飛騨高山

          我が家から高山は程よい距離で何度か訪れている。小さな町で
          のんびり歩いて回れる。京都とは異なる雰囲気でこれも良い。
          いつ行っても中心部は人が多い。観光客が余り来ない所を主に
          UPした。高山祭には来たことが無いが何れ訪れたい。

    

    飛騨国分寺。本堂(重文)と三重塔(重文)昔から駅を出ると最初はここへ。

       

    庚申堂と願掛け「なでさるぼぼ」                  「梅の湯」廃業。破風の下に「ゆ」の金文字。

     

    「神田湯」廃業。                           飛騨総社。延喜式。祭礼では親子獅子舞が奉納される。

    

    日下部邸(重文)明治12年(1879年)建築。                              

    

    八幡町保存区域                          蒲酒店。「三萬六千日」等、飛騨高山の地酒が揃う。

    

    櫻山八幡宮。例祭「秋の高山祭」で知られる。         大手水石

    

    必ず寄る「モンビル」左がスィーツ右がパンコーナー。     理髪店。

    

    八幡神社御旅所                           真宗大谷派高山別院照蓮寺・山門

    

    ノーブル美容室。閉店。この形の美容室流行しました。    人力車・ごくらく舎。新しくも伝統を取り入れた良い建物。

    

    大雄寺。領主金森長近が知恩院を摸して?ここに移した。山門。寛政3年(1791年)倒壊、文化4年(1807年)再建。

    

    曹洞宗雲龍寺。金森長近の長子・長則の菩提寺。       高山市図書館 煥章館。明治時代初期
                                          洋風木造建築の高山煥章小学校を再現。

    

    精進料理「角正」天保年間創業。建物、庭は          味噌、醤油「丸五」左の看板は「農産種子」(右書)
    200年以上経ているという。                    とあり戦前はそれらも扱っていた?

    

    臨済宗妙心寺派宗猷寺。鉄舟はここで禅を学んだ。山門と文政7年(1824年)落成の本堂。
    鉄舟は「命もいらぬ名もいらぬ金もいらぬ」という人。高山時代に書も学び、後に明治天皇の侍従を務めた。

    

    山岡鉄舟の両親の墓。飛騨郡代として赴任。         鉄舟寄進の観音堂。維新で殉じた人々の菩提を弔う?

       

    曹洞宗善應寺。本堂と地蔵堂。座禅体験が出来る。

    

    創業元和九年(1623年)「久壽玉」の平瀬酒造店。       創業元禄八年(1695年)「玉乃井」の二木酒造。

    

    糀屋柴田春次商店。いなか味噌、こうじ味噌等。        コンビニ。店内は他店と変わらない。

    

    創業寛政六年(1794年)料亭「洲さき」               創業宝暦4年(1754年)「長瀬」結婚式場の様です。

    

    鍛冶橋袂のみたらしやと秋葉社。                 宮川朝市。食品以外にこんな店も有ります。

    

    日枝神社。例祭「春の高山祭」で知られる。           一本杉白山神社拝殿。神仏混交時代の建造物。

    

    日枝神社御旅所。                          高山陣屋。

    

    麺屋「しらかわ」人気店で行列が絶えない。


                                
                                          街歩き