FUJIFILM

   
                                      伊勢神宮・観月会  ’08.09  オート 換算約130o f4 1/34秒  ISO3200

                                
                                             オート 換算36o f2.8(開放) 1/110 +0.3補正  ISO400
    44 FinePix F31fd
    慌てて新品をあちこち探しましたら見付りました。店主曰く「今時こんな低画素機は売れない」
    との事で超格安でしたが、XDカードが高価格なのでトータルとしては他メーカーのコンパクト機とは
    変わらない。バッテリーの持ちは良くファインで500カット越えても動く。街道歩き用として使用し
    人物は撮らないので「顔キレイ」モードは?後にキヤノンS100と交代。  
      換算 36〜108o  1/1.7型  スーパーCCDハニカムXHR  630万画素  xD使用 2006年11月発売

   
                                      祇園祭・宵山  ’06.07  オート 換算36o f2.8(開放) 1/70秒 ISO1600

                                

    43 FinePix F11
    F10でISO1600対応になり評判が良さそうなのでF11が出るのを待って購入。モニターが大きくなったり、
    省電力化が進んだりして細かい処の改良が進みました。これなら3.4年位は使えると思ったのですが
    気が付かないうちにフジは高画素路線に戻ってしまいました。尚、本体は比較的安いのですが
    XDカードの価格高さにはウンザリ!256Mから512M、1G、2Gと買いました。SDカードならカメラが
    もう1台変えます(怒)  
     換算 36〜108o 1/1.7型  スーパーCCDハニカムXHR  630万画素  xD使用 2005年10月発売

   
                                                 オート 換算36o f2.8(開放) 1/34秒 ISO1600

   
                                                 オート 換算約60o f3.7(開放) 1/56秒 ISO800

    42 FinePix F10
    籠の中に200円で転がっていた。F11とF31fdを使ったので今更と思ったが拾ってしまった。ボディに
    少しキズが有るが正常だった。キヤノンS80とは半年先輩でやや小型で、いつも見ているサイトでは
    「秋刀魚の缶詰缶」と評していたが確かに・・・画素数を抑えて高感度に対応、ブレ軽滅もある。
      換算 36〜108o 1/1.7型  約600万画素 スーパーCCDハニカムX  xD使用  2005年3月発売

   

   

    41 Q1 DI1GITAL 4.0 Ir ハローキティ   無謀庵様提供
    同じデザインでAPSカメラとチェキがあったように思う。フジの事だから意外や高名なデザイナーの手に
    よるかも。キティも110から続き今もチェキで販売されているがこの手のカメラは昔からフジの得意?と
    する処で採算は度外視?購入側も約17000円+xDカードだからトイデジと考えるとやや高価か。
    作動は書き込みがやや遅い位。焦点距離が46oなので考えた位置より2〜3歩下がる事が多かった。
    写りは流石フジらしく良いが、画像のサイズが↑でも2.78MBもあり今のコンデジと変わらない。
      換算 46o 1/2.5型  418万画素  単三X2本  xD使用 2005年発売

   

    40 FinePix F410
    よく売れたF401から 210万画素→310画素 SM→XD に変更されたが外観や操作は変わらない。
    起動はやや遅いがその後は良い。ややノイズが多いかなと思うが古いので個体によるかも。
     換算 38〜114o  1/2.7型 310万画素 スーパーCCDハニカムWHR xD使用  2003年3月発売  

   

   

    39 FinePix F402 
    40i(4500)の流れを汲む単焦点機、スクエアサイズですがCCDが1/2.7で小さくなった。
    EBCフジノンでは無い。各動作は速い。写りは普通かな。最短6pのマクロが付いている。
     換算 39o 1/2.7型  210万画素 スーパーCCDハニカムV  xD  電池NP‐40  2002年10月発売

   

   

    38 FinePix S304 
    2800zの後継機でハニカムではない。6倍ズームで解放値ワイド側でF2.8テレ側F3.0は良い。
    グリップが深くなり持ちやすい。高倍率機なのでEVFで撮る事になるが視度調節が無く困った。
    コストダウンの為に省けるものは省き、全体に華奢な造りになっている。写りは良いと思う。
     換算 38〜228o 1/2.7型  324万画素  xD使用  単三X4本  2002年9月発売

