九月

       

    抜穂祭 1          ’10.09.02
    豊かに稔りました。                         山海の幸がお供えされ祝詞が始まる。

        

    抜穂祭 2
    作長に忌鎌が渡される。                     神田に一礼。

       

    抜穂祭 3
    2人の作丁が各2束刈り取る。                  抜き取り揃えられた穂が供えられる。

       

    抜穂祭 4
    禰宜が検分し運ばれる。昔はこの祭が済むと伊勢地方の農家では刈り取りを始めた。
    今、三重県地方では例年8月の最終日曜日から始まり9月第一日曜日には多くの農家が行う。

       
    
    観月会          ’08.09.14
    外宮・勾玉池で中秋の名月を愛でながら短歌、俳句の表彰に続いて、冷泉流の披講や
    管弦、雅楽が奉納された。月も時々覗かせ、神職さんの解説もあり有意義でした。
    秋の七草と御供えは葡萄、梨、生姜、牛蒡等。      和歌を冷泉流の節をつけて詠う。      

       

    明治31年大宮司になった冷泉為紀が皇學館の学生に指導して始め、戦後現在の形になった。
    コンパクトカメラで撮ったので画像が良くありません。次回に差換えます。
    雅楽の調べ。                           舞。


                             
                                    伊勢への道