江若鉄道

          東の関東鉄道と並んで気動車王国だったが、車両を掻き集め改造を
          繰り返したので珍車も現れた。夏季水泳客輸送用の客車や蒸機(1118)、
          DD13タイプもいて賑やかだった。一方、駅舎等は昔のままの状態だった。
          国鉄湖西線の建設に伴う営業補償が纏り、1969年(昭和44年)11月1日
          全線廃止され、その5年後国鉄湖西線が開業した。
          久しぶりに浜大津から三井寺下まで歩いたが面影は無い。
          改めて、湖西線を利用して青春キップで三井寺下以遠を訪れた。
          
             

    浜大津 1
    スカイプラザ浜大津が建つ。                 黄昏の「浜大津駅」 

          

    浜大津 
                                        キハ5124以下近江今津行きが3連で発車待ち。

       

    浜大津〜三井寺下
    琵琶湖疎水の橋台が残る。                  キハ33が疎水橋梁を行く。

       

    三井寺下 1
    
駅構内・琵琶湖側が遊歩道「大津絵の道」        左からキニ5、キハ21、キハ51、キハ15。
    山側は住宅になりました。山の稜線を比較。       左端が本線です。

       

    三井寺下 2
    キハ21。昭和12年日車製。元国鉄キハ0738。      キニ4。昭和6年日車製。この頃はDMH17形機関。 

        

    三井寺下 3
    ハニフ10。キニ10を付随車化。後に中間車         キハ12。キニ12の車体を大改造したのですが
    改造された。近江今津側から撮影。             いささかやり過ぎの感もする。

       

    三井寺下 4                        
    ハフ2。元長門鉄道キコハ1。後方はハ11か12。      ハフ2。雨宮製単車をボギーに改造。
 
        

    三井寺下 5
    DD1352。国鉄機と同形。                    ダブスのテンダー機をタンクに改造。
    湖水客輸送にも活躍。                      ナンバープレートのお粗末さに驚いた。

       

    三井寺下 6
    キハ51(左)とキハ15。元国鉄キハ41023。         駅舎。開業時のままか?右手にC18形が
    仲間のキハ16が御坊臨港(紀州鉄道)で          見えますが、昭和39年、44年の訪問時とも
    活躍。                               同じ位置に停車していました。

       

    三井寺下 7
    車庫があった辺り?後方、山の稜線が微妙に合いませんが、ウォータータンクの右のビルを
    目当てに探すと良いか。

       

    三井寺下 8
    「大津絵の道」と小公園になっている。           キニ11。昭和12年日車製。半流線型スタイル車。

       

    C18形(元国鉄07形)が単行で行く。場所は判らないが駅前に大協石油のGSが写っている。

        

    和邇 
    駅跡は宅地化された。左の細い道が             キハ52。昭和28年帝車製。元熊延鉄道ヂハ202で
    駅に通じていたと聞いた。                    DMH17B+TC-2だが総括運転は出来ない。

        

    和邇 
    御覧のように全く面影は無い。                 DC251。昭和35年帝車製。元熊延鉄道DC251で
                                        DMH17S機関。廃止後、御坊臨港(紀州鉄道)へ。
                                 
             

    白鬚 1                               
    線路跡は草むらとカイズカイブキ。              キニ4。沿線随一の名所でした。  
    建替えられた「白ひげ食堂」の屋根が見える。             

       

    白鬚 2 
    駅跡は道路になっている。                   交換可能駅でした。
 
       

    北小松〜白鬚                       白鬚〜高島町
    築堤が残る。                           農道?に転用された。後方が湖西線。

       

    JR近江高島駅。高島町駅跡を一部使用。         安曇川駅跡。江若交通の貸駐車場になっていた。 

       

    近江今津 1
    変貌を遂げた。JRの駅は前方左にある。          キハ21。ハフを従えて到着。

             

    近江今津 2
    道路とAコープになっている。                  車庫もあった。

        

    近江今津 3
    旧駅舎が残る。                          広い構内。自衛隊輸送もここから行なわれた。

        

    近江今津 4
    構内跡に建つAコープは工事中でした。            キハ5123(キニ6)+5120(キハ30)+5124
                                        (キハ24)の固定編成に改造された。
                                        廃止後関東鉄道竜ヶ崎線
                                         加越能鉄道加越線で活躍。


       

    オハ1900形                           オハ27形
    夏季輸送専用車で関西鉄道の客車を鋼体化。     元国鉄オハ27形(旧オロ31形)を払下受ける。

       
       

    余談ですが・・・ 1
    
浜大津〜三井寺下の線路跡が「大津絵の道」と名付けられ、描いたタイルが道筋に続く。
    江戸時代に大津の宿で旅人の土産として売られていたのを復活、人気があるようで扱う店も増えた。
    京阪・大津線の一日乗車券にも用いられている。長等神社前の高橋和堂で絵はがきを購入。UP許諾済

       

    余談ですが・・・ 2
    帰りに近江塩津経由で木之本に寄った。          宿内を巡る途中で「つるや」に寄りました。
    門前町と北国街道の宿場町として栄えた。         外見は普通のパン屋さんですが客は多かった。
    
       

    時々TVで取上げられる「サラダパン」と「サンドウィッチ」。前者は刻んだ沢庵のマヨネーズ合えが
    後者はスライスされた魚肉ソーセージにマヨネーズを絡めはさんである。キワ物扱いにされそうですが
    上質のパン生地とソフトなマヨネーズ絡み意外に美味しい。かなりの数量が販売されている様です。各130円。

            1964年(昭和39年)  1969年(昭和44年)  2007年9月  2009年8月 撮影


                              
                                  切符と車内券