Canon

   

   

    27 PowerShot TX‐1
    広角側の換算39oはやはり不便でスナップには辛い。換算390oに挑んだが動きの遅いでも片手で
    追うのは大変でピントも遅いし合っているかその場では判らない。動画を主に開発されたと思うがこちらは
    撮らないので解らない。操作性にやや難があるが面白いカメラです。後継機が出なかったので売れなかったか? 
     上画像 オート f5.6(開放) 1/640 ISO160 焦点距離 65o(換算390o)
     換算 39〜390o  1/2.5型  740万画素  SD使用  電池NB-4L  2007年4月発売  

   

   

    26 PowerShot S80
    S40から始まったレンズカバー開閉型の最終モデル。この頃はコンパクト機のハイエンドモデルで
    レンズの広角側が28oになり便利、モードダイヤルの位置が変わり、コントローラーホイールの
    採用等操作性の向上が図られている。友人から頂きましたが個体にチョットした不具合がありますので
    参考として下さい(上画像)新たに入手出来ましたので雨天で試して見ました。
     換算 28〜100o  1/1.8型 800万画素  SD使用  電池NB-2LH  2005年9月発売

   
                                              
   

    25 IXY 400
    本機からCCDが1/1.8になったので購入し街道歩きや京都巡りのメイン機として使用。
    華やかな映像で、バンバン撮るようになり夕方になるとバッテリー切れになるようになったので
    電池を買い増しした。街道歩きでも森の中に入るとダメ、日中でも最望遠側でピントが来ないので
    ファインピクスと交代しました。リコールを知ったのは終了直後、その時は動いたがやがて
    お亡くなりました。悔しいので探していたらやっと見つかったので改めて撮ってみた。暗部補正を
    掛けると何とかなる(未補正)  オート 換算35mm f2.8(解放) 1/8秒 ISO表示なし 一脚使用
       換算 36〜108o  1/1.8型  410万画素  CF使用  電池NB-1LH  2003年3月発売

   

   

    24 PowerShot G‐3 
    年毎に進化を遂げ本機から4倍ズームレンズになった。改良が続くも起動の早さは変わらない
    AFはやや速くなったような気がする。信頼性の高さは当時のコンパクトカメラでは一番と思う。
    作り込みも良く作動の速さを気にしなければ今でも十分楽しめるカメラ。
     換算 35〜140o  1/1.8型  410万画素  CF  電池BP-511  2002年11月発売 

   

   
                                            オート f2.8(開放) 換算 35o  1/8秒  ISO データなし(最大400)
    23  PowerShot S45 
    S40の後継機。AFが3から9点測距に、映像エンジンが新しくなった位で使い勝手は変わらない。
    本機もG3とほぼ同時発売。写りは良い。スライドカバーは相変わらずで開閉は両手でゆっくり行う。
         換算 35〜105o  1/1.8型 410万画素  CF使用  電池NB-2LH  2002年10月発売

   

   

    22 IXY 320 
    200aの後継機でCCDが320万画素になった。操作や色合いは変わらないが画素UP、9点測距AF、
    新エンジン搭載になった。問題はバッテリーでNB‐1L/1LHを6個持っているが1個は全くダメで他も
    弱っている上にボディが発熱し交換しながらの撮影だった。いずれ電源アダプターを自作しなければならない。
       換算 35〜70o  1/2.7型  320万画素  CF使用  電池NB-1LH  2002年10月発売

   

   

    21 PowerShot A200
    普及機A2桁シリーズの下のローエンドシリーズ。コストダウンの為に色々工夫してある。
    ファインダーが大きく便利。各動作も当時のエントリー機としては速い方。レンズがf2.8で
    3点測距等拘りもある。写りは条件を選びます。色合いはキヤノンらしいコッテリ味です。
     換算 39o  1/3.2型  210万画素  CF使用  単三X2本  2002年6月発売  

   

   

    20 IXY 300a 
    200aと同時に発売され、こちらは3倍ズーム機。前年秋発売のS40から各機種とも大幅に改良され
    この年は新製品ラッシュとなった。本機も操作性が良くなり、ISO400まで使える。写りも良く従来
    苦手だったシーンにも使える。晴れた日の屋外ならネガカラーフィルムと遜色なくなったと思う。
      換算 35〜105o  1/2.7型  211万画素  CF使用  電池NB‐1L/1LH  2002年4月発売

   

   

    19 IXY 200a
    CCD問題でかなりバズレを引いた。綺麗な物も200aの文字が擦り切れていたのもダメだった。本機も
    CFスロットの蓋のツメが割れている。200のマイナーチェンジ版だが中身はかなり変更されていて
    安定した写りをする。大きさ質感も良い。各動作の速さも良く、オートで普通に撮れる様になっている。
     換算 35〜70o  1/2.7型  211万画素  CF使用  電池NB‐1L/1LH  2002年4月発売

