犬山祭 本楽祭

          犬山・針綱神社の祭礼で毎年4月第一日曜日に行われる。この日は京都へ出掛ける事が多く
          関心があったが果たせないでいた。この年、屋根神さまの撮影も兼ねて出掛けたが噂に違わず
          素晴らしい!時間と気持ちが中途半端になり残念な結果になった。特にハイライトの神社前の
          からくり奉納は良い場所が取れなかった。次回はここをメインに早くから場所を確保して撮りたい。

   

    13台の山車が各町内から針綱神社前に向かう。          寿老臺(鍛冶屋町)
    住吉臺(熊野町) 

   

    本町交差点で転回する住吉臺。                    石橋臺(練屋町)

    

    城下町らしい街並みの中を行く。西王母(中本町)          浦島(新町)

   

    絳英(名栗町)                               宝袋(余坂町)看板の「犬山名産荵苳酒」は江戸へも
                                            送られていた。薬用酒で大変甘くリキュール類。

   

    山車の左に犬山城天主望楼が見える。                針綱神社前駐車場に整列。

   

    國香欄( 錬屋町)文殊人形の前で唐子が牡丹の花を持って踊る。

   

    遊魚神(枝町)戎様が鯛を釣るですがこの画像では(汗)     應合子(下本町)大中小の唐子いて中唐子が大車輪をする。

   

    西王母(中本町) 唐子が四段の綾棒を渡って桃の実を採りに行く。

   

    奉納を終えた山車が各町内に戻る。                 住吉・白楽天(熊野町)住吉人形と白楽が問答をする。


                                   
                                              街歩き