奈良庭園巡り

     吉城園
     興福寺子院摩尼珠院あった所とされるが、明治期に民間所有になって
     大正8年(1919)現在の建物と庭園になった。昭和の終わり頃奈良県が
     所有、平成元年開園した。良い庭で手入れも怠らない。東大寺の近く
     だが静かで、入園者は偶々か私を含め二人で一人はすぐ帰り、貸し切り
     状態でゆっくり散策出来た。入園無料で近くに住んでいたら毎日でも行きたい。

     

   正門                           入口。鹿除けで門は手で開ける

     

   池の脇から入る                     建物に入ることは出来ない。玄関は反対側
                               建物は高級ホテルになるらしい

     

   主屋は三方に開けている。大きな沓脱石          池の庭越しに見る

     

   主屋から池越しに東屋を見る               南側の縁側は長く大きな縁先手水鉢がある 

   

   蔵                        滝           続いて渓谷。橋が掛かる

     

   離れ茶室。「羅浮山」の額と騎馬武者の杉戸絵       東側から見る。

     

   茶室                           蹲と風雅な灯籠

     

   苔の庭への路地。大きな木柱の基礎を転用?       中央にも基礎石がある

     

   苔の庭。杉苔で覆われている               灯籠と手洗い鉢
   良質な地下水脈が流れているらしい

     

   茶花の庭エリアは新しく作庭されたようで他のエリアと異なる感じがする
   新しい東屋                       この作庭も新しい?

     

   吉城川に沿う道                     離れ茶屋の下の道

     

   あずまや                        あずまやから見た池庭と主屋

     

   依水園。定休日の火曜日に加え水曜日も          吉城川を挟んで吉城園と接する。
   臨時休園。秋がよさそう、でも美術品は判らない

     

   入江邸への道筋。立派な家が続く             杮葺き?の門と立派な蔵

     

   入江邸左の蕎麦や。一日30食限りらしい(開店前)     入江邸右の五風舎。夏季休館

     入江泰吉旧居
     奈良の仏像、風景、伝統行事、万葉の花等を撮り続けた写真家。
     健在な頃、写真展や本を買って同氏が写された所へに出掛けたり
     したが同じ場所に行っても同様な写真は当たり前ですが撮れなかった。
     吉城園のすぐ近くで寄った。写真や機材は奈良市写真美術館で公開。
     
     

   門。この界隈らしい佇まい                 玄関。土間はなく直接部屋に入る

     

   玄関前の庭                       客間。泰吉書の掛け軸が掛かる

     

   客間接する応接室?                    茶室。入口の部屋からも入られる

     

   プライベートの部屋?

     

   書斎とアトリエ。船底天井になっていて          アトリエ。書道や絵画の筆が並ぶ。
   2灯付いている                     木立の先に吉城川
                                
     

   吉城川沿いの散策路。脇に石仏もある(割愛)       庭から吉城川へ降りる階段

     

   暗室。主屋から庭を通って入る。             暗室内部。広く右にタイル張りの流しが続く

     

   奈良ホテル。直接見えないが猿沢の池やならまち通りから近い

      旧大乗院庭園
      大乗院は興福寺の門跡寺院。庭園は一時期荒廃したのを室町時代に
      慈照寺(銀閣寺)を作庭した善阿弥によって池泉回遊式庭園改造された。
      明治初頭まで南都随一の名園と言われ1958年国の名勝に指定された。
      1994年から発掘調査が行われ案内板にもある「大乗院庭園四季真景図」を
      元に復元工事がされ2010年一般公開された。
 
     

   奈良ホテル駐車場から入った。北池とメシマ         案内板。江戸末期の絵図を示す

     

   西小池とヲシマ                      東屋を南池。東屋は発掘調査から
                                同位置、規模で建てられた。

     

   東屋と朱色の反橋。木立の先に奈良ホテル。        中橋(奥)と三ツ島(右)文化会館二階から撮影。

     

   天神島。渡島禁止                     中島と反橋。渡れる

     

   名勝大乗院庭園文化館。大きく立派な施設で資料や模型を展示。

      瑜伽山園地
      明治期から大正期にかけて、山口財閥の当主だった四代目山口吉郎兵衛の
      南都別邸跡。1951年裁判所になり2005年奈良県の所有となった。復元整備を
      行い2020年一般公開。入口側三分の二が和食店、奥がホテルになっている。
      散策路が新たに整備され旧の道は通行禁止になっている。山口氏は美術品
      収集家でもあり、芦屋の本宅跡がコレクションを展示する「滴翆美術館」に
      なっている。風流人として知られていたので往時の別邸はもっと凝った物だったと思う。

     

   左奥が入口らしいが判らず「滴翆(和食店)」側から入った。入園無料で開園時間9:00~22:00
   枯流れに石橋が架かる                  復元された茶室と隣接する建物

     

   茶室                          十三重塔の手前に渓流

         

   池に新しい橋が架かる                  石橋

         

    竹林散策路の脇に鎌倉時代の物と            滝の水源。後方は茶室腰掛待合
    伝わる石塔。元々竹林だったか?

        

   滝と茶室付近に向かう渓流

     

   枯滝石組                        

     

   庭園前は浮見堂                      猿沢の池で一休み


                        
                               街歩き