OLYMPUS

   

   

    30 CAMEDIA C‐4100Z 
    C2000以来のデザインでC3100の後継機でC4040の普及機の位置付けですが別物の様な気がする。
    この時代にこの大きさと起動の遅さは?動きのある被写体はやや苦手でフラダンスなら何とかなった。
    上のシーンは色合いは補色系そのもの。最テレでも良く写ったのでレンズは良さそう。
        換算 32〜96o  1/1.8型  413万画素  SM使用  単三X4本  2002年9月発売

      

       

    29 CAMEDIA C-730uz
    10倍ズームレンズ付の普及機。スマートメディアに加えXDカードも使える様になりましたので1GBを
    入れてみましたが認知しませんでした(笑) 普及機なのに機能満載ですが電源を切ると初期設定に
    戻ってしまう、試行錯誤の時代だった? オート&最望遠(三脚使用)で撮ってみました。
      換算 38〜380o  1/2.7型 320万画素  xD使用  2002年9月発売

   

   

    28 CAMEDIA C-2z 
    低価格機C-1zの後継機でCCDが211万画素になった。写りはC-1zからかなり改善されているが
    色合いは個体に寄るかやや異なる。CCD1/3.2はチョット辛い。同価格帯のライバル機は単焦点で
    3倍ズーム機となるとやや高くなるキヤノンのA30だが130万画素。お値打ち感で良く売れたらしいが
    このシリーズは本機で終了した。キヤノンは2001年年末製品から性能がUPしたのにオリンパスは・・・
      換算 38〜114o  1/3.2型 211万画素  SM使用  単三X2本   2002年3月発売

   

   

    27 CAMEDIA C-3100Z   
    C‐3040zの普及機とされ、レンズをF2.8に液晶ビュワーの質・連写性能を落とし価格を抑えた。
    普及機と言えども、「長年フィルムカメラを使いこなして来た方」をターゲットとしているようで
    マニュアル露出やシーンプログラム、マイモード、作画機能等色々出来る。よく売れたのか
    手元に完動品が4コあり本機(64MB付)も100円で拾った。Cシリーズではファインダーで撮る
    クセが付いているので液晶の小ささは気にならない。各動作は遅め、色合いは補色系だが鮮やか。
        換算 32〜96o  1/1.8型  334万画素  SM使用  単三X4本  2001年11月発売

   

   

    26 CAMEDIA C-40Z 
    小型ボディに機能満載ですが私にはオーバースペック?単三X2本や上部液晶は便利。
    各作動ともやや遅いが造りは良い。写りはシーンをあまり選ばないが時々フレアーが出る。
    色合いも私好みだがコントラストが強め。このシリーズは長続きしませんでしたが良いカメラと思う。
      換算 35〜98o  1/1.8型 395万画素  単三X2本  SM使用  2001年10月発売

   

    25 CAMEDIA C- 
    C-1の後継機で半年後に発売された。外観は変わらないが中身は大幅に変わった。写りは
    改善されています。起動は速い。AFは「ジジ―」と音を立ててやや遅い。書き込みは普通。
    ストロボをオフにしても電源をオフにするとオートに戻るのでスナップ時には困った。
      換算 36o  1/2.7型 196万画素  単三X2本  SM使用  2001年9月発売

   

    24 CAMEDIA C-4040Z 
    C2000以来地道に改良を続け413万画素になった。昔からのクセでこのシリーズを持つと
    自然にファインダーで撮る。落ち着いた色合いとAF、AEの良さは変わらない、レスポンスも
    良い。単三仕様なので今となっては便利、SMも手に入りやすくなり環境が良くなった。
      換算 35〜105o  1/1.8型  413万画素  SM使用  単三X4本  2001年7月発売

    

    23 CAMEDIA C-100
    C‐1シリーズの流れを汲む低価格機。単三X4本使用で大振りなボディ。起動は単焦点
    としては普通、書き込みはやや遅い。写りは造りに無理が無いのかC−1よりは良さそう。
      換算 35o  1/3.2型 131万画素  単三X4本  SM使用  2001年6月発売

   

    22 CAMEDIA C-200Z 
    C-900の流れを汲む低価格機で並行して販売されたC-1シリーズより撮影素子がやや大きい。 
    扱い易い構成でバッテリーの持ちも良さそうだ。起動はその時代としては普通だがAF、書き込みは
    速い。写りは同時発売のC-1Zとは撮影素子が大きい分差が出た。換算105oで撮ってみた。
      換算 35〜105o  1/2.7型 211万画素  単三X4本  SM使用  2001年6月発売

   

    21 CAMEDIA C-1Z
    C-1ではミラーで屈折させてCCDに導いていたがこちらは普通の光学系で3倍ズームになった。
    大きさや操作はC-1と変わらない。各動作の速さは普通。写りはC-1より良さそうです。
      換算 38〜114o  1/3.2型 131万画素  単三X2本  SM使用  2001年6月発売

   

