東武鉄道 日光軌道線

          廃止直前の昭和43年1月に訪れた。観光客も無く、今と違って同業者が
          大勢来るわけでもなく閑散としていた。路面電車というより山岳線としての
          印象が残る。電車は派手な外色に比べ車内は戦前派の感じだった。
          シーズンには続行運転もあったが、観光バスの発達と古河関連の貨物の
          トラックへの移行により昭和43年(1968年)2月全線廃止。

       

    国鉄日光駅前。駅舎は今も健在とか。ループ線で単線一方通行だが停留所は2線になっていた。

       

    東武日光駅。駅舎の右が軌道線乗場。           東武駅前付近。国鉄駅は杉並木方面
    現在は山小屋風の駅舎に建て替えられた。         手前は貨車通過線。

             

    東武駅前付近。すぐ登り坂になる。              御幸町(警察署前停留所付近)

          

    神橋。日光軌道線一番の撮影名所。

       

    暗くて露出大きくアンダー。

             

    下河原。東照宮に近く飲食店が立ち並ぶ。

       

    電車車庫前。停留所というより信号所の趣。        馬返。この時期に先へ行く人は少ない。
    
       

    旧車庫。電留線になっていた。                 車庫。本線から下った所にあった。

       

    ED611。昭和30年(1955年)東洋工機製。         ED602。大正8年(1919年)大宮工場製。
    廃止後、栗原電鉄へ。現存するという。          元国鉄アプト線用電機。鉄道博物館に展示中。

         

    100形。昭和28年(1953年)宇都宮車輌製。         200形。昭和29年(1954年)宇都宮車輌及び
    廃止後全車岡山電軌へ。一部現存。            汽車支店製連節車。203が東武博物館に現存。 

        

    テ12。昭和4年(1929年)日車製。事業用。          テト102。古河の私有車。

      昭和43年(1968年)1月 撮影   ED602のみ昭和43年(1968年)4月撮影