日ノ丸自動車 法勝寺鉄道

          宵山で賑わう京都から夜行普通列車で米子入りした。昭和41年(1966年)7月の事。
          「米子市」駅は国鉄とはレールは繋がっていてホームから見えるがそこまでは遠い。
          始初前で駅も車庫もひっそり、始発で法勝寺へ向かい折り返した。上りは夏休み直前の
          高校生で満車、先頭に乗ったら女子高生専用で男子は2両目。車輌が明治、大正製なら
          施設、駅舎等を含め取り巻く風景も同様だった。昭和42年(1967年)5月廃止。
          *御覧の様にネガがかなり劣化しています。「今昔」で始めましたが廃止路線は「昔」のみでUPを急ぎます。


       

    米子市駅 1
    開業以来の駅舎か。                         出発待ちのデハ207。後方、方行屋根が      
                                          山陰中央鉄道本社屋で今も残るという。

         

    米子市駅 2
    デハ207。                               入れ替え中のデハ205とフニ100

                  

    米子市駅 3
    車庫風景。開業以来変わらぬ光景か。

             

    手間
    デハ207とデハ203が交換。                   米子市に向かうデハ203。

       

    法勝寺付近? 1
    デハ207。沿線は殆ど田園風景だったと思う。

       

    法勝寺付近                            米子市駅付近? 
    デハ207。右後方に駅。                      高校生で満車のフ50。

             

    法勝寺 1
    中央が駅舎。今は郵便局が建つという。            米輸送華やかな頃が偲ばれる構内。

       

    法勝寺 2
    朝のラッシュ時は出力が大きいデハ205とデハ207が主力。

       

    デハ205。大正11年(1922年)日車製。            デハ207。大正12年(1923年)汽車製。
    名鉄(旧尾西鉄道)の供出車で元は木造車。        目蒲→神中→静岡を経て入線。木造車。

       

    フ50。明治22年(1887年)バーミンガム製。         フ51。大正元年(1912年)日車製。
    所謂マッチ箱。最後まで活躍!今も保存中!       元愛電。大正時代に入線している。

       

    フ52。メーカーも前所有者も判らないという。         フ53。大正2年(1913年)名古屋電車製。
                                        元愛電デ1。昭和29年(1954年)付随車化。

       

    フ55。昭和3年(1928年)蒲田製。               フニ100。昭和7年(1932年)日車製。
    元一畑電鉄広瀬線サハ3。                   元一畑電鉄立久恵線ハニ10。