    20 CAMEDIA C-700uz 
    高倍率ズームコンパクト機シリーズの初号機でこのジャンルの1号機でもあるが今は大変な事に
    なっている。手ブレ補正機構は無い。コマンドダイヤルでシーンモードやマニュアルが選べる。
    ファインダーはEVFで望遠側で静止物を撮るのは良いが動きのある被写体は大変。各動作は
    やや遅めでこのシーンはビューワーで枠を決め動きを先読みしながら撮った。色合いは良い。
      換算 38〜380o  1/2.7型 211万画素  単三X4本  SM使用  2001年4月発売

   

   
                                                   オート 換算35o  f2.8(開放) 1/30秒  ISO170
   19  CAMEDIA C-990ZS 
   C-900zから始まったシリーズの最終機。シールに有るように液晶モニターが改良された。
   ただ、この大きさやスタイルは陳腐化が拭えずキャノンの攻勢に戸惑ったと思う。
   起動と液晶点灯が遅いがその後の速さは普通。補色系なので落ち着いた色合い。
      換算 35〜105o  1/2.7型  211万画素  SM使用  単三X4本    2001年3月発売

   

    18 CAMEDIA C-1
    小型、軽量、単焦点、簡単操作、低価格のビギナー向けの新シリーズ初号機。小型化の為に
    ミラーで屈折させてCCDに導いている。各動作は速い方ですが写りはこの時代としては?
      換算 35o  1/3.2型 131万画素  単三X2本  SM使用  2001年3月発売

      
                                  車折神社・三船祭 ’03.05

   
                                                          上賀茂神社  ’04元旦

    17 CAMEDIA C-3040Z
    鉄道を写すならFinePix700(単焦点レンズ)でも良いのですが、それ以外もとなるとズーム機の方が便利なので
    こちらを購入、大形になりましたが銀塩カメラと変わらず、SMもそのまま使え素直な発色で気に入っていた。
    当時は8、16MBのSMを使用していたのであまり撮っていない。大きさ気になりSMの限界もあってIXY400と交代。
      換算 35〜105o  1/1.8型 334万画素  SM使用  単三X4本  2000年12月発売

   

    16 CAMEDIA C-2100uz
    手ブレ補正付き38-380mm F2.8-3.5という明るい十倍ズームレンズ付で銀塩カメラには無かった
    デジカメならではスペックです。C-2020Zをベースにキヤノン製レンズを付けた物と言われている。
    軽くてホールド感も良くレスポンスはこの頃としては良い方です。同期生のフジ4900zと撮り比べてみました。
    落ち着いた発色を好む私はフジよりこちらが良いですが、撮りながら楽しむなら断然質感の良いフジです。
    今回は2機ともSMでしたがこのメディアは個々のデジカメ、カードリーダーと相性があるようで、今のSDに
    慣れた人には戸惑いが有るかもしれません。C-3040を使っていた頃のSMしかないので追加したが・・・
      絞り優先オート f8  1/320  露出補正-0.3  ISO100  換算130o相当       
      換算 38〜380o  1/2型 221万画素  SM使用  単三X4本  2000年8月発売

   

   

    15 CAMEDIA C-3000Z  
    C3030の普及版ですがあまりスペックダウンされておらず価格も当初は一割安だったらしいが
    暫くして大幅に値下げなったらしい。起動はやや遅めですがAF、書き込みは普通。SHQにしても
    電源を切るとHQに戻る親切設定も変わりません。AF、AWB、色合いともこの時代としては良い。
    見切り品を買った方、大きさを我慢すれば良い買い物だったと思う。この個体は新品同様です。
      換算 32〜96o  1/1.8型 334万画素  SM使用  単三X4本  2000年9月発売。

   

    14 CAMEDIA C-3030Z
    C2000zから始まったシリーズの3代目でオリンパス良き時代のデジカメ。CCDがやや大きくなったが
    レンズはそのままなので広角よりになり便利になった。各動作の速さはこの時代としては普通。
    液晶ビューワーは当てにならないがファインダーで撮る設計なので不自由しない。往時、C3040を
    使っていたので使い勝手で迷うことはないが、電源を切ると設定が戻るようでその都度HQから
    SHQに設定しなければならないので戸惑った。64MBのSMは認識しなかった。落ち着いた色合い。
        換算 32〜96o  1/1.8型  334万画素  SM使用  単三X4本  2000年3月発売。

       

    13 CAMEDIA C-860L
    フィルム時代を踏襲したデザインでC830Lの後継機。価格優先かノイズは多めです。
      換算 36o  1/2.7型 131万画素  SM使用  単三X4本  2000年2月発売

   

   
                                                                   一部修正
    12 CAMEDIA C‐21T.commu
    C‐21にドコモの携帯電話やPHSと接続して画像を転送する機能を追加した、カメラ付携帯電話が
    普及する前の製品。カメラ付携帯電話は2000年11月発売のシャープ製が最初らしい。「写メール」
    という言葉が流行った。本機はチタンボディではないかとRekkie師匠が提言されている。確かに
    冬場、最初に手にするとヒンヤリ冷たい。当時、O社に在籍され販売を担当されたでぶ猫爺
    によるとチタンボディではないそうです。単焦点で定価99,800円と比較的高価だった。
      換算 38o  1/2型 214万画素  SM使用  2000年2月発売

    