   

   

    37 FinePix A303 
    低価格機でハニカムではなくCCD。 デザインに安っぽさが無くコンパクトで軽く、各作動の速さも
    このクラスとしては良い。ISO100固定なので晴れた日の屋外向き、液晶ビューワーがチープで
    ファインダーで撮る事になるが色合い、写りとも意外に良い。マクロも普通に使える。
      換算 38〜114o  1/2.7型  324万画素  単三X2本 xD使用  2002年9月発売

   

   

    36 FinePix A202 
    A201の後継機で1年を経て発売されたが記録メディアがSMからxDになっただけで中身は変わらないという。
    16MBのxDがセットになっていても買い増しなければならないがSDとxDには大きな価格差があった。
    そこでその差に見合う価格で販売されていたらしい。私の様に、一度xDを買ってもらえれば次もフジという
    戦略?使い勝手はA201と同じ、書き込みがやや速くなった?パンフォーカスなのでマクロは8cmから15cm位?
     換算 36o 1/2.7型  200万画素  xD  単三X2本    2002年9月発売

   

   
                                                  オート 換算40o f2.8(開放) 1/5秒 ISO200
    35 FinePix F401 
    当時、良く売れていた印象がありTV・CMもあったように思う。コンパクトで作動の速さはこの時代
    としては良い。ISO1600まで有りますが制約が多い。祇園祭・後祭を撮ってみたが写りは良い。
      換算 38〜114o 1/2.7型 スーパーCCDハニカムV 210万画素 NP‐60 SM使用 2002年6月発売

   

   

    34 FinePix S602
    6900の後継機で改良が進んでいる。起動は遅いがAF、書き込みはこの時代としては速い。液晶ビューワーは
    小さいが思ったより良く見える。操作はしやすいがズームボタンがWとTの間隔が広く最初は戸惑った。
    同社のネガフィルムを彷彿する緑色で加えてエッジが立っているので木立の表現は良い。只、白トビは大きかった。
     換算 35〜210o  1/1.7型 310万画素 スーパーCCDハニカムV SM/CF使用 単三X4本  2002年4月発売  

   

   

    33 FinePix F601
    縦型シリーズをUPするのはこれで7台目。小型化されたのは良いのですがデザイン優先なのか
    ホールドが難しくストラップを上手く利用しなければならない。液晶ビューワーが小型で文字も小さく
    良く見えないので困った。バッテリーがNP‐60になり信頼性がUPし他機との互換性もあり良い。
    各動作の速さはこの時代としては普通。色合いは良いがコントラストがやや強い。
     換算 36〜108o  1/1.7型 310万画素 スーパーCCDハニカムV SM使用  2002年2月発売  

       

    32 DS-230HD 
    「ビッグジョブ」シリーズで大きさも程々ですが大きさの割には軽い。工事現場用で換算28o単焦点。
      換算 28o  1/2.2型  150万画素  単三X2本  SM使用  2002年2月発売

   

   

    31 FinePix 30i
    40iから始まったシリーズの最終モデル。MP3プレーヤー機能は変わらないが1/2.7型の普通のCCDや
    パンフォーカスに成る等大幅にスペックダウンしている。レンズカバーが手動式にファインダーが大きくなる
    等一部改良?が為されている。ジャンク籠に100円で転がっていたが64Mのスマメが入っていたので即
    GET!帰って良く調べたら電池蓋が傷んでいるが撮影可能。外部電源BOXを作って撮ってみた。
    作動は当然速く、写りはやや被写体を選ぶが予想していたよりは良い。MP3プレーヤーは?
     換算 38o 1/2.7型  200万画素   単三X2本  SM使用  2001年11月発売

   

   

