五月

       

    御田植初 1       ’10.05.08
    楠部の神田で行われた「御田植初」              祝詞の後、作長に早苗が授けられる。

       

    御田植初 2
    最初に2人の作丁が植える。                   続いて地元保存会の手で植えられる。

       

    御田植初 3
    お囃子、太鼓に合わせて植える。                田植が終わった後、田で団扇を扇ぎながら廻る。

       

    御田植初 4
    近くの大土御祖神社にて豊作祈願の田舞が行われる。  鼓を俵に見立てて舞う。

       

    御田植初 5
    精抜きされた団扇を奪い合う。豊作、大漁のお守りになる。神職が最後にお参りして無事終了。

     

    神御衣奉織始祭 1     ’14.05.06
    神服織機殿神社(下機殿)にて女性の織子さんが和妙(絹)を織る。

     

    神御衣奉織始祭 2    ’14.05.06 
    神麻続機殿神社(上機殿)にて男性の織子さん荒妙(麻)を織る。

       

    神御衣奉織鎮謝祭 1     ’12.05.13
    神服織機殿神社(下機殿)にて8時より女性の織子さん4名も加わって行われる。

       

    神御衣奉織鎮謝祭 2
    織り上げた絹(和妙)を運び出します。             

       

    神御衣奉織鎮謝祭 3
    続いて9時30分頃より神麻続機殿神社(上機殿)にて男性の織子さん4名も加わって行われる。

             

    神御衣奉織鎮謝祭 4
    織り上げた麻(荒妙)を運び出します。  

       

    神御衣奉織鎮謝祭 5
    絹(和妙)と麻(荒妙)が並べられ御祓いの後、自動車で内宮へ送られ翌14日に神御衣祭が行われます。

       

    風日祈祭 1    ’11.05.14
    風雨和順と五穀豊穣を御祈りし御蓑、御笠をお供えする。風日祈宮。

       

    風日祈祭 2
    風日祈宮。

       

    風日祈祭 3
    四至神。

       

    風日祈祭 4
    御稲御倉。

       

    神御衣祭 1     ’11.05.14
    皇大神宮と荒祭宮に和妙と荒妙の神御衣を御供えする。

       

    神御衣祭 2
    荒祭宮


                             
                                    伊勢への道