犬山祭

          犬山・針綱神社の祭礼で毎年4月第一日曜日に行われる。 前日の試楽祭はこちら



 針綱神社前で奉納からくり撮りったが
 AM9:50頃から始まって終わったのが
 PM4:00頃まで連続して行われるので
 どこへも行けず困ったが、からくりは
 見応え充分!夜、山車に 提灯点灯し
 城下の練るが疲労によりPM5:00頃
 犬山を後にした。今回も帰りの電車は
 座れたが、犬山祭りは名古屋方面には
 人気が無い?


 ’19.04.07




     


    枝町  遊魚神(山車名) 遊魚神(からくり名) 
   

                                           唐子が舞う

     
     神が鯛を釣り上げる。神の目が動く                   唐子が鯛を受け取り舞う


    魚屋町  眞先(山車名) 乱杭渡(からくり名) 
   

                                          柱の上を上ってゆく

     

    ブランコに飛び移り遊ぶ                         掛け軸に替わる


    下本町  慶合子 慶合子
   

     

    唐子を肩に舞竹に移るんですが・・・                回転する


    中本町  西王母 西王母
   

                                          左端の枝から順次移る

     

    最後は巻物に移る                           額に変身し巻物が下りる


     

    坂下大本町
    小母衣を背負って現れる


    熊野町  住吉䑓 住吉・白楽天
   

     

    白楽天はお社頭に変身し続いて住吉が神橋に変身するのですが撮り損ないました(恥)


    新町  浦嶌 浦嶌                        
   

                                          大貝が割れ乙姫が現れる

     

    乙姫から玉手箱を手渡される                     玉手箱を開けると大きな音と煙がでて
                                           翁に変身する。煙が中々去らず不鮮明。





 鵜飼町

 大母衣














    本町  咸英 唐子遊び
   

                                           左片手で台に飛び付く。右手に持つバチが背越に見える

     

    太鼓を打ち鳴らす                            小唐子が台を回す


    練屋町  國香欄 石橋獅子
   

    この頃から完全な逆光になりフレア出ます             唐子が牡丹を左手に持ち舞う。

     

    右手で牡丹を採る                            台にかざすと開花し獅子が現れる


    鍛冶屋町  壽老䑓 石橋
   

                                           唐子が楽しく舞う

     

   牡丹の入った箱を正面に移す。見守る寿老人。           箱が割れ唐子が飛び出し一方の唐子は獅子に変身






 内田町

 子供競子
 餌刺組と鉄砲組













    名栗町  絳英 菅原伝授手習鑑
   

                                           唐子が梅の鉢を持って遊ぶ

     

    左大臣が枝を抜き取る                        深紅の花に変わり唐子が持って遊ぶ


    寺内町  老松 淡路島
   

                                           神人と巫女が舞う

     

    巫女が島の鳥居に変身                        神人は社殿に変身


    余坂町  寶袋 二福神
   

                                            大黒が舞う

     

    宝袋が割れ恵比寿が現れる                      恵比寿が舞う


    外町(蘇登町)  梅梢戯 梅梢戯
   

                                           大唐子が太鼓を叩いて遊ぶ

     

    小唐子が枝に飛び付き逆立ちをする                 小唐子が太鼓を叩き大唐子は合わせて舞う

   

    からくり奉納が済むと針綱神社から神輿が出て宮司、巫女が続く


   

    夜山車の準備が進む

      

          犬山・針綱神社の祭礼で毎年4月第一日曜日に行われる。この日は京都へ出掛ける事が多く
          関心があったが果たせないでいた。この年、屋根神さまの撮影も兼ねて出掛けたが噂に違わず
          素晴らしい!時間と気持ちが中途半端になり残念な結果になった。特にハイライトの神社前の
          からくり奉納は良い場所が取れなかった。次回はここをメインに早くから場所を確保して撮りたい。 ’10.04.04

     
                           
    13台の山車が各町内から針綱神社前に向かう。            寿老臺(鍛冶屋町)
    住吉臺(熊野町) 

     

    本町交差点で転回する住吉臺。                      石橋臺(練屋町)

      

    城下町らしい街並みの中を行く。西王母(中本町)            浦島(新町)

     

    絳英(名栗町)                                宝袋(余坂町)看板の「犬山名産荵苳酒」は江戸へも
                                             送られていた。薬用酒で大変甘くリキュール類。

     

    山車の左に犬山城天主望楼が見える。                  針綱神社前駐車場に整列。

     

    國香欄( 錬屋町)文殊人形の前で唐子が牡丹の花を持って踊る。

     

    遊魚神(枝町)戎様が鯛を釣るですがこの画像では(汗)      應合子(下本町)大中小の唐子いて中唐子が大車輪をする。

     

    西王母(中本町) 唐子が四段の綾棒を渡って桃の実を採りに行く。

     

    奉納を終えた山車が各町内に戻る。                  住吉・白楽天(熊野町)住吉人形と白楽が問答をする。


                                   
                                              街歩き