名鉄 600V鉄道線車両 年表                   名古屋鉄道100年史より抜粋
昭和21年 1946年 11月 三河線三河鳥羽〜東幡豆間3.8q電化(600V)
12 モ3700系(初代・国鉄モハ63系と同型)運用開始。見返りに600V小型車を供出。
22 1947年 4 三河線東幡豆〜蒲郡間10.6q電化(600V)
11 大曾根線小牧〜犬山間電化(600V)上飯田〜犬山間直通運転開始
23 1948 5 名岐・犬山・一宮・津島線1500Vに昇圧。名古屋本線豊橋〜岐阜間直通運転開始
26 1950 10 安城支線南安城〜安城間1.1q旅客営業開始
27 1952 4 広見線御嵩口〜御嵩間0.7q開通
12 尾西線1500Vに昇圧。津島線の列車は弥冨まで延長。尾西線の列車は津島〜玉ノ井間に変更
28 1953 12 豊川市内線1500Vに昇圧
29 1954 10 渥美線全線を豊橋鉄道に譲渡。
12 揖斐線忠節付近の路線を変更し忠節にて岐阜市内線と連絡。これで岐阜市内線を介して本線とも繋がった
30 1955 1 岩倉支線1500Vに昇圧。
4 3600系を1500V・600V複電圧に改造。
31 1956 3 3600系による西尾〜栄生(新名古屋)間直通急行運転開始。
34 1959 7 蒲郡線1500Vに昇圧。三河線と直通運転開始。
35 1960 3 西尾線1500V昇圧。蒲郡線との直通運転開始。
3 平坂支線西尾〜港前間4.5q廃止
36 1961 4 3600系による竹鼻線新岐阜〜大須間直通運転開始。
37 1963 6 竹鼻線1500Vに昇圧。
39 1964 3 各務原線1500Vに昇圧。新鵜沼駅移設、犬山線との直通運転開始。
10 小牧線1500Vに昇圧。上飯田〜新鵜沼間直通運転開始。
40 1965 3 広見線1500Vに昇圧。名古屋本線と直結する全路線が1500Vになった。
瀬戸線にモ900・ク2300・ク2320入線。
42 1967 12 揖斐線と岐阜市内線との直通急行運転開始。
48 1973 8 瀬戸線モ3700使用開始。
51 1976 2 瀬戸線土居下仮駅設置。堀川〜土居下間廃止。
53 1978 3 瀬戸線1500V昇圧。
平成9年 1997 揖斐線にモ780形7両入線。
13年 2001 10 揖斐線黒野〜本揖斐間5.6q廃止。
10 谷汲線黒野〜谷汲間11.2q全線廃止。600V鉄道線専用車両全廃
17 2005 4 揖斐線忠節〜黒野間12.7q廃止により600V鉄道線全廃。


                                             
                                                   ローカル私鉄の今昔