愛知県

     

    豊橋 6 
    豊橋駅ナカの壺屋の「うどん」駅ナカが今風に改装され充実しましたがこの店は奥まった場所に
    移転しました。汁は昔ながらでやや醤油辛い。うどん激戦地区だけに駅うどんとしては上と思う。330円(税込)

     

    名古屋 2 
    ハートフルスクエア マロン (八事日赤病院内)の「天婦羅定食」。誘われてランチを食べに
    行きました。うどんから和洋食、スイーツ、弁当等メニュー、ランク共幅広くある。内装は今風の
    作りでカウンター越しに若い女性がキビキビ調理に勤しんでいるのが見える。隣が医師やスタッフの
    専用エリアで病院内であることが伺える。天婦羅の海老はお頭付き、蟹もある。子鉢は高野豆腐と
    ひじきの煮物。コスパ大。1500円(税込) 店頭の画像を撮りたかったが病院内なので自粛しました。

.     

    名古屋 1 
    大須万松寺通りに昔からある鈴木商店の「肉入り焼きそば」。大須界隈は近年、若い人と外国人が
    増え往年の賑わいが戻ってきた。あっさり味でキャベツ、麺とも柔らかで私には丁度良い。260円(税込)

     
                                                   Nikon COOLPIX900で撮影  UP許諾済
    番外   
    南山大学・学祭の模擬店の「塩焼きそば」焼く前の油が多いのかキツかった。アマとプロの差か。
    模擬店の食べ物は味わうより雰囲気を楽しむ物だから良しとしましょう。300円(税込)

     

     

    足助
    参州楼のランチバイキング。以前は三州足助公社運営のレストランだったらしいが、運営者が変わり
    昼はバイキング店になった。入店したら客も少なく静かで安心。メニューは和洋中色々で特別の物は
    無いがそれぞれ無難な味。この他にうどん、ラーメン、ご飯物やドリンクバー、スイーツ等がある。
    価格は平日、土休日、メニュー選択、年齢により細かく別れる。972円(税込) ドリンクバー・デザート無 土休日・シニア料金

     

 


  豊橋 5 
  玉川の「豊橋カレーうどん」(左)決まりのウズラの玉子に
  カボチャ、なす、チキンカツが加わる。カレーが一般店に
  比べスパイシーで粘度も高く太打ちうどんに良く絡む。
  量がやや少なめ。食後のメロンが又良い。豊橋駅に
  近いので昼時は込み合う。910円(税込)
  「にかけ(うどん)」(右)あっくんが食べたが、ベーシックな
  メニューだけに豊橋のうどん店では各店拘りがあるらしい。
  うどん好きにはこちらが良いかも。豊橋市広小路






    

    豊橋 4
    豊橋では「豊橋カレーうどん」で地域起し中、旗がいっぱい立っています。「勢川」を選んだ。
    パンチの効いたカレーうどんで下にとろろご飯があり二度楽しめ何れも美味しい。最初から
    全体を混ぜて食べている人がいたが次回試してみよう。昼時は込み合う。820円(税込)

     
    
    豊橋 3
    「豚汁めし」を「やまに食堂」食べた。具は豚肉、豆腐、葱のみで味噌は八丁味噌のようで
    美味しい。店内に設えも上品で昭和の香りいっぱい。500円(税込)豊橋市駅前通2

     




 豊橋 2 
 宝来亭の「カツライス」地元お馴染みさんの店で
 右手の人はトンカツをつまみながら昼ビール。
 直後に10人位のグループが現れ殆どがカレーを
 注文。昔ながらの街の洋食屋さん。650円(税込)
 豊橋市新明町(電車通り沿い)








      

    豊橋 1
    豊川では「稲荷寿司」でB1グランプリにも参加し町興し中。稲荷寿司といえば豊橋駅・壺屋の駅弁
    「稲荷寿し」甘みの強いこってりした懐かしい味。新幹線が開業する前、ホームや車内で求められた
    方も多いと思う。当時は5個入りだったが今は7個入りで500円、駅構内や駅ビル等に売店がある。

     

    岡崎 2
    萬珍軒のランチ。以前ラジオCMで盛んに流れていたので訪れた。大きな店でランチはご飯物と麺物が
    各5種類あって、その中から「白身魚の甘酢煮」を選んだ。揚げた魚と甘酢あんがうまく馴染んで美味しい。
    コーンスプーが付いて740円。昼は込み合うので時間をずらした方が良いかも。

    

    岡崎 1
    町興しの「まぜめん」各店で内容が異なる。ラジオCMで聞いた大正庵釜春で食べた。850円

       

    豊田
    昭和の雰囲気がそのまま残る「上坂商店」の「五平餅」。地元の常連客は先ずこの関東煮(一本90円)を
    食べ、人によっては缶ビール(300円)を飲み、締めに五平餅を食べます。



 五平餅の南限は豊田市北部で、北は木曽・飛騨地方
 になりますが今は名古屋市内でも食べられます。
 
 上坂商店の五平餅は餅がふっくらしていて美味しい。
 タレはあっさりしていて餅とのバランスが良い。
 お婆ちゃんが丁寧に焼き上げます。1本150円。

 小判形が多いがここは御幣形です。







     

    最初に豚の煮汁を掛け炒めた後、キャベツと炒める前にもう一度掛ける。最後に特製ソースを掛ける。

     

    瀬戸
    ひろみ屋菓子店の「瀬戸焼きそば」創業60年で菓子と焼きそば、お好み焼き、おでんを売る懐かしい店。
    今は、菓子の販売は少なく料理物が主で大人がメインかビールもあり元気なおばあちゃんが一人で切り盛り
    している。瀬戸焼きそばは、具が豚肉とキャベツのみで焼く途中に醤油で味付けされた豚肉の肉汁をかけ
    最後に煮た豚肉を加えウースターソースで味を調える。あっさりしていて麺も柔らかく大盛をスンナリ食べ
    られました。大盛400円(税込み)味噌おでんは全て1本50円(税込み) おばあちゃん元気で続けて下さい!

     

    一宮 2
    「ICHMIN」のモーニング。市役所の11階の南東にあり、晴れた日には御岳や名古屋のツインタワーが見える。
    サラダ、タマゴサンド、トーストバター&小倉にあられ&ピーナッツの子袋。400円(税込)

     

    一宮 1
    創業110年「太田屋本店」のうどん。メニューはこれのみ。細麺でコシは無く、味噌は甘口でクセも無く
    かしわは歯応えがある。昔ながらの味わいで、往時はこのタイプが普通だった。客は常連さんで
    賑わう。名古屋メシブーム?はここまで来ないが丁度よいかも。750円(税込)玉子50円(税込)

    

    半田
    半田名物・田中屋の「生せんべい」子供の頃から馴染んでいます。今は名古屋市内の
    大型スーパーでも買えるので本店まで行く人は少ないのか日曜定休でした。半田市内なら
    各所で買える。「ういろう」に似ていて甘味がやや強い。(左)324円(右)216円(何れも税込)