鹿島鉄道

        首都圏.に近く今もファンには人気の鉄道で訪問した日も多かった。
        JR石岡駅を出ると新しい家が続くが、やがて典型的な日本の風景に
        変わる。隧道も大きな橋梁もなく淡々と走る。来年の3月に廃止されそう。
        各駅には「乗って残そう かしてつ」の旗やボードがあります。
        えちぜん鉄道のように再起出来るとよいが。2007年3月末全線廃止。




  玉造町付近






   2004.8  U君 写







       

   KR502。平成元年新潟鉄工製軽快気動車。        キハ83。昭和10年汽車製。元北九州鉄道で
                                       国鉄買収、払下。常総線から転属。

       
 
   KR503。                              キハ201。昭和11年日車流線型ガソリンカーで
                                       11m級の小型車。ファンには人気がありました。 

       

   キハ431。昭和32年東急製。元加越能鉄道          キハ41301。昭和9年(1934年)大井工場製。
   加越線キハ125キハ432とのコンビで              元国鉄キハ047。
   ラッシュ時に活躍。                       

      

    キハ42202。昭和11年(1936年)川崎製。元東京横浜電鉄。  キハ42201を改造したキハ651。
    原型を保っています。Hライト下に塗装マスキングの新聞紙が。

       

    キハ601。元国鉄キハ07形 正面切妻化          キハ714。昭和28年新潟製。元夕張鉄道
    総括制御化、ワンマン化、冷房化を実施。         キハ251。午後にはキハ601とコンビで
    生誕70年記念ボードを付けている。             動きました。
 
       

     明治30年(1897年)クラウス製。元省1400形。常磐線車窓から見えました。 

       

    DD902。昭和43年日車製。国鉄DD13の類似型。百里基地へのジェット燃料輸送が無くなりました。
                                       構内を見渡せる跨線橋が未だ有りません。 

       

    石岡の風景。                          DD901。昭和33年日車試作車。この頃はDLの       
                                      黎明期で各社試作車が国鉄でテストされていました。          
                                      それを買い取りました。

             

   霞ヶ浦を背に快走!                                鉾田駅                               
  
       

    余談ですが・・・
    昔からの位置にそのまま残っています。          貨物ホームの上屋。意外に残っていません。
    いずれも以前なら、当たり前の風景でしたが今となっては貴重。       常陸小川駅 
                                       
       

    廃止間近の頃の石岡駅。  2007.03.18
               
      
      2004年4月 U君    昭和45年(1970年)6月   2007年3月  撮影