SANYO  

   

   

    10 Xacti S1 
    初心者用で扱い易くレスポンスも良い。色合いも良さそう。2個持っているが両方とも御覧のように
    四隅にフレアが出る。1個は電池蓋のツメが割れているが他方も危うい。マクロも良いので残念。
      換算 36〜108o  1/2.7型  333万画素  SD使用  単三X2本  2003年9月発売

   

     DSC‐R1 
    単三X4、単焦点パンフォーカス機のローエンドモデル。なのに高ダイナミックレンジのフレーム
    トランスファーCCDを搭載している。その他、細かい所も作り込まれていて液晶ビュワーも質感も
    悪くない。起動も書き込みも速い。絞りが開放(F2.8)とF5.6の2段でF5.6 ISO20となると条件が
    限られる。写りは同期生のMZ-1比べるとアッサリしている。ローエンド機としては良い方?
       換算 38o  1/2.8型  136万画素  CF使用  単三X4本  2001年11月発売

   

   

     DSC‐MZ1
    厚みのあるボディに新機能が込められている。今回、同時に使ったコニカKD-200zやIXY200等
    同時代、同価格帯機に比べると1/1.8型の受光素子+多機能でCPは高い。立ち上がりとズームは
    遅くAFもやや遅いが書き込みは速い。写りは200万画素とは思えぬ写りで当時のミドルクラスでは
    トップレベルと思う。色がこってりですが当時はこの方が好まれた?
      換算 35〜98o  1/1.8型  200万画素  CF使用  単三X2本  2001年6月発売

       

     DSC‐X200
    200万画素時代に85万画素で単焦点、パンフォーカスの初心者用低価格機。1年後には1万円で
    販売されていたという。レスポンスが良く日本語表示で判り易く、価格も含め初心者には向いていたかも。
      換算 43o  1/3型 85万画素  SM使用  1999年10月発売

   

     DSC‐SX150
    当時としてはコンパクトの部類で単焦点ですがオートフォーカスで起動、書き込みも速い。秒間7.5コマの
    超高速連写が出来る他、露出をプラスマイナス各3段階連続撮影出来る自動段階露出機能も備える
    スグレ物で動画撮影機能も良いらしい。名鉄電車を撮ってみたがタイミングは難しかった。
      換算 38o  1/2型 150万画素  CF使用  単三X2本  1999年8月発売

   

     DSC‐X110 
    サンヨー伝統のデザインで画素数を抑えて高速レスポンスを目指した。起動はそれ程でも
    ないが、その後はパンフォーカスで書き込みも速い。速い電車を撮る場合は液晶ビューワーだと
    遅れるのでファインダーの方が良い。写りは画素数相応だが色合いは思ったより良かった。
       換算 43o  1/3型  85万画素  SM使用  単三X2本  1999年3月発売

   

     MEGA PIXEL DSC‐SX1Z 
    銀塩カメラ風のデザインだが厚みがあり更に採光式液晶ビューワーを採用したのでズングリ形に
    なった。外装がマグネシュウム合金で高級感がある。ホワイトバランスをサンプリングして調整
    絞り優先AE、マニュアル露出補正などの機能の他、各種マニュアル設定を保存しておくことも可能。
    機能満載ですが動画機能はありません。レンズキャップが無いのは困る。起動は遅いが後の動作の
    速さは普通。写りは同期のデジカメの中でも上クラスで逆光でもなんとか踏ん張る。
      換算 34〜102o  1/2.7型 131万画素  SM使用  単三X4本  1998年11月発売

   

   

     DSC‐X100 
    伝統のスタイルは変わらない。なぜかエネループでは動かず100均NI‐MHで動いた。単三・2本に
    なったが思ったより持ったので省エネも進んだようだ。被写体を選ぶが、桜を撮ったら意外にも白トビが
    少なかった。レスポンスもこの時代としては良い。Win95で15inのブラウン管モニターの頃だから。
      換算 43o  1/3型 85万画素  単三X2  SM使用  1998年10月発売

   

     DSC‐X1
    V1と外観は変わらないがスマートメディア対応となり画素数も81万画素にUPした。
    懐かしさもあって早速試してみた。余分な機能が無く十字キーで露出補正も簡単。
    起動は速いが書き込みは遅く終えるとスタンバイランプが点く。アンダー補正、マクロで撮影。
      換算 36o  1/3型 81万画素  SM使用  単三X4本  1997年11月発売

       
              富山地鉄寺田駅                        旧京福電鉄永平寺駅(外は雪) 
 

    DSC-V1 
    デジカメ1号機はこちら。色々試して遊んでいたらゴミ箱が単三で一杯になりました。
    PCもWin95でCPU200MHz HD2.1Gでしたので実用としては使いませんでした。
    ファインピクスが入ると友人の元へ行きましたのでヤフオクで再度手に入れましたが
    内蔵メモリーからデータを出すにはWin2000以前のPCとドライバーが必要です。
      換算 36o  1/3型  35万画素  内蔵メモリー4MB  1997年3月発売 


                              
                                    伴にしたカメラ