松尾鉱業

          花輪線86三重連の撮影を兼ねて出掛けた。昭和43年(1968年)7月で
          この年の年末に倒産した。クモハ200形が入り客貨分離されていた。
          86三重連に気が行っていてすぐ折り返し、広い東八幡平構内や雄大な
          沿線は写していない。雄大な光景は地方私鉄1960年代の回想で御覧下さい。


       

    クモハ200形       大更                           東八幡平
    昭和5年(1930年)川崎製旧阪和モヨ100形。昭和42年国鉄から払い下げを受け客貨分離された。
    活躍期間は短く、廃止後は弘南電鉄に移った。 

       

    ED50形                              88620 [盛花]
    昭和26年(1951年)日立製50t機。電化に           大更駅での離合。人がに右手に向かう 
    伴ない2両新製。廃止後は秩父鉄道へ移った。       社線駅は左後方か?

       

    ED25形
    昭和26年(1951年)東芝製25t機。電化に伴ない2両新製。ED251が松尾歴史民俗資料館に保存。

             

    ホハフ7                               オハフ9
    原型を保つ。                            かなり改造されている。

       

    オハフ10                               オハフ11
    左端が特別室。                           近代化されている。左端が特別室。

       

    ナハフ8                               ハニフ4?
    比較的原型を保っていた。