富田林


 富田林は興生寺別院と共に
 古くから栄えた寺内町。
 早くから自治的都市特権を得て
 町政の運営には年寄役となった
 八人衆があたった。江戸時代は
 幕府御料(直轄地)となり、幕末には
 19名の大組衆(杉山家、仲村家、
 奥谷家などの有力町人衆)により
 自治が行われ明治を迎えた。

 今井町に比べ軒数は少ないが
 一軒当たりの広さと重厚さが異なる。
 今回は駆け足で巡ったので
 次回は時間を取って訪れたい。

 

 富田林 御坊 興生寺別院・山門





    

    旧杉山家住宅(重文)杉山家は八人衆の一人ともいわれ江戸時代中期以降酒造業を営んだ。一般公開中

    

    木口家。木綿商から瀬戸物商に転じた。            橋本家。18世紀中期の築造。

    

    杉田家。元は油商で今は「杉田医院」の看板が掛る。    田守家。明治中期まで木綿商を営んでいた。

    

    (南)奥谷家。奥谷の分家。                    佐藤家。仲村家から出て味醂の醸造を営む。

    

    越井家。材木商を営み安政年間には庄屋を務めた。    (東)奥谷家。奥谷家の分家で油商を営む。

    

    奥谷家。材木所を営む。                                                                  

    

                                                                                                                                   

    街並み。                               大正期?昭和期?の建築。

    

    中内眼科医院。元國分銀行本店。               改装されているが元は洋館?


                              
                                     街歩き    大和路