   

   

    18 PowerShot A100 
    単焦点・低価格の新シリーズ1号機。2ヶ月後に210万画素のA200が出ているのでこれを買った人は
    面白くない?低価格機ながら基本性能は良さそう。電池BOXの蓋が華奢でトラブルが出たと思う。
    電池を入れたが作動不安定、そこで外部端子からエネループ3本(メーカー指定3.15V)で送った。
    単焦点なのに起動がやや遅いが後は普通。マクロ時5〜20pなのでこちらで撮ってみた。    
     換算 39o  1/3.2型  130万画素  CF使用  単三X2本  2002年3月発売  

   

   

    17 PowerShot A40
    A10/20に続くエントリー機。やや大振りながらレスポンスも悪くない。プログラム、マニュアル露出が
    出来るがこのクラス必要?キヤノンらしい色合いです。単三4本で扱いやすい。
     換算 35〜105o  1/2.7型 211万画素  CF使用  単三X4本  2002年3月発売

       

    番外 WP‐DC200s
    A10〜A40用の防水ケース(ハウジング)です。キヤノンと共にオリンパスも多く出している。
    メーカーは「雨天時や海辺、スキー場での撮影のほか、水深30m以内での水中撮影を
    楽しむことができます」と案内しています。中身はA40を入れていますがこれには
    水中モードは有りませんから「水中撮影を楽しむこと」は大変だったと思う。

       

   

    16 PowerShot S30
    S40(410万画素)から330万画素にした廉価版。この2機種から新シリーズになり、高級感ある
    デザインで光学ファインダーもあります。操作にチョット戸惑ったりレスポンスがやや遅いとか
    ありますが慣れれば問題なく使えます。写りはS20に比べると断然良くなっています。
    S30/S40から各シリーズの画質が向上しキヤノンの攻勢が始まりました。
       換算 35〜105o  1/1.8型  330万画素  CF  NB-2L  2001年12月発売

   

   

    15 PowerShot S-40 
    S40から新シリーズになりIXYとの棲み分けもハッキリした。G2の機能をコンパクトに凝縮した
    という。使ってみるとズームレバーが小さく、ストロボ設定が続かず戸惑った。白トビをこの
    時代としては普通か。色合いはコッテリ気味で華やか。敢て、ヒルトンホテルの恒例LGB
    クリスマストレインを撮ってみた。条件が悪いと3点フォーカスですがピントを外すものの
    全体によく頑張っている。電池の持ちは手元の電池が弱っているので判らない。
    上画像 オート f/3.5(開放) 1/8秒  ISO 記録なし(最大400)  焦点距離 換算約60o  一脚使用
     換算 35〜105o  1/1.8型  410万画素  CF使用  電池NB-2L  2001年10月発売

   

   

    14 PowerShot G2
    G1からは画素数UPの他に細かな改良が改良があったものの大きさや重さ、各作動の遅さは
    変わらない。絵作りを優先させたのかも?写りは安定していて色合いも自然で良い。
     換算 34〜102o  1/1.8型  410万画素  CF使用 電池BP-511  2001年9月発売 

   

   

    13 PowerShot A10
    廉価版のコンパクト機としてA-20と共に新Aシリーズが始まりA95/A85まで続きます。A-20は211万画素。
    やや大きい分、手に馴染み扱いやすい。写りは着実に改良されているのが見取れます。
     換算 35〜105o  1/2.7型  130万画素  CF使用  単三X4本  2001年6月発売  

   

   

    12 IXY 200
    よく売れたIXY DIGITALの後継機で画素数、本体サイズ等は変わらないが「原色フィルタ」に
    なり「新映像エンジン」が入って色々改善されたようです。起動はやや遅いがAF、書き込みは
    この時代としては良い方。写りは全く別物になりコッテリ気味でコントラストも強くなりました。
      換算 35〜70o  1/2.7型  211万画素  CF使用  電池NB‐1L/1LH  2001年5月発売

   

   

    11 PowerShot A20
    A10と共に出た普及機の新シリーズでこちらは画素数が大きい。扱い易く各動作の速さは
    この時代としては起動以外良い方です。造りが良く発色は素直で普及機としては大変良い。
     換算 35〜105o  1/2.7型  211万画素  CF使用  単三X4本  2001年5月発売   

       

       

    10 IXY 300
    APS時代の名残が有るデザインです。主としてファインダーで撮りますがフィルム時代が
    長かった私には良い。十字キーは無くディスプレーもその都度ONしなければなりませんが
    レスポンスもまあまあで、使い勝手は悪くない。唯、この重量は辛い
      換算 35〜105o  1/2.7型  211万画素  CF使用  電池NB‐1L/1LH  2001年4月発売

