和歌山城

          羽柴秀長(城代桑山重晴)の築城、浅野幸長、紀州徳川家と続いた。
          今回、石垣の刻印を調べた折に城内を急いで巡った。

     

    一の橋から入城した。                          大手門(復元)浅野時代に大手門になる。

     

    追廻門。紀州徳川時代に建立。                    岡口門(重文)羽柴秀長時代は大手門

     

    裏坂から上る                               井戸

     

                                          本丸の門があった?

     

    戦後再建された。この部分のみ有料。

     

    西の丸庭園入口。無料                          鳶魚閣

     

    御船石

     

    御橋廊下。通行可能(履物は脱ぐ)                  内部、上方から見る。滑らないようになっている。

         

    秀長時代の野面積みの石垣                     何度か改築された表坂の石垣。

     

    伏虎像。江戸時代「虎伏山竹垣城」と呼ばれそれに因む。     二の丸庭園

     

    大奥跡                                  穴蔵状遺構。非常時に大奥の調度品を納めたという。


         和歌山城。刻印石はこちら   食べ歩き・和歌山はこちら   地酒に酔う・和歌山 こちら


                                 
                                        和歌山城の刻印石き