稲沢トロッコ鉄道 ビオトープ線 

       稲沢鉄道クラブでは初の自前車両の製造を終え、バイオガスエンジン機による
       運転も目途が立ちました。公開運転はコロナ禍では暫くは困難になりましたが
       整備は着々と進んでいます。重くなりましたので新ページにしました。
         ’17.10~’21.03 は  

     
                ’21.07.17
   四月に崩れた第三橋梁左岸橋台の復旧工事を        レールを固定して本日の作業は終了 
   行った。新しい主桁を手作業で渡す。主桁は          
   中古の枕木(外国物か長い)で非常に重い!

     
                ’21.07.17
   レール、枕木、主桁を撤去し橋台を再構築。ここまでは作業に追われ画像無し。

     
                ’21.07.10
   本日は枕木追加2本、中途1ヶ所、調整2本で内1本は基礎がなく基礎追加 
   8月の運転会は又も中止になりました。

     
                ’21.06.12
   本日は枕木追加2本、基礎のみ1ヶ所、調整3本で内2本は基礎が木材でレンガに交換 

     

   沿線では田植えが行われていた              本物の枕木が20本搬入されていた

     
                ’21.05.08
   草刈りがしてありました。感謝!             枕木を追加しようとしたらコンクリート
                               ブロックが出てきて結局2個撤去して追加。

     
 
   枕木が沈んでいたので上げようとしたら基礎は木材で腐食していた。レンガに交換し
   位置を決め、その先に枕木を追加。本日は枕木追加4本、調整4本。いささか疲れた。

     
                ’21.04.24
   客車の軽量化を目指し、Kさんの手で軽い試作台車が出来き早速試運転。
   車輪はプラで転がりは良い。耐久性に問題があれば鉄製に交換できるそうです。

     

     

   Eさん持ち込みの電動車と客車。左は機関車タイプ、右は電車タイプ。客車は5インチと兼用。
   バッテリー式でモーター出力不足により乗員2名(運転手を含め)だと33‰が登れず。

     
                ’21.04.24
   第三橋梁のレベル調整をしていたら橋台が         運行再開後を目指し作業は続く。
   崩れ運行停止になりました。復旧が待たれる。       本日は枕木追加5本、調整4本

     
                ’21.04.10
   
本日は枕木の交換3本、追加3本、調整3本          隣ではバイガスで野草の天ぷらを揚げていた