   

   

     PowerShot G1
    Gシリーズの1号機でEOSのサブ機というコンセプト、コンパクト機のフラッグシップモデルとして
    今も続いている。厚めのボディで手にすると意外に重い。起動が遅いのが難だが難しいシーンでも
    露出、ピントは合い色合いもは良い。多彩な機能を持つのでじっくり試してみたい。
     換算 34〜102o  1/1.8型  334万画素  CF使用 電池BP-511  2000年10月発売  

       

   
                                                   ixyをいただいた先輩の作品
     IXY DIGITAL
    先輩のところからやってきました。APSのIXYと変わらぬデザインで高級感があり良く売れた。
    動作は多少遅くてもなんとか実用の範囲になって来ました。専用リチューム電池になりました。
      換算 35〜70o  1/2.7型  211万画素  CF使用  電池NB‐1L  2000年5月発売




  PowerShot S100 DIGITAL ELPH    IXY DIGITALの
  北米仕様でキヤノン公式HPの画像はこちらが使われている。
  ELPH はAPSフィルム使用のIXYの北米ブランド。
  その後、IXY300はS300 IXY200はS110・・・
  後に製造されたPowerShot S100は国内、北米とも同名。
  「バッテリーを交換してください」と言って来るが
  北米仕様は日本語表示に変更出来たようです。







       

   
                                                           八百津祭
     PowerShot S20
    A5から始まったシリーズの最終モデル。センサーが1/1.8型334万画素になりレンズも2倍ズームに
    なったがバッテリーをそのまま引き継いだので大きさは変わらない。この辺りはカメラメーカーと
    家電メーカーの違いか?。バッテリーが弱っているのでレスポンスが悪く本来の性能が判らない。
     換算 32〜64o  1/1.8型  334万画素  CF使用  電池NB-5H(Ni-MH)  2000年3月発売

    

     PowerShot S10
    A50からスペックアップしてSシリーズが生まれました。問題はバッテリ−で手持ちの物は全てお亡く
    なりになっている。そこで蒲鉾板で形を作り単三X5本と繋いだが動作が不安定で6本にしたら安定した。
    動作は電源が強化されたせいかやや速くなった様な気がする。A50よりチョット良くなり同期生達との
    差も無くなった。冬の日差しの中、白トビは避けられないのでアンダー補正した方が良かったかも。
     換算 35〜70o  1/2型  211万画素  CF使用  電池NB-5H(Ni-MH)  1999年10発売  

   

     PowerShot A50
    A5zoomの改良版でスペックアップされているが専用ニッケル水素電池は継続された。
    レンズは28mmからの2.5倍ズーム!!使い勝手、色合いも改良されたが未だしの感。
     換算 28〜70o  1/2.7型  131万画素  CF使用  電池NB-5H(Ni-MH)  1999年4月発売   

       

    4 PowerShot A5
    パナのOEMから自社製に戻った。APSのIXY風のデザインで高級感がある。ニッケル水素の
    大型バッテリーを使用しているのでフィルムのIXYや同期のフジのファインピクス700に比べると大きい。
    写りはフジのファインピクス700より落ちる。価格74,800円(CF・8MB付) 電源キット10,000円別売
     換算 35o   1/3型  81万画素  CF使用  電池NB-5H(Ni-MH)  1998年4月発売

   

     PowerShot 350
    600Nの続きはパナソニック製OEMになりました。液晶モニターの見栄えとバッテリ−の消耗を考慮すると
    ファインダーが有った方が良いが電気屋さんの矜持か。CF、単三X3本使用で汎用性が高くなりました。
    撮影間隔の長さが気になりますが本体の高級感が補ってくれます。  無謀庵様提供
       換算 43o  1/3型  35万画素  CF使用  単三X3本  1997年3発売    

       

     PowerShot 600                        PowerShot 600N 無謀庵様提供
    同社が一般用に発売した最初のデジカメ。カメラメーカーらしく大きなファインダーが有りその下に
    レンズがあります。液晶モニターは有りません。外観は安っぽいプラですが隙間に合わせた専用
    ニッカド電池が付き、外部記憶はPCカードType3、レンズカバーシャッタ−と電源スイッチが兼ねる。
    翌年発売された600Nは外観、操作性とも変わらずAFの速度が改善されたという。
      換算50mm  1/3型  57万画素  PCカード   128,000円
      1996年8月発売                         1997年2月発売 

       

    専用充電器。CB-15N 10.5V 2.0A               左からPCカードアダプターSM用、CF用
    専用ニッカド電池。NB-6N 7.2V 700mAh           ワイドレンズコンバーター WC-PS28
    一部無謀庵様提供                       *スマートメディアを使用するPCカードアダプターで試みたが失敗。


                               
                                     伴にしたカメラ