    11 CAMEDIA C-2020Z
    C2000Zのマイナーチェンジ機でかなり改良されました。造りの良さを感じさせます。動作は書き込みを
    除いて速い方で操作も迷う事は無い。色合いはこのシリーズらしい落ち着いた発色で好感が持てる。
     換算 35〜106o  1/2型 211万画素  SM使用  単三X4本  1999年11月発売

       

    10 CAMEDIA C‐21
    外装はアルミ合金で高級感があり当時としては200万画素クラスでは最小だったとか。
    レンズカバーを下にスライドすると電源が入ります。背面の一部のスイッチは爪を立てないと
    押せません。レリーズボタンも最後まで強く押す必要があります。誤動作防止の為でしょうか。
    写りはオリンパスらしい落ち着いた色合いで好感が持てます。単三2本使用ですので予備が必要。
     換算 38o  1/2型 214万画素  SM使用  1999年8月発売

       

     CAMEDIA C‐2000Z
    F2.0・3倍ズームレンズ付でボディは大振りで存在感があります。ファインダーには視度調節が
    付いたり操作もフィルムカメラの流れがあるので扱い易いく大きさの割に軽く113000円という価格ながら
    良く売れたという。従来の流れと新しい感覚、大振りの存在感・・・キャノネット(初代)を思い出しました。
    単三仕様は当時としては意外に大変だったが今はエネループのお蔭で良い。
     換算 35〜106o  1/2型  211万画素  SM使用  単三X4本  1999年4月発売

   

     CAMEDIA C-900ZOOM
    銀塩カメラ時代からの伝統のスタイルで良く売れたらしい。動作は全体に遅めですがこの時代としては
    標準でしょうか?色合いはこの頃の製品としては上の部類と思う。
      換算 35〜106o  1/2.7型 131万画素  SM使用  単三X4本  1998年11月発売

   

     CAMEDIA C‐1400XL
    C‐1400のマイナーチェンジ機。SM32MBまで対応になりSHQで33カットでフィルム感覚になった。
    SHQだと書き込みに時間が掛かるがメモリー機能が付いたので連続撮影が出来る。他にX接点が
    付いたが業務需要もあったか?。起動、AFは速い。写りはラチュードが狭いので敢て落葉した木を
    撮ってみた。銀杏は何とか収まった。グリップのラバーが一部欠けています。
     換算 36〜110o   2/3型 141万画素  SM使用  単三X4本  1998年10月発売

   

     CAMEDIA C-840L
    C-820Lの後継機で外観も似ているがCCDの他にレンズが新設計の物に変わっている。
    各動作の速さは時代を感じさせます。写りは同期のFinePix700とは価格分下回るが
    PowerShotA5とは価格分上回る。
      換算 36o  1/2.7型 131万画素  SM使用  単三X4本  1998年4月発売

   

    5 CAMEDIA C-820L 
    C840Lの後継機でスタイル、スペックは変わらないが価格が2万円安くなった。
    販売店からの要望でメディア盗難防止装置が付けられたがこの頃のSM・8MBは8,000円位だっだらしい。
    各動作は速い方。写りはアンダー気味でノイズ多めですがこの時代としてはガンバッテいたと思う。
      換算 36o  1/2.7型  131万画素  単三X4本  SM使用  1997年11月発売

   

     CAMEDIA C‐1400L
    レンズ固定式一眼レフで撮影素子は2/3で大型。オリンパス初のデジタル一眼レフですが一般用の
    デジイチが無かった頃で歓迎されたようです。コンバージョンレンズが用意されていたがカメラ側の
    操作は極めて単純。スマメ8Mまで、電源は単三4本。ズームを動かすとカリカリ音がしますが個体の
    問題か?斬新なスタイルがお気に入りでこれからも時々試してみたい。
     換算 36〜110o   2/3型 141万画素  SM使用  単三X4本  1997年9月発売

   

      CAMEDIA C-420L
    C‐820Lと共に発表されたオリンパス初の画像記憶メモリ(SM)対応カメラ。起動は速く書き込みは
    遅いが時代を考えれば普通か。写りは、C‐820Lとは画素数が違い(価格差)がハッキリ出る。
    画像は禁じ手ですがハンディをあげたいと思う。SMは8MBまでしか認識しない。
      換算 36o  1/3型  35万画素  単三X4本  SM(3.3V)使用  1997年8月発売

   

    2 CAMEDIA C-820L
    銀塩カメラ風のデザインでこのシリーズ二代目、オリンパス初の交換式メディア対応機になりました。
    起動は速いが書き込みは遅い。デジカメが実用域に入った事を告げる機と思う。単三X4本使用ですが
    バネが強く破損の恐れがあるので外部電源で撮った。バッテリ−の持ちはファインダーで撮れば良い。
      換算 36o  1/3型  81万画素  単三X4本  SM(3.3V)使用  1997年7月発売

   

     CAMEDIA C-400L
    撮影可能で液晶ビューワーの劣化も少なそうですがケーブルが無くデータが出せない。
      換算 36o  1/3型  35万画素  単三X4本  1MB内蔵メモリー  1996年8月発売


                              
                                     伴にしたカメラ