ローカル駅の坪庭

   

    番外 JR越美北線 越前大野
    筧から水が流れています。湧水の町と寺町をイメージしているのでしょうか?

   

    28 名鉄 忠節駅
    朝夕は賑わった駅で駅舎も建て直され新車も入ったのに廃止されてしまいました。
    金芽柘植、南天、さつき等色々植えられ、一方には盆栽用?の棚もありました。

   

    番外 南海 浜寺公園駅
    明治40年(1907年)建てられ登録有形文化財に登録された駅舎で有名。右手の一等待合室には
    マントルピースが有ります。ホームの待合室も良い。空池が3面有るが簡素な造りになっている。

   

    27 南海 汐見橋駅
    街中の駅と線ですが2両編成で30分ヘッド、施設も昔のままで線路も所々砂で埋まっている。途中駅には
    貨物ヤードの残骸もあり又、沿線も昭和時代が色濃く残り大手私鉄ながらローカル私鉄ムードで
    溢れている。阪神桜川駅の開業で乗客は増えたらしいがそれでも少なく私が乗った時も乗客は10人以下。
    ツツジ、さつき、南天等が植えられ池には金魚(コメット?)が防御ネットの下で泳いでいた。

   

    26 えちぜん鉄道 勝山駅
    北山杉と楓、南天に燈籠が華を添えます。刈り込み挟みが有るように近日中に綺麗になるようです。
    駅舎は和風でどっしり構えています。駅前は整備中で完成図を見ると大都市近郊タイプになる。
    右手に車輌保存館を建設中で構内にいるテキ6が入るかもしれません。

   

    25 えちぜん鉄道 永平寺口駅(旧・東古市)
    永平寺線(金津〜永平寺)があった頃は本線からの乗換客で賑わっていて駅員さんも多かった。
    庭は広く、手前は池でしたが何時の間にかゴミ焼却場?になりました。ツゲや槇、ツツジ等は
    刈り込まれていて、その間に大きな松の切株が2コありました。左はシュロで右は南天です。
    駅舎道路側各窓の上部に京電の印があります。北陸名駅百選の企画が有れば選ばれると思う。

       

    24 長野電鉄 松代駅 
    河東鉄道開業(大正11年・1922年)後、間もなくして駅員さんの手で作庭されたそうです。
    1.2番ホームの脇にあり、松等が大きくなり目立つ一方育ちすぎた楓?は切られています。
    この駅は右側通行で3番ホームが駅舎側になります。松代大本営の工事により広い貨物ヤードと
    長い有効長を持つ。駅舎は信濃川田等と違って国鉄風で終戦が遅れれば「貴賓車」が到着したかも。

   

    長野電鉄 松代駅 2

         

    23 長野電鉄 信濃川田駅
    屋代線にあって河東鉄道時代の駅舎かも。樹木は枯れてしまったようです。池の中央の
    石に穴が開けてあります。噴水だったのでしょうか。綿内駅も同形の駅舎ですが庭は
    有りません。失われたかも。2012年に同線が廃止されます。
    
         

    22
 富山地鉄 南富山駅
    
南富山駅は不二越・上滝線、笹津線と市内線との乗換駅で大いに賑わったのですが
     1975年(昭和50年)笹津線の廃止や不二越・上滝線に並行する道路の整備で乗客が減少
     更に高額の運賃とあっては悪循環で庭も元気が出ない?右手の柘植やサツキに加え
     左手は銀杏のようでした。こういう仕立てをする種類もあるのですネ。調べます。   

   
      

    21 近江鉄道 高宮駅
    久しぶりに訪れたら駅舎が建替えられていました。地元自治体との合同駅みたいです。
    黒松、五葉松、柊、柊南天、サツキ等沢山植わっています。燈籠もあるのですが
    蔓が覆いかぶさりよく判らないのが残念。多賀線との接続駅で構内は広い。

   

    20 大井川鉄道 家山駅
    川沿いの駅ですが周辺には家は多い。熟年ハイカーが多数下車しました。
    刈り込まれた槇、つつじ等で作庭。主木は駅員さんに尋ねましたが判りませんでした。
    好ましい木造駅舎で駅前からはバスも発着します。庭の右は蒸機用の水ポリタンクです。

   

    19 銚子電鉄 仲ノ町駅 
    
松と柘植を主に造られ、照明付の筧から水が流れ金魚が泳いでいます。
    
駅舎も前の車庫も40年前と変わらず、切符も硬券。ここでも「ぬれ煎餅」が販売されています。
 
   


    18 鹿島鉄道 鉾田駅
    五葉松を主木に造られています。石組は有りません。構内は広く、駅前からバスが各地に出ている。

   

    17 三岐鉄道 東藤原駅
    アララギと柊が残っているだけで原型を留めず。

   

    16 三岐鉄道 伊勢治田駅
    五葉松を主にアララギ、南天、皐月、布袋竹等が添えてあります。
    有人駅で、今回初めて手入れされている駅員さんに話を伺いました。
    広いヤードを持つ駅ですが休車?のホキが並び、レールも赤錆ヤードしては機能していない様子。

               
              
