大阪城の刻印石
         
          大坂城の刻印石はおよそ2000種類、5〜6万個近く在るといわれています。
          但し、ここの刻印石はお堀と違い彫りが浅いので目で見えなくても画像から
          発見できる事もある。刻印のある加工石は名古屋では文字紋のみで図柄紋は
          初めて見た。機会を作り暫く通ってみたい。二度目は外堀を主に回った。
          刻印石は多いが手持ちのレンズでは長さが足りなかった。作業が大変なので
          順次UPします。次回は単焦点600oレンズを購入して・・・・でも高くて手が出ない(涙)
          殆どが名古屋にもあるので今後は(名)を付けません。刻印広場はこちら

    南外堀 

     

    「半金輪」? 「大」                            ?

     

    「中川久留子」                              「〇に二八」

     

    「桝に一引き」と「鱗に三算木」 が混在               「〇に三つ引き」に□が被る
    中央上の鱗の右は「十八」 右中央は「陰桝」           上と右に「鱗に三算木」

     

    「鍵に一引き」?と「四角」が混在                   多数ある

     

    左「花久留子」備前松山池田長幸 右「○に十一」         上「万字」 下「四角に千子?」

     

    「〇に二つ算木」 見事な「九曜」 何れも多数ある。       「〇に一つ算木」 「〇に三つ引き」何れも多数ある。

     

    「九曜」「木」「〇に木」多数。中央上の○木の           「一つ目」多数 右下「団子」
    左「??左衛門」の文字

     

    「〇に三」数字の3と思う。「鱗(点あり)一引き」           上「万字」下左から「〇に三」「蛇の目」「〇に杵」 

     

    「遠山(上下逆さ)」?「巴」                       「三つ星」「折れ松葉(上下逆さ)」「琴柱(上下逆さ)」

 

    ?  「扇」 「金輪と鍵」

     

    加工石。万字。この形は初めて見ました。               図柄と思う。祐筆さんの筆運びが良く判る。

     

    「丸に木」                                 「鱗に三算木」

    東外堀 
    意外にあります。堀の幅が広いので手持ちのレンズでは届かないので拡大して
    あり画像がやや不鮮明になりました。

     

    右上下に「土佐柏」                           上から「三枚梯子」と「土佐柏(一葉)」
                                           「鱗」と「土佐柏(一葉)」右下に「土佐柏(一葉)」 

     

    左「土佐柏」 右「井桁」 中央下「鱗の中に?」           「二金輪」と「分銅」が重なっている。

     

    上二つ「鱗に一引き」下「桝に?」右「鉞」               「筋違」と「六」

     

    七つ割平四ツ目                             桝に「種」のような文字

     

    陽と陰の「桝」 右下は「〇に轡」?                 左上は「釘」 右下は「鍵と〇に鱗(中に○)
                                          この付近には鍵無もあります。
    これら以外にも有りますが画像が荒れUP出来ません。


    内堀 東 

     

     「〇に一引き」と「菱」「三つ菱」?多数               「万字」お見事!

     

    「九曜」 「二十一」 「二十」                      この辺りに「平井筒」が多いが井筒の中に「点」や
                                          「斜め線」が入ったりでバリエーションがある。

     

    この辺り「〇に三つ引き」多数。右上は「平井筒」         「鍵」と「〇に大」が多数混在。

     

    上は「十」と鍵」下は「十三」 「鍵」 「筋違い」            「裏銭」?
     
 

    「十字架(十文字久留子)」と思ったが担当場所が違う。


    南空堀 桜門東


 

 左の□模様は加賀藩 前田 利常
 右上下の丸に久は播磨山崎藩 池田 光澄
 右下の丸久の下にも刻印が有ったが
 判断できない。

 




 


 

 一引きに〇 萩藩 毛利 秀就 (名)
 毛利 秀就は名古屋城も参加した。
 左に九曜 小倉藩 細川 忠利 (名)
 上に串の通らない三団子 (名)















 

    「九曜」

    南空堀 桜門西 

     

    「〇に釘」と思うが素直に一と見るか。                「桝」

 

    判り辛いが「舵」と見た。


     大手門土橋

     
                           
    加工石。丸に土佐柏 土佐藩 山内 忠義 (名)          「桝」
    山内 忠義は名古屋城も参加した。              
    三菱の「スリーダイヤ」の原形と言われている。                             

 

    「矢羽根」大阪城はチョークを使って良いらしいので
    次回試してみます。

    大手口桝形
 
    

   「二千ノ内 こん太夫」らしい     「左ヱき十七」?右上は逆さですが
   熊本藩 加藤 忠広          土佐柏? 山内忠義の家臣に
                         渋谷長左衛門、渋谷久左衛門がいる。


    青屋口門左 

     

    左「鍵」 右「団子」                            「陰桝」

     

    「桝」                                    桝というより四角

     

    「金輪」?「蛇の目」?                          左「〇に三つ引き」右「丸に轡から線が伸びている」

    青屋口

     
    
    串の通った二団子 (名)                         □の中に文字(忠?)

     

                                           土佐柏・一葉(上下逆さ) 土佐藩 山内 忠義 (名) 

    一番櫓

    
    
    矢羽根と見ましたが?         加工石。分銅 松江藩 堀尾 忠晴。

    玉造口

     

    一引きに〇 萩藩 毛利 秀就 (名)                 三(上下逆さ)と見ましたが? (名)

     

    丸に三つ引き両。この付近に多くある。 (名)            丸に算木? (名)

     

    桝 (名)                                  □の中央上に棒 (名)

         

    スダレ紋様に金輪                           〇に二つ算木  萩藩 毛利 秀就 (名)            

     

    輪違い (名)                                〇に一引き (名) 

    京橋門 

     

    「○に二」.                                 「扇」

 

    「鱗に一」

    隠し曲輪

     

    万字 加賀藩 前田 利常 (名)                    中川久留子 丹波園部藩 小出 吉親 (名)

       

                                        〇に二八 丹波園部藩 小出 吉親

      
                                 
    加工石。一引きに〇 萩藩 毛利 秀就 (名)             
    縦棒に見えるのは枯草(汗)  

    山里丸 

     

    「杵」山里丸は加賀・前田利常単独で請け負ったようです。    「杵の下に小丸」

 

    「七」?前田は「七」を使っていないかも。

    天守閣 

 

    丸に十文字 若狭小浜藩 京極 忠高 (名)


           「刻印石広場」はこちら