惜別 名鉄 ラインパーク モノレール線 

         昭和37年(1962年)3月犬山遊園〜動物園間1.2kmを我国初の地方鉄道として開業した
         日立・アルベーグ(西独)製跨座式モノレールで、用地が狭隘で急勾配(最急97‰ 平均32‰)
         になることから採用。一日あたりの平均輸送人員はピーク時の1978年度の3059人で昨年度は
         645人で、遊園地輸送の性格上客の殆んどが家族連れでマイカーにシフトしてしまった。
         施設は大きな変更も無く、車両も1994年特別整備がされたものの冷房化はされず、末期は
         老朽化が目立ち故障による運休が時々あった。  2008年12月27日 廃止

       

    右手が犬山線名古屋方面ホーム。               開業直後は女性乗務員が乗務。
                                        現状、普段はワンマン運転。
        
       

    犬山遊園 1
    新型車両達と並ぶ。                      

       

    犬山遊園 2
    スノウプラウが厳しい。勾配線でゴムタイヤを           
    使用していても雪には弱い。

        

    2007年正月の成田山 1
    道路は大渋滞だがモノレール線の客は少ない。       正月でも3連、30分ヘッドで輸送。

   

    2007年正月の成田山 2
    写っている人々は露店の客。      正月輸送で駅員さんは大勢いました。 地方鉄道ですが
    駅はあまり目立たない。         設備は開業以来のまま。        始発は遅く終車は早い(笑)

          

    成田山                              成田山〜動物園  
    常連さんはここに駐車(無料)                  開業直後の姿。車体はアルミ製で機器は         
    モノレールで公園に向かう。                   鉄道車両の流れをくむ。試作車的要素もあり       
    (公園の駐車場は有料)                      実績が「東京モノレール」に生かされる。
    
       

    成田山                              成田山〜動物園 
    この日はマラソンが行われランナーの車で満車。     

       

    動物園駅                             成田山〜動物園 
    外は公園内になるので、出場の場合は 
    入園料(1600円)が必要。

       

    車庫                              成田山〜動物園 
    動物園駅に隣接。犬山検査場に属する。           開園間もない頃で樹木も育っていない。

                                                             

                                        成田山〜動物園 5

       

    開放式運転台でレバー式マスコン             駆動装置が車内にあり試作車要素は
    当初よりATSを装備。ATOは撤去。            免れない。

       

    103が可児市土田の「湯の花アイランド」に保存されています。動力装置も見えるようになっています。

       

   車内に入れます。スイッチやシートには厚いカバーが掛けられ状態は良好です。車内には往時の
   写真も掲げらています。訪問には名鉄西可児かJR美濃大田から無料送迎バスがあります。
   見学は無料で年中無休9時から20時まです。

 
    記念切符と切符、入場券を記念切符コーナーで紹介。

 

    おとぎ列車。2009年営業休止。最後の頃の
    DLはトーマス風だった。


    1962年(昭和37年)4月  2007年1月  2007年10月  2008年2月  2013年6月  撮影