岳南鉄道

          戦後開業した鉄道で貨物輸送が主。各駅のヤードも鉄道規模に比べ広い。
          今回訪問したのが正月で貨物輸送はほぼ休み。本吉原のヤードも無くなり
          貨物輸送量も前回訪問時程無い様。乗客も少なく単行で寂しかった。
          2012年3月末でJR貨物との貨物連絡運輸が休止されると報道されている。
          貨物輸送が無くなると同線の存続も危ういとも言われている。今回は3連休明で
          JRからの空車引取りと工場への押し込みが多く出荷は少なかった。 
          各駅の坪庭はこちらで紹介
 
             

    吉原 今も変わぬ佇まい。  ’04.01                   日中は全て単行でした。  ’12.01.10                               

       
 
     吉原駅。JRからの乗換え改札口も兼ねる。                           ’12.01.10 
     このタイプもいつしか少なくなりました。 ’04.01

 

    7001          吉原     ’16.04
                                 
       

     比奈            ’12.01.10

       

    本線牽引はED402。 比奈  ’12.01.10               小入換はED501。
    
                   
    
    比奈駅                                岳南富士岡車庫。ここも変わらない。              

       

    岳南江尾。駅構内も広く駅舎(無人)も大きいので余計寂しく感じる。

       

    モハ1103。開業時購入した木造車を昭和36年日車にて標準車体に鋼体化。左・吉原 右・岳南富士岡       

       

    モハ1105。昭和35年汽車製。地方私鉄初の          クハ102。国鉄のモニを駿豆鉄道が払下を
    ステンレス車体。当時は話題を呼びました。          受けクハに改造。開業に合わせ入線。
    機器はモハ106より。後に大井川鉄道に移った。
                                        
       

    クハ2101。モハ38の車体流用と言われるが           モハ5104。元東急5000系。2両編成で
    同車とは扉の数と位置が異なる。改造したか?         その頃は未だ乗客も多かったか。

       

    モハ7002。京王帝都電鉄のデハ3100形を           モハ7001。「2月23日 富士山の日」’12.01.10
    両運改造、ワンマンカー仕様になった。

       

    デキ2。昭和3年AEG製。宇部電鉄が輸入。           デキ3。大正10年東洋電機製。元駿豆鉄道。
    国鉄買収経て入線。レーマンを見るようです。本吉原     木造のデキで御覧のようにステーで補強。

       

    ED291。昭和2年日車製。豊川鉄道から            ED3011。昭和28年帝国車両で新造。
    国鉄買収を経て入線。予備機の様。

       

     ED321。昭和2年三菱製。伊那電鉄から           ED501。昭和3年川崎造船製。元上田温泉電軌。
     国鉄買収を経て入線。                     三河鉄道・名鉄を経て入線。                  

             

    ED402(左)とED403(右) 昭和41年日車製。松本電鉄から入線。松電時代はこちら。          

 
 
    モハ106の車体。武蔵野鉄道・西武鉄道を
    経て入線。機器をモハ1105に譲る。
 

       昭和39年(1964年)3月  2004年1月  2012年1月  2016年4月   撮影