丹波篠山城の刻紋

 


 丹波篠山城は慶長14年、天下普請
 により普請総奉行・池田三左衛門輝政の
 下、築城され石垣に多数の刻紋があった。
 同年、名古屋城築城が決まり池田輝政、
 福島正則、浅野幸長は引き続き名古屋城を
 担当した。加藤嘉明も双方に参加していた。
 名古屋城と共通の紋様が見られる。
 再訪し一部追加しましたが時間が少なく
 又訪れたい。 




 「三左ノ内」埋門

 「三左内」は名古屋城にもある。


 殆どが名古屋城共通なので篠山城の
 場合のみ注記します。
 

                                         


     

    蛇の目                                   ○に二(上下逆さ)

     

    バリエーションが多数ある

     

    轡

     

    轡と一引き                                一引きと繋がった久栖子

     

    久栖子                                   ○に一引き と 二  栗栖野・S氏邸にもある。

         

    ○に二つ引き                              ○に三つ引き

      

    ○に鱗                                  ○に枡?

     

    ○に大   祐筆さん見事!                   ○に九?  180°回転

     

    ○に小?                                 一つ引き通し抜簾

          

    輪違い                                   三つ金輪   

     

    ○に三つ星  (左)枡に枡掻き?                  ○に井桁?

     

    文字のようです。                            ○に遠山?

     

    左右とも分からない。                        文字のようです。

       

    ○に文字?

        

    ?                                     

 

    半円に一引き

      

    枡。栗栖野にもあった。                         枡に一つ星?

     

    枡に鍵形が入る。                            違い枡

     

    違い枡に直線が加わる(上下逆さ)                       

     

    村濃?(四角に対角線が2本)武将の家門としては少ない。    傍折敷に一

     

    枡に枡掻き?                              枡に二つ?三つ?星

 


 

    鱗

       

    二つ(対)鱗                                隅角石。

        

    これも各地である(下は鱗でない)                  阿部清明印。隅角石。  

     

    遠山 井桁(中に星あり) 鱗                     遠山  輪違い

      

    見事!打出の小槌。                          微妙に違う(上下逆さ)

     

    槌の簡略形?(上下逆さ)

     

    逆さ万字                             

 

    筋違いと輪違いが重なっている。

     

    判り辛いが「扇」                             

     

    扇に大?                              

     

    二つ団子                                 三段梯子

      

    「王」? 時計回90°回転                     左は「矢」  右は○に二引

      

    井桁                                   井桁の中に「中」槌?

     

    遠雁(上下逆さ)                             手杵 

         

    鍵                                     鍵の簡略形と思っていましたが違うという方もある。        

     

    車輪?                                   一つ引き通し抜簾と片車輪

     

    舵に似ていますが・・・何れも本丸にあった。

     

    文字のような?                             どこかで見た事が。鳥?
 
     

    ?                                     ?




 栗栖野の残石。二か所ある。

 S氏邸に集められた残石。
 同氏は残石調査会の代表も
 務められ色々お聞きできました。
 有難う御座いました。刻印石で
 同好の氏に会ったのは初めてで
 驚いてしまった。













     

    弦巻?三重丸は初めて見ました。                  ? これも初めて見ました。

     

    綺麗な「鉞」                               扇に「雁」?

     

    ○に一引きと二(上下逆さ)                      この石には四面同じ刻印があるが石垣に
                                          組まれていれば分からないので貴重な残石。

     

    三つ金輪                                 「山」これも初めて見ました。

     

    片車輪                                  輪違い

     

    万字                                    ○に「一」

 


 栗栖野城公園の残石

 西面、北面は光線の
 加減で良く分からない。

 他に万字、遠山があるが
 見付けられなかった。














     

    ○に井桁                                 枡

     

    ○に?                                  枡の中に?

     

    鉞                                     蛇の目らしい

      

    手杵と見ましたが・・・                          S氏邸にあったのと同じ。





 梶村文弥著「天下普請の名城
 丹波篠山城」あいわ書房 より

 二段目左から5番目は左が欠けている?



























                               
                    名古屋城の刻紋           篠山