   30 FinePix 2800Z
   丸っこいデザイン、小ぶりのサイズで軽い、大ぶりのEVFのぞき窓、絞った機能等女性を意識した
   仕上がりになっている。起動の速さはこの時代としては普通、AFと書き込みは速い方で運動会でも
   活躍出来る。色合いはややこってり気味。爺が使っても楽しいカメラになっている。
     換算 38〜228o 1/2.7型  200万画素  SM使用  単三X4本  2001年10月発売

   

   

    29 FinePix 2600Z
    普及機の2500Zの後継機で幅は小さくなったが厚みは増しバランスが悪くなったが単三X2本に
    なり軽くなったのは良い。レンズバリアと電源が連動しない。各作動の速さは普通。写りは
    普及機としては良い方と思う。バッテリ−(エネループ使用)は意外に持った。やはりこの厚みは辛い。
     換算 38〜114o 1/2.7型  200万画素  SM使用  単三X2本  2001年10月発売

   

   

    28 FinePix A201
    安価な普及機でハニカムではない。この頃のフジはポルシェデザイン物から本機まで
    幅広かった。女性を意識したのかまるっこいデザイン。使用は晴天の屋外とストロボが届く
    範囲内用で液晶ビュワーはよく見えずファインダーで撮る。単焦点、パンフォーカスで撮影までは
    速いが書き込みは2Mするとやや遅くなる。写りは同期のオリンパスC2比べると本機の方が良い。
     換算 36o 1/2.7型  200万画素   単三X2本  SM使用  2001年9月発売

   
 
   

    27 FinePix 50i 
    40iのマイナーチェンジ機でMP3プレーヤー機能がある。電源が単三X2本からNP60になり
    ボディが薄くなってレンズキャップはワンタッチスライドになったが50iと同様電源スイッチとは
    連動しない。Rikkie殿が指摘されているように造りが華奢でこの個体もモードスライドレバーが
    無い。液晶ビュワーが小さいが単焦点なのでファインダーでも使える。各動作は速い。写りは
    落ち着いた色合いで暗部も表現していて良い。部品が無いのでMP3プレーヤー機能は不明。
      換算 36o 1/1.7型  240万画素 スーパーCCDハニカム  SM使用  2001年6月発売

   

    26 FinePix 6900Z
    業務用?のS1Proを別にすると本機がフラッグシップ機。この頃のフジはビギナー機から
    ハイアマチュア機まで多彩なラインナップでした。堂々たる構えで質感、使い勝手も良い。
    色合いは「フジ調」で馴染んでいるのか良い。液晶ファインダーが見難いとか「6M F」に
    すると書き込みが長くなるが我慢できる範囲で遊んで面白いカメラです。
     換算 35〜210o 1/1.7型  220万画素 スーパーCCDハニカムU  SM使用  2001年6月発売

         

    25 FinePix 4800
    ポルシェデザインで評判になり、今もコレクターズアイテム?なのでしょうか中古もやや高めです。
    やや大振りですが以前、縦型を使っていた事もあって違和感は無くレスポンスも悪く無い。
    下の真面目に作られたクールピクスと違い、いじっていても面白い。作例は露出−1/3補正。
    センサーは1/1.7型でやや大きめ、当時「スーパーCCDハニカム」のカタログ説明はヘボな私には
    良く理解出来なかった。スマートメディア使用ですが最近のカードリーダーはスマメ&XDに
    対応しない様です。早速こちらを購入し従来のカードリーダーをスマメ&XD専用にしました(笑)     
       換算 36〜108o  240万画素  スーパーCCDハニカム  SM使用  2001年6月発売

   

    24FinePix2300
    フジ得意の入門機。単焦点、パンフォーカスで写すまでは速いが書き込みはやや遅い。それなりに
    売れたみたいでジャンク籠でよく見掛けます。写りは当時の普及機としては良い方と思う。
      換算 36o 1/2.7型  211万画素  SM使用 単三X4本  2001年3月発売

   

