六華苑 秋の舞楽会 


 多度雅楽会による
 定例「秋の舞楽会」が’22年11月05.06日
 桑名・六華苑(旧諸戸邸)にて快晴の下
 開かれました。
 
 データが重くなったので分けました。
 2011年~’21まではこちら

 春の舞楽会はこちら

 振 鉾
 ’22.11.06





 安 摩

 龍宮にある宝玉を龍女が
 好むという雀の面を付けて
 盗み出す様を舞にした

 二人舞 蘇利古と番舞





 

 

 



 二の舞 安摩の答舞

 老爺が「安摩」の舞人に
 笏を乞うも断れる

 「安摩」の舞を真似をするが
 上手く舞えず疲れて退場

 「二の舞を踏む」の語源

 舞というより狂言の趣


 

 




 蘇利古

 酒造百済人の須須許理(すすりこ)が
 来朝し酒を献ずる

 蔵面を付け、白楚を
 持って舞う






 

 

 

    




 豊栄舞

 戦後、神社で女性が
 舞う様に作舞された
 別名「乙女の舞」と呼ばれる










 八 仙

 山に住む鶴の仙人8人が
 下界に降り舞う舞う様を
 4人で表す







   

 

   

 


 伽陵頻 胡蝶と番舞

 童舞いで極楽浄土で鳴く鳥の
 声と飛ぶ姿を軽快可憐に舞う。








   




 胡 蝶

 童が、蝶が山吹の花を
 飛び交うように優雅に舞う











 胡飲酒

 胡国の王が酒を飲み
 酔って舞った姿を舞にした








   

 





 長慶子

 皆様お疲れさまでした