岐阜市内線美濃町線 徹明町〜日野橋

          美濃町線の岐阜市内線(狭義)扱いは均一区間の日野橋とします。
          旧市街地は北一色まで、その先は郊外の雰囲気で「北一色」ローカルも
          あったがいつのまにか無くなった。後年あんな狭い所に交換設備がよく
          あったなと思ったが当時は車も少なく気に留めていなかった。乗務区が
          あって乗務交代があったが狭い乗務区内は人出溢れていた。
          市ノ坪経由で新岐阜乗り入れが始まると人の流れが変わりこの区間も
          徐々に乗客が少なくなったようだ。
          お詫び HP作りの度にネガが空気に触れ一層劣化が進みました参考として下さい。

     

    徹明町。駅舎が南側にあったのでこの頃はこちら側で乗降していた。 モ521(右)「新関」モ511(左)「美濃」

     

    モ571                                 徹明町駅舎。

     

    徹明町。モ525「北一色」行き。この頃は             金園町4丁目〜梅林。右の酒井商店さんが  
    北一色に交換設備と乗務区があった。              同建物で盛業中。

     

    梅林。ここから単線になるので駅員(中央)さんの       梅林〜競輪場前。「新関」行き
    手でタブレット交換。左に駅舎が見える。


        昭和37年(1962年)  昭和40年(1965年)  昭和42年(1967年)  撮影