    23 FinePix 6800
    以前から探していたが綺麗なボディで525円、速GET!4800Zとはポルシェデザインの姉妹機ですが、
    こちらは「スーパーCCDハニカム」第二世代で240万→330万画素になりました。バッテリーが弱って
    いるせいか作動がやや不安定であまり試せなかった。最近、NP80と充電器を入手、改めて試してみたい。
     換算 36〜108o  1/1.7型  330万画素  スーパーCCDハニカムU  SM使用  2001年3月発売  

   

    22 FinePix 2500z
    オリンパス風のデザインのエントリー機で営業部からの要望か?レンズカバーと電源スイッチは
    連動しない。起動は遅めでその後の動作と液晶ビュワーの見えはその時代としては普通。
    逆光で金属パイプや金管楽器、小さな花等当時のデジカメが苦手なシーンですがよく頑張っています。
      換算 38〜114o 1/2.7型  211万画素  単三X4本  SM使用  2000年11月発売

    

    21 FinePix 4500
    40iからMP3プレーヤー機能を無くした物でシルバーとブラックがあったがブラックはあまり見掛けない。
    この頃としては小型の部類になる。液晶ビュワーは時代相応で見難いが単焦点でもあるので
    ファインダーで撮れば良い。古いデジカメはこういうシーンが苦手なのだが良くガンバッテいると思う。
     換算 36o 1/1.7型  240万画素 スーパーCCDハニカム  単三X2本  SM使用  2000年10月発売

       

    20 FinePix 1300 
    36o単焦点レンズ&パンフォーカスで単三4本使用の普及機。日本語の表示は無く、海外向けか大振りで
    プラ製なのに意外に重い。名古屋ヒルトンホテル年末恒例のレーマンのレイアウト(ジオラマ)を撮ってみました。
    暗くて液晶では判らず(明るい所でも難しい)ファインダーで撮りましたがパンフォーカスのお蔭で迷う事は
    有りません。尤もISO125でレンズはF4.5ですので列車は流れていますがなんとか写りました。
      換算 36o  1/2.7型 131万画素  SM使用  2000年10月発売              

   

    19 FinePix 4900z
    レンズは非球面レンズ2枚を採用した「スーパーEBCフジノン」6倍ズームでF2.8〜3.1と明るい。
    撮り比べたオリンパスC-2100uzと違い手ぶれ補正機能は無い。フラッグシップ機だったようで
    多彩な撮影機能に加えホットシューまであり質感は良く手に馴染む。SMと予備のNP80とBC80が
    必要で合計するとかなりの金額になる。電源にはシビアーで1100mAhのNP80だと最初から動かなし
    1300mAhでも弱っていると良くない。そこで外部端子からエネループで供給した。1900mAhだから
    サクサク動いて良い。同期生のオリンパスC2100uzと撮り比べてみました。撮って楽しむには良い。
      絞り優先オート f8  1/320  ISO200  換算140o相当
    換算 35〜210o 1/1.7型 スーパーCCDハニカム  240万画素  SM使用  NP-80  2000年9月発売

   

    18 FinePix 40i
    MP3プレーヤーとしても使え後に50i、30iと続いたが売れなかったのか終了している。同型で
    MP3プレーヤー機能の無いタイプが4500として発売された。スタイリッシュな小型ボディーに
    小粒ながらスーパーEBCフジノンレンズ、スーパーCCDハニカム付。スマメ無しの88,000円で意外に
    高額だった。レスポンスは良く単三X2本は有難い。写りは同期の初代IXYデジタルより良く
    フジらしい色合いで好感がもてる。MP3プレーヤーは付属品が無いので判らない。
     換算 36o 1/1.7型  240万画素 スーパーCCDハニカム  単三X2本  SM使用  2000年7月発売

   

    17 FinePix 1400z
    オリンパスC‐900z風のデザインですがスライドカバーの上下にレールがあってキヤノンS40
    シリーズの様にガタガタになることはなさそうです。相変わらずカバーと電源スイッチは別です。
    厚みがあり大きくエネループを入れると結構重いがホールドは良い。普及機なのでハニカム
    ではない。各動作の速さはこの時代としては普通。写りは同期の普及機比べ良い。
     換算 38〜114o 1/2.7型  131万画素  SM使用  単三X4本  2000年3月発売

