天塩炭鉱鉄道



 廃止の前日に訪れた。運行は
 1日1往復のみで、「2」が車庫前に
 有火で止まっていた。広い鉄道部の
 事務所には2人いたのみで「再就職の
 の道も険しい」との事だった。
 全車両集められていたが他の蒸機は
 庫内にあって撮影できなかった。
 左は国鉄跨線橋から撮影。天鉄の
 ホームと車輌、奥に車庫が見えるが
 中央の事務所が大きく立派なので
 ここが本社か?
 左の線路は国鉄羽幌線。


 昭和42年(1967年)7月末 全線廃止





       

    2。国鉄C58と同型で2両自社発注。            3。元国鉄9617。
      昭和16年(1941年)汽車製。                大正6年(1917年)川崎造船製。

       

    ハ1(左)ハ2(右)元新宮鉄道。明治32年(1899年)南海鉄道製。

       

   ハ3。元新宮鉄道。大正10年(1921年)新宮鉄道製。     ナハ101。元夕張鉄道。

       

    ナハ102(左)元国鉄ナハフ14389。ナハ(右)元国鉄ナハフ14390。明治43年(1910年)日車製。

       

    ナハ104。元国鉄ナル17633。明治44年(1911年)      キ1。元国鉄。明治44年(1911年)
    大宮工場製。昭和32年旭鉄工機部改造。          手宮工場製木造車。

             昭和42年(1967年)7月  撮影