静鉄 駿遠 (藤枝口)

         国鉄駅前右手に趣きのある新藤枝駅・駅舎がありました。大手工場はナローには大きい方。
         こちらの方が人気があり、雑誌、単行本等に多く紹介されています。
         大井川橋梁と相良へ行きたかったが機会を逸してしまった。
         1964年(昭和39年)9月 新藤枝〜大手間廃止
         1968年(昭和43年)8月 大井川〜堀野新田間廃止
         1970年(昭和45年)7月 新藤枝〜大井川間廃止。

    新藤枝〜大手
    
       

   新藤枝 1
   現況。静鉄バス駐車場になりました。            DD501。自社製BB液体式大出力機関車。ラッシュ時
   右、瓦屋根の家が今も残る。                 専用車の様でした。手動式燃料タンクも懐かしい。

       

    新藤枝瀬戸川 1                     新藤枝 2
    新藤枝付近の線路跡は失われたが            キハD20。昭和36年大手工場にて車体新造製、
    やがて田沼街道(左)に沿って歩行者           袋井工場組立。最終形式で再度トルコン式に
    自転車道路となって現れる。                 なった。

       

    新藤枝瀬戸川 2                      新藤枝 3
    田沼街道と分かれる辺り。踏切状態が            ハ12。旧藤相鉄道。大正2年日車製。
    今も残る。                             シングルルーフに改造されている。
         
 
    新藤枝〜瀬戸川 2                      ハニ1
    瀬戸川橋梁は歩行者・自転車橋として            旧藤相鉄道。大正13年名古屋電車製木造車。                       
    架け替えられた。                         この頃は小荷物も結構あった。         

             

    藤枝本町
    ペンキ屋さんの倉庫になっている。             延喜式の古社・飽波神社の脇を走っていた。 
    地元の方の話では駅の位置は変わってないそうです。

           

    大手 1
    左中央の駐車場が線路跡か?白い            キハD5。旧中遠鉄道キハ3のバケットカー。 
    建物が駅・工場跡に建つ本屋。               昭和10年東亜工作所製。

       
    
    大手 2
    駅舎は東海道(国道1号線)に面していた。        キハD20。行き止り駅なので入換え中。
    今は銀行になっている。                    車掌さんが忙しそう。
    .
       

    大手工場
    工場跡はバス車庫になったが今は郊外形の       キハD8。旧藤相鉄道。昭和6年日車製。    
    本屋と銀行になっている。 

    新藤枝〜大井川

 

    
       
  
     茶畑を行く。
 
       

    大井川 駅
    最後の頃。新藤枝から6.3Kmの短区間に
    なってしまいました。
 
       
    
    上新田駅
    駅員さんがタブレットを受取っています。          こんな短区間でも交換をしていました。
 
       

    大井川橋梁
    フルオープン!    N先輩 写  1968年(昭和43年)8月

 






 藤枝市郷土博物館に展示中の
 「B15」 昭和23年立山重工製
 8t機。昭和27年まで使用したと
 記されている。



        1964 1966 1970年 撮影 
        静鉄駿遠線研究家 中村 修 氏の記事を参考にさせていただきました。 

          静岡線      静岡市内線        駿遠西線(袋井口)     
          秋葉線      清水市内線