ペンタックスVSミノルタ

      この頃は人気を2分していました。今もコンセプトは変わらずうれしい。

        

     アサヒ フレックス                        SR 1
     ウエストレベルのレフレックスとレンジファインダーが    SR2の廉価機として翌年発売。シャッター速度
     付いています。35mm一眼レフのパイオニア!        1/1000秒が省かれている。4次に亘って改良が
                                         続けられたが本機は4次形より1S形に近いので
                                         カメラレビュー「ミノルタのすべて」を当たる必要が
                                         ありそう(本は購入したのですが何処へ行ったやら・汗)
     
         

     AP                                SR 2
     ペンタプリズムが付きマウントがプラクチカに。       ミノルタ初に一眼レフ。3本爪バヨネットマウント。
     使いやすさと機動性が格段にUP。レンズは        スクリューかバヨネットかでカメラ誌で話題になりました。
     プリセット絞りです。若い人には説明し難い。       レンズのコーティングも新鮮。
     このスタイルがKシリーズが出るまで続きました。

        

     SV                                SR 7
     自動絞りになりセルフタイマーが付きました。       Cdsメーターを内蔵。フィルムカウンターが
     シャターダイヤル連動外付け露出計(通称・       レリーズボタンの脇になりました。
     カツラ)も発売されました。                  ミラーUPも出来るようになりました。
 
        

     SP                                SR T101 
     最初のTTL測光機。平均・絞込み測光。          TTL・開放測光で合わせてレンズも開放値を
     露出を測るのはチョット手間が掛かる(笑)         ボディに伝道するカップラー付になりました。
     でも9年に亘り良く売れ、最近まで実用機          絞込み測光か開放測光かで又も話題に。
     として使っている人を時々見かけました。          シャッターダイヤルが白と黒(前期、後期)が
                                        あります。
  

     MG
     KマウントMシリーズ、絞り優先のみのシンプルな機種。
     コンパクトで使いやすい伝統は続いています。 
     U君の2台目になりました。


       ニコン&キャノン      35mm古武士達         ハーフ判
       35mm高級機        キャノネットと同期生達     他のサイズ
                        35mmコンパクト機       番外編