嚶鳴庵 聚楽園
     山田才吉が大正5年(1916)料理旅館を「聚楽園」開業、敷地内に
     昭和2年(1927)を大仏を建立、観光名所となった。山才さん没後
     売却され近年まで残っていたようだが解体され跡地に旅館時代の
     庭石や木を一部使って1996年茶室「嚶鳴庵」が建てられた。

     戦前、姉達は小学校の遠足で出掛けたそうです。
     嚶鳴庵、聚楽園(東海市しあわせ村)共、紅葉シーズンはライトアップされる。

   聚楽園(東海市しあわせ村)
    

    

    

    
    
   嚶鳴庵 
    
   ツワブキ咲始め
    
   中央は船石?
       

    

     

   
     
   2013年4月大仏を撮りに行った時の画像です
     

     

     
                               蹲四面に仏像が彫られている
     
                               旅館時代の道?
                                  
                        
                               街歩き