       

    16 FinePix 4700
    初の「スーパーCCDハニカム」搭載機で縦型シリーズも機能が追加され大型になりました。それでも
    電源は単三2本。電池の消耗が激しいとの事ですがエネループでは意外に動きます。レスポンスも良く
    重さと大きさを我慢すれは今でも十分使えるカメラと思います。シルバーとDグレー?が有った様です。
       換算 36〜108o  1/1.7型 240万画素  スーパーCCDハニカム  SM使用  2000年2月発売

       

    15 FinePix PR21 プリンカム
    「チェキ」とデジカメ(ファインピクス2700)を合体させたデジカメで、その場でプリント出来て記録も残る
    世界初の良い所取りのカメラだった筈でしたが「二兎追うものは・・・」の様で10万円近い価格が
    どんどん下がったそうです。フィルム時代の同社の普及カメラは同様で「フィルムで儲かっているから」
    とは営業マンの話でしたが・・・ 小学校の遠足(55年位前)で居合わせた外人(アメリカ人?)が
    ポラで撮って呉れ盛り上がった事を思い出しました。珍デジカメのトップ10に入る?専用ケースが付いた。
       換算 35o  1/2型  230万画素  SM使用  1999年11月発売

   

    14 FinePix 1200
    普及機で単三X4本使用、プラボディで大型になった。各操作はフジに慣れているせいか
    迷う事は無い。各動作はこの時代としては速い。単焦点、パンフォーカスで晴れた日の
    スナップには良い。写りは同時代の普及機、例えばオリンパスC−860Lと比べると良い。
      換算 38o  1/2.7型  131万画素  SM使用   単三X4本  1999年11月発売

       

    13 FinePix 1700Z
    フジの縦型が有るとつい拾ってしまいます。慣れているせいか使い勝手も悪くありません。
    700から1年6ヶ月後の発売で、ズームレンズになりやや大振りになったがレスポンスは良い。
    エプソンCP700zと同じ状況下ですがかなり異なります。この頃の発売1年の差は大きい?
       換算 38〜114o  1/2.2型  150万画素  NP80  SM使用  1999年9月発売

   

    12 FinePix 2900z
    性能優先で造られたデジカメでマグネシュウム合金使われたりして大きく独特のデザインで
    価格もスマメ無しで99,800円でした。モードダイヤルがゆるく撮影の度に確認が必要、キャップを
    閉める時は位置が決まっている、最初のズーム位置がやや望遠側等チョット慣れが必要です。
    レスポンスは良くないが写りは良い方と思う。試作要素の強いカメラ?こちらも外部電源を使用。
      換算 35〜105o  1/2型  230万画素  電池P-80  SM使用  1999年6月発売

   

    11  Finepix 1500
    700を横にしたような形で仕様、操作もほぼ同じです。連動レンズカバーが付き電源がNP-100から
    単三X2本になりました。液晶ビュワーが暗いが700でもファインダーで撮っていましたので苦にならない。
    落ち着いた色合いで良い。【美肌】モードでステージのアイドルを撮ろうと思ったが単焦点では無理でした(笑)
     換算 38o  1/2.2型  150万画素   SM使用  1999年6月発売

   

    10 DS‐260HD
    大型でボタン類も大きく厚手の手袋を付けていても不自由しない。防水機能もガッチリ作られていて
    バッテリーやSMの蓋を開けるにもコツがいる。作動は遅いが相手が動かないのでよいか?操作は
    簡単。業務用機なのでアクセサリーシューが付き、28oコンバージョンレンズが用意されている。
    基本性能はFinePix600と同じと思うが、写りは600共々冴えないが個体によるかもしれない。
      換算 35〜105o  1/2型 150万画素  NP‐100  SM使用  1999年3月発売 

   

