今井町

          江戸時代には自治特権が認められ「大和の金は今井に七分」といわれる程に栄えた町。   
          最初に訪れたのは1997年夏休みに入って間もなくでU君の自由研究の現地見学だった。
          暑い中、豊田家や河合家の内部を見学、撮影したのも懐かしい思い出。その時の画像を
          UPするには改めて両家の承諾が必要と思うので今回は見送る。その後、飛鳥を廻った時に
          訪れているが画像が見付からない。今回、横大路を歩いた際に立ち寄った時の画像をUPします。

    

    今西家(重文)惣年寄の筆頭を務めた家。          豊田家旧材木商で吉野方面の原木を扱っていたが
    城郭の様な建物で敷地も広い。                 現地からは川流しで送られここに原木は来なかった。

    

   中橋家(重文)屋号を「米彦」といい代々米屋を         上田家(重文)今西家・尾崎家と共に惣年寄りを
   営んでいたが幕末頃は肥料・金物も扱っていた。        務めた。屋号は「壷屋」で酒造業を営んでいた。

    

    音村家(重文)屋号は「細九」で金物商等を          米谷家(重文)屋号は「米忠」で代々金物・肥料商を
    営み、繁盛した様でその都度増築を重ねた。         営んでいた。今井町では珍しい農家風の建物。 

    

    内部を一般公開中。「みせのま」から床が順次高くなる。    右側が広い土間になっている。

    

    河合家(重文)屋号は「上品寺屋」で酒造業を        高木家(重文)屋号は「大東の四条屋」で酒造業
    今も営んでいる。前回は2階の座敷を見学した。       醤油業を営んでいた。幕末の好建築という。

    

    山尾家屋号は「新堂屋」で肥料・木綿商を
    幕末には両替商も営み町年寄りも務めた。

    

    称念寺今井町は本寺の寺内町で明治天皇の畝傍御陵行幸のとき行在所となった。本堂は修復中。

    

    春日神社この地は明治初年まで「常福寺」が         旧常福寺の観音堂
    有り、本社はその鎮守社だった。

 

    旧常福寺の行者堂


    2015年5月 撮影


                             
                                    街歩き    大和路