吉さんを偲んで

          名鉄常滑線聚楽園駅手前で車窓から大仏さんの頭だけが見える。
          小学校の頃から何時も眺めていて、なぜこんな所にと思っていた。
          最近になって藤澤茂弘著「不屈の男 山田才吉」マイタウン刊 が出た。
          山田才吉さんの寄進という。早速出かけました。

       

    北陽館  岐阜県可児郡土田村(現・可児市)
    木曽川沿いに昭和元年(1916年)開業した。後に名鉄グループ「江陵閣」になったが
    この時代に建物は建て替えられている。同館廃業後跡地に「湯の華アイランド」が出来た。
    木曽川対岸から現況(左)と北陽館(右)湯の華アイランドにて展示中の写真から(UP許諾済)

       

    湯の華アイランド玄関と北陽館のパンフレット。
 
       

    南陽館  名古屋市港区東築地
    明治43年(1910年)水族館が開業、南陽館完成直前の大正元年(1912年)で水害により大きな被害を
    受ける。縮小し再建されたが昭和10年(1935年)閉館。
    南陽館跡に市立東築地小学校が建つ。            南陽館へのアクセスとして熱田神戸橋(内田橋)〜
                                        南陽館前間が熱田電軌により開業した。
                                        昭和15年(1940年)廃止。終点はこの辺り?

       

    聚楽園  知多郡上野村(現・東海市荒尾町) 
    昭和2年(1927年)5月開眼式が行われた。昭和60年(1985年)6月補修工事を終え落慶開眼法要が行われた。

      

    長い階段を登ると仁王像が現れる。

      

    香台。「昭和二年 施主 山田たか(養女)         常夜燈。「施主 山田夏(なつ・先妻)」
    山田まち 山田よね(後妻)」                 大仏完成前の大正13年死去。

       

    壽像と頌徳碑                            当初は大仏の中に入れたが今は閉鎖中。

       

    料理旅館「聚楽園」は解体され跡地に              「聚楽園」への道は利用されず残っている。
    茶室「嚶鳴庵」が建つ。

       

    嚶鳴庵の庭。作庭にあたり旅館時代の庭石や木が使われたという。

        
    
    完成後は名古屋市内や近在の小学校の遠足でも利用された。
    今は「東海市しあわせ村」として整備、解放されている。訪れた日もピクニックの人々が多数いた。

       

    北陽館。                               後に江陵閣となり今は湯の華アイランド。

       

    北陽館のパンフレット。2点とも湯の華アイランドで展示中。撮影UPとも許諾済    湯の華・玄関。


                                                  
                                       金鯱の下