採石地を訪ねる

       

    篠島の残石が名古屋城正門南の加藤清正像の脇に展示されました。   ’12.12.08

                      

    西尾市東幡豆町前島                      蒲郡市西浦町 1
    1コのみでした。                          矢穴の残る石が3コ連続する。

       

    蒲郡市西浦町 2
    付近には採石跡が広がる。

       

    蒲郡市竹島 1
    矢穴の残る石や割られた石が西海岸に残る。遠浅でしかも陸地側なので作業がし易かったか。

       

    蒲郡市竹島 2
    橋を挟んで反対側にも残る。                 上の常夜燈のある石の近くに毛利秀就の
                                       刻紋が残る。

       

    篠島 1
    岬で水深もあり採石して直接船に積める良い場所。
    「清正の枕石」採石場と伝わる。               南風ヶ崎の採石跡。

       

    篠島 2
    矢穴が残る。上にも残る。                   矢穴が残る。

       

    篠島 3
    割った後に転がった位置が悪かったか?放置されたまま残る。

       

    小牧・岩崎山 1
    名古屋の北方・小牧市の岩崎山。小さな山で       失敗した石が残る。左写真の中央の石にも
    今も石が残っています。                    矢穴が残っている。

       

    小牧・岩崎山 2
    表面に刻まれたので薄くなっているが            下方に「イ」 この「イ」は名古屋城には
    「此山中阿部御内 いしば」左に鷹の羽?         無いというが四角にイ?をUPしている。

       

    小牧・岩崎山 3
    本に記されている様に多数の刻紋は見つけられなかった。

       

    小牧・岩崎山 4
    近くの厳島神社。当時は作業所の一角か。      石工が寄進したと伝わる燈籠。  
    ここにも残石があるとの事だったが発見出来なかった。


                              
                                       金鯱の下