  
    14 岳南鉄道 比奈駅                   15 岳南鉄道 本吉原駅ホーム
    
良く仕立てられた松がメイン。富士山からの豊富な     前回訪れた時、この駅はヤードがあり、木造の
    水が導かれ、溢れた水は線路の下を通って排水路へ    電関が入替えをしていたと思う。今は駅舎も無い
    流れます。石も富士山から?                   良い庭だけにチョット手が入ってないのが残念。  
    久しぶりに訪ねた当鉄道も、車両は全て入れ替わって
    いましたが、貨物は盛業の様子。
    (正月に訪問したので貨物操業はお休み・笑・)

   

    12 岳南鉄道 岳南富士岡駅               13  岳南鉄道 岳南江尾駅
    
車庫のある駅です。変わらぬ佇まい。            規模は大きい。新幹線から見えるハズ(笑) 
    庭は岳南鉄道の中で一番広い?               ここも無人駅になりました。
    左に見えるのは電動ポンプ。池への注水用?
    当日は動いていませんでした。
    比奈駅にも同じポンプがありました。駅の無人化
    +ワンマン電車では尋ねようがありません。
    行った日は車庫も本社も休み。      
    各駅とも共通点はありますが造った人は別々?
    
      



  11 福井鉄道 西武生福井方面行きホーム          
  雪の多い土地ですが、駅員さんがんばりました。       
  ここは本社と車庫があります。駅は無人に           
  なって久しいのですが、庭は時々手が入って         
  いるようです。                     
  残念ながら、今回のホーム切下げで   
  無くなりました。

  











         



   

    福井鉄道 西武生(現・北府)

   

    10 福井鉄道 家久駅   
    西武生(現・北府)家久両駅舎は創業時の建築でしょうか?典型的なローカル私鉄の駅です。
    西武生駅は無人化が早かったのでしょう、痛んではいますが本社 と車庫の脇にあり悪戯もされず
    原形を保っています。家久駅もチョット小振りですが改札口等そのまま残っていて「元・庭」もあります。
    何れもこのタイプの駅は、他社でも何時の間にか無くなり、今となっては貴重と思います。

   

      福井鉄道 神明駅
     織田行きバスもここから。駅員さんもいて活気があります。松の枝ぶり変わっていますが
     手入れが行き届いています。福井鉄道の庭は全て中央に池が有ります。
    

  名鉄 吉良吉田駅

 
名園です。有人駅で手も入っています。
 中央の梅のつぼみもふくらむ。
 でも、この梅が散る頃に、この駅から
 碧南間は廃止(涙)由来と現状を駅の
 方から聞きたかったのですが廃止間近で
 乗客も多く遠慮しました。「肖像権・・・」の
 車内放送もある位です。
 落着いたら再度訪問したいと思っています。













     

    7 名鉄 揖斐線黒野駅                   
    駅舎側。主木?の楓、南天、柘植等で           運転室側。黒野以遠が有った頃は、松も柘植も
    新しい感覚で作ってあります。後ろの駅舎の        手が入っていました。庭師さんは退職されたので
    2階は旧谷汲鉄道本社。                    しょうか。
   

   

    名鉄 揖斐線黒野駅  
    
駅舎(旧谷汲鉄道本社)と同じ様式で出来ています。カラーグラスの窓や屋根下の飾り、三角の鴨居等 
    大正ロマンを感じます。(建築には詳しくないのですが)内部は今のレベルに改装されています。
    当時の一般レベルと比べると非常に豪華だったのでは。先人達が守ってきたこの施設も鉄道と供に
    破棄されると思います。駅舎は廃止前になぜか外壁を更新しています。映像はその直前。

   

    6 名鉄美濃町線 新関駅
    駅庭の石は、どこもブレーキの鉄粉を浴びてこの色。50年以上浴びた鉄粉もあと何日。
    600V線の廃止は、極近い将来必ず後悔する日が来ます。駅舎は宿泊施設が追加された最終の姿。

   

    5 日立電鉄 久慈浜駅
    元・庭です。これだけ人を減らすと・・・・。駅舎も後ろの車庫も近代化されたのに・・・・。 
    
   

     茨城交通 阿字ヶ浦駅 
    海水浴客で賑わった駅。国鉄上野駅から客車が乗り入れた時期も。
    構内は長く、蒸機用の大きな水タンクも残る。今はひっそり。
    松を主に柘植で作庭。秋には剪定される方がいるようです。

   

     南海・貴志川線 伊太祁曽駅
    槙の樹齢から、南海より前の和歌山電軌か和歌山鉄道の頃の作庭?
    お約束の「松」が有りません。後にキンモクセイ(中央)を松の代わり植えた?
    手は入っています。後ろの建物は乗務区。隣は実用本位の駅舎。再整備により無くなりました。 

        

   2 近鉄 内部線日永駅
   久しぶりに訪れたら無人駅になっていました。        駅舎側。元はどんなカタチだったのでしょうか?
   あんなに駅員さんがいたのに。                 向こうの自転車置場あたりに、以前小さなピットが
   ジャンクションのデルタホームは大抵あります。       ありました。その昔の単端ガソリンカー用
   乗り換え客を楽しませたこの庭は作庭時と異なると思う。 だったりして。

    

     三岐鉄道 北勢線 阿下喜駅
    比較的新しく三重交通時代の作庭と思います。刈り込みの木が主です。
    近鉄時代末期に駅は無人化され、直前に売店も閉鎖。AM11頃だったか2時間電車が来ませんでした。
    現在、駅を改築中でこの庭と駅舎は残るか?