加越能鉄道 加越線

          北陸線石動と庄川町(19.5km)を結んでいた単線・非電化の鉄道線。
          「砺波鉄道」として1915年(大正4年)部分開通、「加越鉄道」と改名後
          1922年(大正11年)全線開通。戦時中の統合で富山地方鉄道に合併
          戦後分離され加越能鉄道・加越線となる。1972年(昭和47年)9月廃止。
          砺波平野をのんびり走っていた。機会があれば旧井波駅舎を尋ねたい。
 
       

    石動駅 1
    現況。更地になっている。                   キハ187。1964年富士重工業製。機器は国鉄
                                       キハ20系に準ずる。20m3扉で最後の新車。
                                       
            

    石動駅 2
    キハ187。廃止後、関東鉄道常総線に入線        
    キハ721なる。                         

       

    鹿島鉄道 キハ432+431  玉造町            キハ126。1957年東急車輛製。東武キハ200型と
                                      同タイプ。16mトルコン車。鹿島鉄道キハ432で活躍中!

       

    キハ162。元江若鉄道キハ5124(キハ24)で         キハ7751。1932年日車製。自社発注車。
    国鉄キハ07形を改造。廃止後、関東鉄道へ。
                                       
       

    キハ11052。1937年日車製。富山地鉄時代の       キハ15001。1953年輸送機製。電車化を予定。
    名残でインフレナンバーが付いています。         18m級車体で28.8t。DMH17形エンジンだが機械式。

       

    廃止が噂され、車両の手入れも怠りがち。         キハ173。国鉄払下のキハ07形。廃止後、関東鉄道へ。

       

    庄川町車庫。                           112。1957年東急製。DMH17形機関B型ロッド式。

       

    101。1952年汽車製。DMH17形機関B型ロッド式。     ハフ11。倉庫になっているが原形を留めている。 


        1966年  1970年  2006年4月   撮影