     FinePix 2700
    700の後継機で230万画素になり電動レンズカバーが付きました。電源スイッチやサブ液晶の位置が
    変わったぐらいで操作は変わらない。起動はストロボをオフにすれば速いが書き込みは遅い。
    落ち着いた色合いで良い。何時もの様にファインダーで撮ったがバッテリーの持ちについては
    手持ちのNP-80の8本全て弱っているので外部電源を使用したから判らない。
     換算 35o  1/2型  230万画素  電池P-80  SM使用  1999年3月発売

       

     FinePix 600Z
    チェキではありません。700のズームレンズ版ですが異常に大きくなりましたがその割には軽い。
    操作も共通していますがバッテリーは少し長いNP-100です。
      換算35〜105o  1/2型  150万画素  SM使用  1998年11月発売

   

    7 CLIP-IT 80
    FinePix500の兄弟機で更にコストダウンを図った。CLIP-ITブランドの最終機でもある。
    操作は簡単で大きさも手頃、ファインダーも大きく使いやすい。画素数は当時のPCとは
    相性がよかったかも。この個体は外観は非常に綺麗だが写りは、CCDが劣化している?
    のか全体にモヤがかった様になる。画像は参考として下さい。後継機はFinePix1200。
      換算 38o  1/3型 85万画素  単三X4本  SM  1998年10月発売

       

     FinePix 500
    700の金属ボディからプラで横型になり大きくなったがFinePixというよりCLIPP-IT?
    操作方法は変わらず、レンズも同じかも。バッテリーが単三・4本になり価格も大幅ダウン。
     換算 35o  1/2型 150万画素  SM使用  1998年7月発売

       
                                       これがアダプター。当時9800円で購入

        
                                木曽谷の民家                                          ルミナルエ

 
                                金沢・兼六園              
     FinePix 700
    当時、話題の縦型で150万画素、スマートメディア、専用リチュウム電池使用。レンズはf=7.6mm
    (換算35mm相当)でズーム機では有りません。停車中の電車や施設を写すのにはこれで良い。
    フィルム時代のクセでファインダーを使用。PCへ送るのに30分以上掛かっていましたので
    「フロッピーディスクアダプター」を購入、これで5分位になりましたが、後にカードリーダーを購入。
    PCはWin98 CPU400MHz HD20G でしたので本格使用には至らなかった。
     換算 35o  1/2型 150万画素  SM使用  専用電池(NP-100)  1998年3月発売

   

    4 DS‐30 
    広角寄りの三倍ズームレンズになり厚みと重量が増しまが質感はUP。単三X4本からNP-100へ変更。
    SMは3.3/5.0Vで8MBまでの対応ですがFINEで90枚位撮れるので十分です。作動の速さはこのは
    時代としては普通。写りはこの個体のCCDが弱っているのかDS-20より下回るので参考として下さい。
      換算 32〜86o  1/4型  35万画素  NP-100  SM使用  1997年11月発売

   

    3 CLIP-IT DS-20
    大きめのファインダーが付いて使い勝手が良くなりました。スマートメディア3.3V対応との事ですが
    この個体は認識せず5Vを使用した。単焦点、パンフォーカスで作動は速い。単三X4本&SMで
    今でも普通に使える。嬉しいのはDS7、8に比べ、画質が明らかに向上し自然な色合いになった事。
      換算 38o  1/3型 35万画素  単三X4本  SM  1997年6月発売

   

      CLIP-IT DS-8 
    青箱に綺麗な本機が有ったので即、拾い上げメディアを確認したが無い!70円でSM(5V)共々
    手に入れるのは厚かましい?DS7の後継機でFINEが追加された。三点ゾーンフォカス、二段
    手動絞りで大昔の入門カメラを思い出した。動作は余分な動きが無いので速い。遠景は苦手。
      換算 36o  1/3型 35万画素  単三X4本  SM(5V)使用  1996年11月発売

    

    1 CLIP-IT DS-7
    カシオのQV-10等とデジカメ黎明期に競った。液晶ビュワーが傷んでいるが何とか撮影が
    出来ました。書き込みは遅い。DS‐8より本機の方が自然な色合で良い。
      換算 36o  1/3型 35万画素  単三X4本  SM(5V)使用  1996年7月発売


                              
                                     伴にしたカメラ