一宮街並

          半田に続いて鈴木禎次作品を求めて一宮へ行った。一宮市周辺はよく行くが
          駅前、本町界隈は久しぶり。古い建物は少なくなり毛織物で栄えた面影も殆ど
          無くなっていたが市役所の建て替えと周辺の整備が進んでいて新しい街が生まれそう。

     

    昭和8年(1933年)竣工。旧尾西繊維協会ビル。2016年から「Re‐TAiL」として繊維やファッション等の
    テナントやイベントとして使われている。JR線の車窓からも見える。

     

    旧一宮商工会議所ビル。南に新会館が出来解体中。     旧勧銀一宮支店(現みずほ銀行一宮支店)

     

    名古屋銀行一宮支店                        いちい信用金庫一宮支店(旧住友銀行一宮支店)

     

    繊維問屋さん(左) 羅紗屋さん(右)毛織物関連の会社や店は見かけなくなりました。

     
 
    真清田神社。舞楽藤蔵さんがあります。           神社境内にて衣料や生地・糸を売る店も殆ど無い。

     

    本町アーケード。毎年七夕まつりが行われる。          七夕まつりに因み星座が描かれている。

     

    平日の日中は静か。                        鈴木禎次設計・旧名古屋銀行一宮支店は改修中。

     

    昭和の香り漂う鰻屋さん。一宮と周辺で             本町界隈には百貨店、グランドタマコシ
    鰻屋というと「なまずや」を思い浮かべる。            ダイエーの大型店が有りましたが全て無い。

     

    喫茶店の多い所で以前は各町内に有りましたが繊維産業衰退とともに減少しました。全国的に知られるように
    なった「モーニングサービス」は各店である。「一宮モーニングマップ」は100頁近くあり無料配布されている。

     

    「モーニングサービス」ばかりでなく建物でも競っています。郊外型店舗はタイプが異なる。

     

    昭和の雰囲気が残る。この界隈の店はお馴染みさんで支えられていて一見さんは入りにくい?

     

    一宮は平地で区画整理が終わっていて坂も無く自転車利用が盛んです。

     

    ICHMINのモーニング。400円(税込)市役所の11階の南東にあり、晴れた日には御岳や名古屋のツインタワーが見える。

     

    創業110年太田屋本店のうどん。メニューはこれのみ。細麺でコシは無く、味噌は甘口でクセも無く
    かしわは歯応えがある。昔ながらの味わいで、往時はこのタイプが普通だった。750円(税込)玉子50円(税込)


                                
                                          街歩き