛けている。賢島には志摩観光ホテルの
   各棟と賢島駅の作品がある。今回、「ザ クラッシク」棟と「ザ クラブ」棟と賢島駅を見に行った。
   65年前私はここでランチを食べた。当時は現在の「ザ クラブ」棟のみで棟内の「リアン」で前回
   (前回は普通のカレー)と同様カレー(今回はキーマカレー)を食べた。何時ものごとく、色々撮ったが
   そんなことをしているグループは全く無く、完全な「おのぼりさんスタイル」でチョット恥ずかしかった。
   でも、帰って来てPC見たら綺麗に写っていて驚いた!ライティングは窓から入る間接光がメインで
   そのように設計されて、一流設計者は違う。食事内容については、私には語る資格がありません。
     建物の内外はこちらをご覧ください。

   

     

     

   鳥羽  3  
   鳥羽磯辺漁協直営の「魚々味」各漁港から送れてきた海鮮料理が主ですが、鳥羽街道を歩き始めた
   ばかりで落ち着いて食べていたら最終地点に行けません。ガッツリ「かき揚げ丼」を選んだ。かき揚げが
   2枚と味噌汁、昆布の煮物、たくあんが付く。ボリューム満点でした。600円(税込)国道42号線沿い・近鉄池の浦駅近く

     

     

   鳥羽神島  2
   潮波のタコ飯。タコの旨味がご飯に馴染んで良い。500円(税込)他に人気の「タコ飯定食」1200円
    
しらす丼600円、海鮮カレー800円
(何れも税込)が有る。アイスクリ-ムや土産物もある。船着き場すぐ。

     

   

     

   鳥羽  1
   富士乃屋の「ホルモン(焼)そば」メインはホルモン焼で店内は昭和の雰囲気。鳥羽旧市街地のソウルフードで
   目の前の鉄板で焼いてくれます。ホルモンとキャベツと麺のみでシンプルでソフト、味噌ダレで食べる。530円(税込)
    1954年(昭和29)12月創業(先代)  1960年(昭和35)現在地に移転  2019年2月閉店


                        
                             食べ歩き